『ゆらぎ荘の幽奈さん』1巻感想:ラッキーすけべ連発、そして主人公が男気ある…あり過ぎる?いやいや…

Amazon

幽霊・妖怪もの。そんでもって主人公はいわゆる霊能力者であるが、けっこう肉体派で硬派。なかなか男気溢れる好漢である。好漢であるのだが……この漫画ちょっとハーレムチックなラッキーすけべ系少年向けソフトエロ漫画。その漫画の主人公が硬派……もっと剽軽なほうが……と思いつつ読んでいたが、1巻後半になるとけっこう剽軽な面も見えてきてなかなか。主人公に特色がある。

以下1巻感想。

ヒロインいっぱいいるけど多分幽奈一強

いろんな女の子にラッキーすけべ連発するアレがアレなやつ。メインヒロインは表紙の子。三角巾してるから幽霊だよ。異論は認めない。他にも学校に行けばちゃんと生身のヒロインもいるし、住んでる寮?みたいなとこに帰れば何故か年頃の女の子ばかりいるよ(だいたい非人間)。でもこの幽霊・幽奈さんのメインヒロイン臭半端ないから、問題なく幽奈さんにおさまるだろうし、いわゆるハーレムものに分類されるかどうか微妙なところ。人外だから重婚でも恥ずかしくない路線に行けば話は別だが、そういう気配は今のところない。

主人公が男気あふれる

ああその手のやつですねと終わってしまいそうなもんだが、この手の漫画としては非常に珍しく、主人公・冬空コガラシがいわゆる鈍感系ではなく、男気あふれる好漢なのである。普通にかっこいい。それが吉とでるか凶と出るか。この漫画一番のポイントは主人公だと思う

個人的に、こういう硬派っぽいキャラは硬派でいってほしいという気持ちがある。ラッキーすけべでうへへへへなんてのは好漢には似合わんべ。極端な話、ラッキーすけべであたふたするケンシロウとか嫌やん(古い)。やっぱこういうのは基本はGS美神の横島みたいな剽軽タイプが輝く(古い)。前に明日のよいちってこれまたソフトエロのハーレムチックな漫画あった気がするが、アレも主人公が好漢過ぎて、なんだなかなーって感じで、結局読まなくなった覚えがあるのだ。

それで出だしからしばらくはどうかなぁと思いながら読んでいたのだけれど、1巻終わりの幽奈デート回あたりになると、意外と茶目っ気ある感じもして、ほほう、と。デートプランを真剣に考えるあたり、なかなかユーモラスだ。

それでいながら、幽奈のためと、変に照れずハッキリと「デートだ!」と言い切る清々しさは気持ちがいい。また、幽奈の存在を隠そうとせず、それで変人奇人扱いされても言い訳しない男らしさは男惚れする。そしてそれが、男らしいと同時に笑える↓。

ミウラタダヒロ, ゆらぎ荘の幽奈さん, 第1巻
ミウラタダヒロ, ゆらぎ荘の幽奈さん, 第1巻

これは男気と茶目っ気が同時に表現される面白いシーン。

もしかして硬派キャラと軟派キャラのハイブリッドなのか?という気がしてきた。ハーレムチックなソフトエロ系ラブコメ漫画はいっぱいあるけれど、それで男気と茶目っ気を兼ね備えた主人公はおそんなにいないように思える。

ということで、なんだかヒロインよりも主人公に注目している。2巻以降、どうなるかな。気になったら即大人買いだぜKindleバンザイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です