コンテンツへスキップ

Amazon

作・此ノ木よしる。2018年9巻。電子版おまけはちょっとした2ページショートショート。

なんだか千子よりも高村のほうが危ない奴になっているのは気の所為だろうか。まぁ最初から挑発に乗って見せつけるやつではあったけれど。

何にしても、相変わらずイチャイチャしていてよかった。高村と千子が確定的なためか、杉田のほうがハーレム系主人公っぽくなってて笑う。流河とくっつくかなと思ったけど。流河は割と全方位でフラグたてているのでどうなるかわからんね。杉田だと思うんだけどな。

以下9巻感想。

... "『変女』9巻感想:今回もイチャイチャしていて癒される" を続けて読む

Amazon

作・佃煮のりお。2017-2018年1-2巻。

突き抜けたドリームお姉ちゃん系姉弟もの。タイトルから察せられるとおり、双子ものなんだが、あまり双子ものって感じはしない。内容は表紙のとおり。めちゃめちゃに甘ったるい。そしてエロい。

だが、表紙の姉弟よりも、男の娘兄妹のほうが印象深かった。ってかマジでなんぞこれ。完全に作者さんの趣味やろうなぁ……。

以下1-2巻感想。

... "『双葉さん家の姉弟』1-2巻感想:色々大きなドリームお姉ちゃん" を続けて読む

Amazon

作・堀博昭。2014-2015年全3巻。妹ものに頭のおかしなタイトルのものが多いのはなぜなんだろう。

全3巻で駆け抜けたB級ギャグエロ漫画。一応近親系(しかもガチ)に入るのだが、それもギャグの一環として扱われている感じ。だいたい表紙の女からして妹ちゃうしな。

深夜映画ならぬ深夜漫画の趣……。以下全3巻感想。

... "『わが闘争 妹のためなら世界を粛清してもいいよね!』感想" を続けて読む

Amazon

作・此ノ木よしる。2017年8巻。電子書籍版の謳い文句【電子版限定「千子が脱いだ!」解禁フルカラーおまけ付き】とやらは単なるカラーピンナップっぽいので。最初てっきりカラー再現かと思った。電子書籍はもっとカラーを有効活用すべき。そして残念ながら今回はドラマCDはないみたい。

前巻の終わりで流河が千子に宣戦布告のような感じになっていたので、なんか修羅場るんだろうか?と思ったのだけれど特にそんなことはなく、割といつもどおり高村と千子が中学生みたいなメンタルでイチャイチャして終わり。そして流河と杉田がだいぶ接近していく。

表現が多少エロスティックなだけで、中身は中学生日記のような甘酸っぱい純愛ラブコメ。以下8巻感想。

... "『変女』8巻感想:変態バカップル極まれり" を続けて読む

Amazon

作・佐野タカシ。2016年全2巻。レジに持っていけない系の表紙。電子書籍大活躍。

一応一般漫画なんだけれど……かなりキワドイ。内容も表紙と表題の通りSMプレイ。堂々と高校生を名乗れるのがポイントかもしれないが、この内容なら別に高校生じゃなくても良いような気もするが、まぁでもヒロインのSとMに揺れる様は思春期ならではのものと言えるのかもしれない。

しかしラブコメっちゃラブコメなんだけど……うーん、まぁソフトエロ漫画やね。以下感想。

... "『瀧晏名の本性はSなのかMなのか俺だけが知っている。』感想:レジに持っていけない" を続けて読む

Amazon

作・松本ナミル。2017年4-5巻。

おー……1巻読んだ時に期待していただけに、3巻時点では色々と微妙な感じだなと思っていたりしたんだけど……久々に読んだらこれは…中々……いい…な…。

4巻以降、主人公がけっこう頑張っている。逆に香坂は当初よりダメな感じでてきて、いい感じで彼氏彼女感がある。あと香坂父母の話とか委員長'sの絡みとか香坂が篠崎をホモから守る感じとか楽しい。

6巻けっこう期待していいのかも…。以下4,5巻感想。 ... "『僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件』4-5巻感想:登場人物の繋がりがいい感じで世界観膨らましていて良い" を続けて読む

Amazon

作・林哲也。2016年1巻。もう2巻出ている。

今を時めくTSラブコメだが……想像以上に面白かった。エロスを全面に打ち出しているやつってほとんど地雷なので、あまり期待していなかったんだが、この作品は面白い。

TS、幼馴染(TSと男の娘は幼馴染もの多い気がする)、三角関係、ちょっとだけ人外、そしてソフトエロ……いろんな属性をぶち込むだけぶち込んで、しかもそれが機能している。恋愛要素あるからとりあえずラブコメって言っとけみたいなやつではない、れっきとしたラブコメで好感触。

以下1巻感想。

... "『みだLOVE♪』1巻感想:TSとかエロスとか抜きでも純粋にラブコメとして面白い" を続けて読む

Amazon

作・ねんど。。2017年1巻。

2次元からヒロイン飛び出た系。元が美少女系ソーシャルゲームなところに時代を感じる。

タイトルから察せられるとおり、R-18まではいかないソフトエロ漫画。履いてないどうこうよりは"もみもみ"のほうがインパクトが強い。

修羅場色のあるハーレムものなところが一番の特徴な気がする。何故か妹キャラもいる。

頭からっぽのエンタメ。以下1巻感想。

... "『アリソンは履いてない』1巻感想:ちょいエロでハーレムで飛び出せ二次元" を続けて読む

Amazon

作・赤衣丸歩郎。2010年1,2巻。2011年3巻。全4巻。

数えるほどしかゴルフしていないお色気ハーレムラブコメ。爽やか助平な主人公とたくさんのヒロインたちの愉快なラブコメ。なんてったってラブコメ。

うーん、しかし、これは……あまりにも、わかりすぎているような……。いや、エンタメとしては正しいのか……しかしあまりにも穴がない…うむむ。複雑な思いを抱えつつ以下2,3巻感想。

... "『ゴルフ13』2,3巻感想:わかりすぎている…" を続けて読む

Amazon

作・ミウラタダヒロ。2016年1巻、2017年5巻。

なんてハッピーな漫画なんだ。ハーレムでラブコメでちょっとエッチの三倍満。コガラシが非常に好漢なのがうまく効いていると思う。あと安心のハーレムものとしてやっちゃいけないことの線引がToLOVEる並にしっかりしている。

人数が増えてきただけに、初期ヒロイン(特にクラスメートの宮崎)が若干モブ化しつつあるが。

個人的には朧推し。以下4,5巻感想。

... "『ゆらぎ荘の幽奈さん』4,5巻感想:ド安心のハッピーなソフトエロハーレム漫画" を続けて読む