『白魔導士シロップさん』1-31話感想:胸のでかい白魔導士がパパって言いながら勇者に抱きついて回復する漫画以上それだけ深淵

ちると, 白魔導士シロップさん 1, 2019

白魔導師シロップさん / ちると - ニコニコ静画 (マンガ)

ニコニコ静画で連載中故、すべてWebで読めるわけだが、Kindle Unlimitedにも置いている。まとめた同人がメロンブックスとかとらのあなにもある模様。

作者さんはとっても優しいあまえちゃんなる闇の深い漫画を描いていたが、この漫画はだいぶマイルドであり、野郎のラブコメ好きならけっこう受け入れられるんじゃないだろうか……と思ったが、ヒロインの主人公に対する呼称がパパの時点でよくよく考えてみるとかなり人を選ぶわ。俺もだいぶ感覚麻痺してるなこりゃ。っていうかあまえちゃんのレベルが高すぎるので、あれと比べればだいたいみんな普通。

やたら胸のでかい女魔道士が、「パパ……」と言いながら抱きついて回復魔法を唱える、が内容のすべてである。よくよく考えるまでもなくひどい漫画だった。

以下現在最新話の1-31話感想。

スポンサーリンク

初めてのニコニコ静画

本作はニコニコ静画にて連載中で、全部Webで読めるようだ。まぁこの手のは商業に振り切ってある日突然読めなくなるのもよくある話なので、読める間に読んでおこう。

実は俺、ニコニコ静画でまともに漫画を読むのは本作が初めてなのだが、漫画を読みながら怒涛のように流れるコメントが目に入ってくるのは、新鮮な体験ではあったものの、どうにも慣れない。動画では音声を聞きながら文字を読むが、漫画だと漫画内の文字を読んでいるときに別の文字が表示されるわけで、やけに気が散る。まぁしばらく読んでいたら気にならなくなってきたので、慣れの問題かもしれないが……。動画のように時間の感覚が明確でもないし("ページ"の概念でなんとかしているものの)、コメントと漫画はあまり相性がよくないんじゃなかろうか。

でも技術的にはだいぶ頑張ってそう。吹き出しのときはコメントが後ろに隠れたりとか、どうやっているんだろうこれ。

やはり闇が深い

さてそれはともかく内容だが、冒頭に書いたとおりやたら胸のでかい白魔道士・シロップさんが「パパ……」と勇者・クロノに抱きついてヒールするだけ、以上おわり、という内容なので、なにしろ言うことがない。恐るべき漫画である。闇が深い。

とはいえ、あまえちゃんと比べるとだいぶマイルド。まーあちらは女子小学生とニートのおにーさんだからね。まぁやばいよね。その点こちらは勇者と白魔導士。やはり年齢差は大きいし、性別的にも伝統的な男女の役割に準じているし、なんといっても働いている

別に法的にも問題がなく、経済的に自立して社会に貢献している以上、後はもう本人たちの好きにしなされ

……が、しかし、やはりパパ呼びは色々とキッツイのは事実。しかもアレな意味のパパではなく実の父親的なパパからきているのがより闇深し。この一点で相当人を選ぶのは間違いない。

いろいろな人たち

ほぼおにーさんとあまえちゃんで構成されていたあまえちゃんと違い、本作はクロノとシロップさん以外にもそこそこ人間模様が広がっている。特にシロップさんの同期で、世話焼きツンデレなシフォンと不器用な男・ガウの組み合わせの話は、不健全な香りしかしない主人公ヒロインペアと比較して普通に良いカップルの話であり、実際こちらのほうが好きだという人も多そうだ。しかも出会いから始まりドラマ性がある。作者さんはまぁクロノとシロップさんのほうをメインで描きたいだろうが、普通のカップルはこの漫画だとけっこう清涼剤なので、続けて描いてほしいところ。

作中一番印象深いのは、かつてクロノと組み、結果的に仲間を死に追いやったといってもよいかもしれない、白魔導士・ハニーだろうか。クロノに対する執着が強い。クロノ好きすぎて愛が歪んでいる。っていうかほんと変なのにばかり好かれるなクロノ。コメントではクレイジーサイコホモ呼ばわりされていたが、別にホモではないと思う。ロリとなんだかんだいい関係作っているし。上条当麻と一方通行的な?

そして、ハニーを否定し、シロップを肯定するクロノの言葉を聞いたときのシロップさんの承認欲求が満たされた嬉しそうな表情よ。シロップさん、割といい性格している

Kindle Unlimitedにも途中まである。さすがに1巻あたり短すぎるが……コメントもなく読みやすいので、Unlimited会員ならこちらで読んでみるのもよいかも。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です