『徒然チルドレン』5巻感想:さすがにちょっと変化球?

Amazon

相変わらず爆発が爆発を呼ぶテロ漫画なのだが、今回は失恋を思わせるネタもあり、砂糖と生クリームをそのまま口に突っ込んでくるような作風の本作も、さすがにちょっと変化が?

以下感想。

スポンサーリンク

ベタ甘だけじゃなくなったか

甘々のベタ甘をこれでもかというほどに続ける本作であるけれど、いくつかは成就しなさそうな恋もある。姫宮アリスの偏執的片想いや、ちょっと行き過ぎ?な古屋妹のブラコンぶり、微妙なところで教師に恋する千葉(これはいけそうな感じだが…)。今回アリスの一方通行ぶりが改めて強調されて、ああこの子はダメなんだろうなぁと思わされたのは予定調和にしても、うぉ、と思ったのが幼馴染カップルの千秋と香奈。この二人。

酔った勢いからのファーストキスと、割と本当に最低な流れからのガチ喧嘩、破局寸前。もちろん本当に別れるわけではなくて、喧嘩から仲直りまでがワンセットなのだが、仲直りまでが思いの外引き伸ばされたので、ちょっと驚き。

うーーーむ……もちろんこれはこれでアリなんだが……アレがファーストキスなのはともかくとしても、ナイスタイミングでのケータイ水没は逆ご都合主義っぽい気もする……ご都合主義は夢を潰すでのではなく膨らませるためにあってほしいが……。

でも再読ではけっこうさらっと読めたので、思わぬストレス展開にびっくりしただけかも。

ま、なんのかんの言っても本巻中に解決するしね。すべてはなんとなくな流れで付き合い始めた二人に、ケジメをつけさせようってことなんだろうし。

一番は、持ち越すことになった空手部の二人か。元々勘違い恋愛だったのだのだけれど、なんだか救いようがないほどきっぱりと振られてしまっているが、大丈夫なのか。ここから巻き返しはあるのか。

角砂糖をそのまま口に突っ込んでくるがごとくのベタ甘が特色だと思っていたが、さすがにちょっと展開変えてきたなぁという感じ。もう5巻だものなぁ。なにげに受験も控えているしね。

砂川と戸田の無表情カップル好き

ところで、砂川と戸田の背景で心情を語る無表情カップル好きだな。「楽しいけど笑うほどじゃない」多分本当にその通りなのだろう。が、それは感情処理ができていないことも大きいはず。このひねた甘さが沁みる。一番のお気に入りかもしれん。

全体的には、ベタ甘!って感じがだいぶ控えめだった気がする。いやそれでも、普通のラブコメに比べたらやっぱり生クリーム直接口に噴射みたいな感じではあるので、感覚麻痺しているのかもしれんが。6巻はどうなるかな。

関連するかもしれない記事

他の記事

徒然チルドレン の記事

若林稔弥 の記事

カップル系 の記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です