『ゆらぎ荘の幽奈さん』2,3巻感想:不安要素ゼロの安心なソフトエロ・ハーレムラブコメだった

Amazon

少年誌向けちょいエロなハーレムラブコメやね。色々とToLOVEる。ただ主人公が好漢なところに特徴が。もっとも好漢なだけに、ハーレム貫くとは思えんが。

そしてこれもう、本当にまったくなんにも不安要素がない。ただただぬるくエロい。

以下感想。

徹底した安心のハーレム展開

3巻まで読んだものの、ヒロインが増えた以外は1巻と特に変わらず。ストーリーはあってないようなもので、ちょいエロのハーレムラブコメ展開がただひたすら続いている。メインヒロインの幽奈はもちろん、同級生に同居人、敵方の妖など様々。

その展開はToLOVEる的で、主人公が泡になってヒロインたちの身体に纏わりつくシーンなど、超常的ラッキースケベは結城リトを思わせる。また、ハーレム系としてやってよいこと、ダメなことがきっちりと線引きされている印象。たとえばラッキーすけべは主人公にしかないし、同性愛的な要素も見受けられない。ライバルキャラの登場も見えない。また、1巻時点ではあったクラスメートとの軋轢も、3巻になればだいぶ解消され、いよいよもって不安要素ゼロ

ここまで徹底した少年誌的ソフトエロのハーレムラブコメは実はそうなくて、本当にToLOVEるくらいのもの。何一つ不安要素のない範囲内で、ソフトエロを追い求めるハーレム漫画としてアリなのだろうと思う。ただToLOVEると違い、ガチでハーレムを目指すようなものではない(そこがToLOVEる最大の特徴でもあり、ToLOVEる唯一の毒気でもある)。主人公・コガラシはハッキリとガチで好きになった女としかそういうことはしない、と明言する。これは崩れなさそうに見える。それに異を唱えるヒロインも存在しない(そりゃそうだ)。

つまり、最後は結局誰かを選ぶか、らんまよろしく延長戦エンドとなるのだろう。夢を追い求める漫画のようなので、延長戦エンドのほうが夢がよさそうに見えるが。

もし誰かを選ぶとするならば

誰かを選ぶとすると、少年漫画の文脈からいけば、最初に出会ったヒロイン幽奈なのだが、幽奈は幽霊であり、成仏するのが本来であるため、幽奈は成仏し、他の人間の誰かと結ばれる、という可能性はある。個人的には狭霧が一番好きなので、それなら狭霧エンドを推したいが。あるいは、幽奈を選ぶが、幽奈は成仏する…というのもあるか。これは実質的には延長戦エンドだろうが。

幽奈が幽霊という特殊な状態であるために、ラブコメ的にも多少展開がわからないところもある。それは良いことだ。結論のわかってるハーレムラブコメほど悲しいものはない。

頭からっぽにして何一つひっかかることなく読める

頭をからっぽにして、主人公が可愛い女の子たちとイチャイチャするのも眺めるのがいいということなんだろう。そして、この手の漫画の主人公は優しさ以外特徴のない(その優しさも本当に優しいといえるか怪しいもんなことが多いが)野郎であることがたいていだが、この漫画では非常に好ましい性格をした好青年であることが大きな特徴である。

最初読んだときは、主人公にかなり硬派な印象を受けた。硬派とエロスはあまり相性がよろしくないと思うので、うーんと思った。しかし読み進めていくと、割と茶目っ気もあり、ちょいエロラブコメの主人公としてしっかり働いてくれる。

前述した通り、お話にハーレムものとして不安要素になるようなものがまるでないこともあわさり、なんというか、本当に毒の無い漫画。ToLOVEるのようにハーレムという反倫理的なもの目指したりもしないので、完全に不安要素ゼロといってもいいんじゃないかと思う。それがいいのかどうかはわからない。物語の毒は時に人を傷つけるが、同時に面白さでもある。それがまったくないのは、良し悪しではある。

ああだこうだ言っても、十代のリビドーを発散するための良い素材にはなるのは間違いなかろうが。これ少年ジャンプってマジかいな。イマドキのガキは贅沢やのー……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です