『あんばらんすスク〜ルライフ』感想:偽女子ハーレム学園生活はつつがなく

むつきつとむ, あんばらんすスク〜ルライフ 1, 2016

全2巻で完結した、"元"男子校のほぼ全員が女子化するというトンデモTS漫画。最後の終わり方が……打ち切り?設定めちゃくちゃ面白かったのにもったいない……。

完全なる男子校ではなく、"元"というのが素晴らしいなぁ。圧倒的な"元"男子の中に混じる"純"女子の存在が、"元"男子たちを引き立て、"純"男子の主人公を当惑させる。

しかし、"純"女子の扱いは諸刃の剣でもあったのか……この作品については、ラブコメ要素が物語の展開を難しくさせたのかもしれない。以下全2巻感想。

スポンサーリンク

"元"男子校舞台のTSという設定の妙

タイトルと表紙だけ見ると、よくある量産型ハーレムラブコメ漫画と誤解してしまいそうだが、その実態はTS漫画。しかも主人公以外の男子ほぼ全員のTS……というと、男しかいないのかと思いきや、しっかりと純粋な女子もいるという変化球。そして主人公はしっかりと好きな女性がいる。また、女体化した野郎たちも、一年で体が元に戻るという保証付き。なので、皆あっけらかんとしている。

TSものでなぜか出現率の高い幼馴染もいる。元より中性的でかつ、体こそ女体化しているものの、心は男の頃と変わらず、主人公と同じ女性に想いを寄せていたりして、心はストレート。

クラスメートたちも、体が女子になったからといって特に悲観することもなく、主人公をからかったり、オシャレしたりなどして青春を楽しんでいる。しかし数少ない女子をまともな男子である主人公に取られまいという、思春期男子的な心も忘れない。

もっとも、中にはかなり女子のスタイルに入れ込むものもいて、寮長など非常に女性らしい振る舞いを身に着けて主人公に接するものだから、主人公もだんだんと境界線を踏み越えそうになりはじめる。

この関係性の変化が非常に面白く、少しずつ崩れていくバランスが楽しい漫画であった。

しかしラブコメに落ち着いてしまう

しかし……ううん、このサイト的には決して悪いことではないはずなんだが、うーん……この漫画、結局普通の男女的なラブコメに落ち着いてしまう。1巻の時点で、3名の女子のうち2名が真正女子であった時点でまぁそういう方向性だったのかもしれないが、2巻の表紙などは純女子たるヒロインがほとんどの面積を占める。

で、主人公は彼女と仲を深めていくのだが……うーん……。

いや……まぁ、つまり、なんだ、普通のラブコメ、と言ってしまっていいだろうか。そんな感じなんだ。

ううむ……うん……。そうね、俺は正直、ちょっと残念に思ったよ。だって、なぁ……せっかくこれだけの舞台なのに、結局そうなるのか、って、うーん、どうしても思ってしまう。ううん。そんで、最後はまぁヒロインといい感じになりつつ、主人公も女体化(しかもゴリラウーマン)して終わり、となんとも投げやりな感じで。うむ。。。

もっとはっちゃけてもよかったのになぁ、と少し惜しい気持ちのするラブコメでした。ぐぬー。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です