『据次タカシの憂鬱』4-5巻感想:カーチャンズ可愛いな

Amazon

作・あどべんちゃら。2008年1巻、2012年5巻。

表紙は狙いすましてくるが、相変わらず本編で一番目立つのがオカンたち。今回はオカン若返るの巻まである。時の流れって無情。わかなは将来ああなるということか……。

ラブコメ模様はけっこう進展しており、特にタカシ、わかな、いくみんのところで若干トライアングルが出来ている。ただ修羅場っているわけではない。しかしいったい何が憂鬱だというのか。

ラブコメはギャグに混ぜると程よくていい。この漫画はまさにその程よい感じ。次の6巻で最終巻なのがちょっと寂しい。以下4,5巻感想。

スポンサーリンク

カーチャンズほんと可愛いな

タカシの告白とその一応の決着まで、一応ラブコメが進むんだけれど、一番印象に残ったのがやはりカーチャンズだったのは多分もう仕方ない。若返り回とかもうほんとなんでもアリやな↓。

あどべんちゃら, 据次タカシの憂鬱, 第5巻

時の流れ無情過ぎる。わかな母はけっこう面影残しているけれど、タカシ母のこれはもう結婚詐欺やろ。元のオカンはオカンで可愛いんだけど、可愛さの種類が違う過ぎる…。テンション上がって張り切って高い服一式買ってくるオカン可愛い。

しかし若返ったわかな母、ルックスがわかなそっくり過ぎてつらい。妹はけっこう違う感じなのに。わかな母の今の姿はわかなっちの将来の姿ということになるのか。いやわかな母綺麗だけどさ。ヒロインの歳食った姿を想像させるのは、ラブコメとしては割と禁忌の領域なので、よくやったなーと思う。

それにしても、カーチャンズは元の性格が既に面白いのに、これでルックスまで若返って可愛くなったら、完全に現役ヒロイン食っちゃうな。タカシと若オカンのやりとりが、どのヒロインとのやりとりよりも痴話喧嘩っぽくていちゃいちゃしていたうえ、それを見かけたわかな母の嫉妬が、普段の娘よりもラブコメ的に可愛いという。

エリが好きなんだけど

お話的には、わかなといくみんが2大ヒロインという感じなんだけどな。実際二人共可愛いけれど、ストレートに可愛すぎるのがなぁ。アクがないというか。正直、ファミレスヒロインズの中ではエリが一番好きだわ。

ラブコメ参戦してほしい。ギャルゲ回(これも中々無茶苦茶なネタだが、特に違和感を追求するでもなくさらっと流す良いギャグ漫画)で自分がギャルゲヒロインになっている様を見てブルブルしてるのとか可愛かったし↓。

あどべんちゃら, 据次タカシの憂鬱, 第4巻

なぜ告白の仕方が変態チックなのか。前ページのいくみんの場合は、すごく正統派な告白シーンだったのに。この正当からちょっと外れたところが、むしろ親しみやすい。これはこれで"いかにも"なサブヒロインキャラかもしれんが……。5巻表紙裏でついにサービスしてくれたし、普段あまり性的なネタに絡んでこないキャラのサービスは有り難みがある。

エリルート欲しい。でもないんだろうな。次の6巻で最終巻だが、決着はつけるんだろうか。そしてタカシの本質はついにファミレスメンバーにバレるのだろうか。終わりと思うと、ちょっと寂しいな。

スポンサーリンク