『我が愛しのヲタ彼女』3巻感想:ヲタ彼女は可愛いが可愛いだけではいちゃラブにならない

Amazon

相変わらずヲタ充が爆発している感じ。

たしかに可愛い彼女といちゃラブなのは間違いないんだけど、ニヤニヤするかと言われると現状ちょっと微妙。

以下3巻感想。

スポンサーリンク

雪ちゃん可愛い、可愛いけどね

基本的にはイチャイチャしているだけなのだが、割と波乱め。特に晴彦のクラスメートで、横恋慕している西城さん絡みで。

この漫画は明らかに晴彦×雪であり、西城は一言で言って当て馬。一般人でストレートに可愛い西城がいてなお、ヲタクな雪を晴彦に選ばせるという重要な役割を持っている。

西城さん突然現れて、晴彦に告白未遂した挙句雪に宣戦布告。当然、雪は心中穏やかではなく、しかも当の晴彦は煮えきれないので怒り心頭といったところ。まーな、ラブコメの鈍感系主人公にありがちな「どう見ても気があるガールフレンド」とヘラヘラ付き合って、それを見て嫉妬するヒロインにオタオタする光景ってのは、もう本当にお前の顔面大根おろしですりおろしたろかと思わないでもないわな。増して晴彦と雪は既に恋人同士なのだから、晴彦は異性との付き合い方には気をつけないといけない。

とはいえ、西城とはそこまでベタベタしていたわけでもないうえ、出会ったのも(晴彦目線では)偶然であるし、そこまで怒らんでもとも思う。基本的に周りが全員雪の味方で構成されているのもあって、雪はお姫様だなぁと。

1,2巻でも思ったけれど、雪は晴彦を振り回し、いかに彼が自分を理解してくれるのか、受け入れてくれるのかばかりで、自分から晴彦に歩み寄るわけではない。基本的に晴彦が雪に惚れているので、惚れた弱みといえばそうかもしれんが。

そんな感じなので、現状、晴彦は徹底的に雪を愛でるための受け皿という感じで、カップルとしてはうんという感じ。雪に感情移入しながら、雪を愛でるという、なんとも不思議な構成の漫画である。

確かに雪は可愛いんだけどな。いちゃラブ好きだけどさ、ヒロイン可愛いだけじゃどうもな。正直今のままだと晴彦は雪と別れて西城さんと付き合ってもええんちゃう?とも思える。これでニヤニヤできるかって言うと、正直微妙なんよ。次巻以降は二人が互いに歩み寄る展開を期待やなぁ。

スポンサーリンク