コンテンツへスキップ

Amazon

作・ひよどり祥子。2017年10巻。今回もいろんな女の子に囲まれてキャッキャウフフ。

岸田くんは今回も死にかけたり押し倒されたり。ゴーストちゃんはやはり出番なし。寂しい。その代わり(?)、今度は従兄弟の子とこれまでにないレベルのふれあいが……。

羨ましくないラッキーすけべぶりはさすがの一言。以下10巻感想。

... "『死人の声をきくがよい』10巻感想:美少女の唇、蛆虫を添えて。これがアンラッキーすけべか" を続けて読む

Amazon

作・ひよどり祥子。2011年より、2017年9巻。主人公の男の子(一発変換男の娘で死にたい)がいろんな女の子とキャッキャウフフなハートフル・ラブコメ9巻。

今回キャッキャウフフするのは例によって早川さん、会長、八代、そしてゴーストちゃん。ってか今回はゴーストちゃん特集。まさかの連続3話。もしかしてゴーストちゃんこれで最後だったりするのかなぁ。

早川さんも、ゴーストちゃんについては何か思うところがあるらしい。早川さんの人間らしい意思が見て取れる貴重な話でもあった。

岸田くんの被虐ぶりは今までで一番かもしれない。前のえぐっちの寸止め拷問じゃなくて、ガチで痛めつけられている。以下9巻感想。

... "『死人の声をきくがよい』9巻感想:ゴーストちゃん特集。早川さんも何か思うところあるらしい" を続けて読む

Amazon

霊感青年|無料小説ならエブリスタ

原作・夏目慧。漫画・あきづき弥。全3巻。2014-2015年。

なりゆきで同棲することになった、大学生の友達以上恋人未満的だけどもう早く結婚したらいいのにと言いたくなるくらいにはラブコメ。ちょいホラー入ったラブコメ。ラブコメと言っていいと思う。言う。

まだ原作を読んでないから、原作の感じわからないんだけど、この漫画版については全然怖くない。どちらかというと優しい話が多い。そして不器用ながらも互いに思いやる二人の関係がほんとに素敵やわ。以下感想。

... "『霊感青年(漫画)』感想:プーとカナの関係が素敵過ぎる" を続けて読む

Amazon

作・光永康則。2巻出たのが2014年でそれっきりなんだが、今現在どうなっているんだろうか。

光永康則ということで手に取ったのであるが、こんだけ色気のない光永康則は初めてである。男二人の乾いた世界で、色恋の要素はほぼ無い。なので本来的に当サイトの管轄外ジャンルなのだが、光永康則なので…。

ホラー×ミステリーとのことだが、ホラー色もミステリー色も正直薄い。カコとニセ探偵(2014-2015年)もそうだったが、ミステリーというには、主人公たちの能力がファンタジックでチート過ぎる。

面白いのは、むしろ主人公二人の人間(?)性であり、関係であった。以下1,2巻感想。

... "『棺探偵D&W』1,2巻感想:色気のない光永康則…確かに渇いた世界はラブコメじゃ表現できん" を続けて読む

Amazon

最終巻には早すぎる。なんでや!メインヒロインがホラーフェイスだったのがあかんかったのか?だからこの最終巻の表紙もあら可愛いの?カコ様むっちゃ可愛いのに…。

伏線が回収されたとは言い難いが、一応大団円。果たしてヒロインは誰なのか!(割とマジでこれが一番気になる)

以下感想。

... "『カコとニセ探偵』4巻(最終巻)感想:急転直下の終幕…カコとサトルをもっと見たかった" を続けて読む

Amazon

あら可愛い表紙。綺麗なサトルと綺麗なカコ。どっちも今のほうが素敵やな。

この漫画面白いんだけど、4巻で終わっちゃうの悲しいなぁ。ちゃんと人間のヒロインも出てきてパンツ見せたり尻見せたり。なのに肝心のカコ様は反重力スカートで許されざるよ。

以下感想。

... "『カコとニセ探偵』2,3巻感想:人間のヒロイン出てきたけどカコ様最高につき" を続けて読む

Amazon

ミステリー×ホラー…ということらしいが、ミステリーはあくまで風味くらいの気がする。まずホラーかと。そして表紙の女の子が可愛く見えるという不思議。さすがは光永康則。

以下感想。

... "『カコとニセ探偵』1巻感想:カコ様ホラー顔可愛い。サトルとカコのコンビ感が素敵" を続けて読む

Amazon

気高いという言葉がぴったりくるまさに姫様。全体的にB級映画のノリなのに、姫様のキャラクターが強烈かつ素晴らしいので、どの話も不思議と心地よい余韻がある。

男をダメにする女は二次元ラブコメ界じゃそう珍しくもないが、男を成長させる女となると、なかなか。姫様の元で頑張るヒロも少しずつ成長を遂げているなぁ。上司にしたいヒロイン筆頭候補笑

以下感想。

... "『怪物王女』5-7巻感想:姫様が美しすぎてつらい…上司にしたいヒロイン" を続けて読む

Amazon

どこまで読んだのか忘れてしまい、積読状態のまま最終巻も出て、読む機会のないまま随分時がたってしまった…。いや、面白いんだけれど、途中でダラけたんだったかな。今度こそ最後まで読もうと、1巻から読みなおし。20巻まで先は長い。

やっぱり姫様可愛い。以下感想。

... "『怪物王女』1-4巻感想:素敵なB級の寄せ鍋そして姫様可愛すぎ" を続けて読む

Amazon

うぐいす祥子(ひよどり祥子)の短編集。この素敵な表紙は収録されている短編の一つ「薔薇の婚約者」なんだが(表題と違う)、ぶっちゃけ表紙詐欺だろう笑。

アオハル掲載の短編集である「フロイトシュテインの双子」よりもラブコメっぽい話が多い気がする。以下ネタバレ感想〜。

... "『血骨の謝肉祭』感想:美少年と美少女の素晴らしき無駄遣い" を続けて読む