『俺の彼女に何かようかい』3巻感想:謎の青春プランとりあえずキープにまで追い込まれた白石が不憫可愛い

Amazon

作・高津カリノ。親世代スピンオフの氷点下の彼女に何かようかいも収録。

久々過ぎて内容を少し忘れるが、ちょっと読んだら思い出した。キャラ多いのよなこの漫画。

白石が順当に可愛くなりつつ、レギュラー陣以外にも恋の風を吹かせながら、やっぱり一番可愛いのは友人の愁也なのはもう仕方がない。あとジュノンの桃色脳細胞が控えめになっていたのがちょっと残念だった。

以下3巻感想。

スポンサーリンク

保険のプランみたいな青春プランに涙

各々のカップルがそれぞれ進展していく。特に主人公・ヒロインの福住・白石のカップルは、白石が積極的になったことで相当進展する。とはいえ、正式に付き合うわけではなく、「次の彼女見つけるまでのキープにして」ということなのだが。それが自分の感情と、絶望的な種族的な相性を天秤にかけ、考え抜いたあげくの結論なのだと思うと、面白くも物悲しい。

そもそも福住と頑なに付き合わないのは、その先にネガティブな未来しか見えないことが論理的に帰結されるからなわけで、白石は少年漫画のヒロインとしては珍しく冷静な論理型のヒロインである。が、冷静で論理的であるということは、情熱的ではないということにはならない

保険のプランのようなものに見立てて解説のうえでつまり自分をキープにしてくれなどというのは、論理的だが無茶苦茶な結論である。少なくとも倫理的ではない。だからこそ、それらしく見せるための理論武装の結果、保険のプランのような青春プランという理屈が出来上がった。それほどまで白石は追い込まれているということだ。少しでも福住と一緒にいたいという切実な想いが、この無茶苦茶な論理展開に込められている

こういう静かな情熱の迸りがたいへん俺の気にいるところで、どうにかして結ばれてほしく……作者的にまずハッピーエンドだと思うけれど、白石が人間になって終わりというのも違う気がするし、いったいどうなるのか……。

他カップルも進展しつつ

他にも豆腐屋の娘と南郷先輩が近づいたり、愁也と菊水の仲が深まったり。特に愁也と菊水のやりとりはご馳走様↓。

高津カリノ, 俺の彼女に何かようかい, 第3巻
高津カリノ, 俺の彼女に何かようかい, 第3巻

彼氏絶対に作らせないいただきました。いや、もちろんこれはそういう直接的な話ではない。菊水の好みのタイプが明らかに被験者を求めるものだったので、そんなことはさせないという言葉なのであるが、恐らくこのタイプに愁也が合致することと、また表の意味はどうあれ「彼氏作らせない」という言葉自体がラブコメ的には明らかに深読み上等なので、ついニヤけるというそれだけである。ラブコメ脳にはこういうのが一番嬉しい。少し狙いをずらすことで、ド直球では受け止めきれないような濃いラブコメ分を存分に楽しめるのである。

ほか、ジュノンとしのぎに加え、親世代のラブコメ(スピンオフ、氷点下の彼女に何かようかい)や、なーがいこと恋煩いをこじらせられている先生など、各方面が例によって桃色に染まる。嬉しい。

ジュノンがおとなしい

ただ今回寂しかったのは、ジュノンの桃色脳細胞がちょっと灰色になっていたというか、控えめになっていたことだ。ジュノンの桃色な発言をしのぎが何食わぬ顔でフォローどころかオーバードライブさせて大暴投する流れが大好きだったんだ↓。

高津カリノ, 俺の彼女に何かようかい, 第3巻
高津カリノ, 俺の彼女に何かようかい, 第1巻

口元を隠し頬を染めながら上目遣いに変態発言のジュノン、そしてさりげなくその上を行くしのぎ様……。この二人のこういうやりとりがすんごい好きだったんだが、今回はそれがとても控えめ……この作者さんとしては珍しい下ネタの連発が不評だったのだろうか。それとも単にツッコミ不在なので、周りに愁也か菊水がいないと暴走するばかりになってしまい扱いづらかったのか。

好意的に解釈すれば、二人が自分たちの関係を男女として意識し始めたことで、そういう下ネタに生々しさが生じはじめ、主に童貞力の高いジュノンが対応できなくなってきた、ということかもしれない。いやそう解釈すべきなのか?特にジュノンは相当意識している↓。

高津カリノ, 俺の彼女に何かようかい, 第3巻
高津カリノ, 俺の彼女に何かようかい, 第3巻

ひどいのはお前だというのはともかくとして、高津カリノ的ヘタレ男思考ルーチンにジュノン的やらしさが加わった感じで好き。照れと焦りとなにかに恐怖しているような感じが実に特徴的だ。何を恐れているのか。

難儀なカップルが多い中、一番安定しているのは実は愁也と菊水なのかもしれない。無駄に時間はかかりそうだが。

それにしても、これだけ多くの女性キャラがいながら、相変わらず愁也が一番可愛いのだけれどこれはもう仕方ないね。猫強いわ。愁也は男で本当によかったと思う。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です