コンテンツへスキップ

まことじ, 翼があっても飛べないわたしは、ゲーム部に入ることにした

作・まことじ。

←この孤独のグルメのパロっぽいコマにニヤリ。相変わらず恋愛脳の陽子がぶっ飛んでいる漫画。そして恐らくラブコメ的には当の陽子と中井のほうが楽しめてしまう漫画でもある。

だがここ最近メイン陣が出てこなくて寂しい。

以下31-52話感想。

... "『翼があっても飛べないわたしは、ゲーム部に入ることにした』31-52話感想" を続けて読む

Amazon

作・桜井のりお。2017年19巻にて完結。1巻が2007年なので10年以上やったことになるのか……お疲れ様でした。……ひとは、ササエさん時空じゃなかったら連載始めの矢部っちと同い年くらいやん。びびるわ。

最終巻は特に矢部ひと分強くてとても俺得だった。以下18-19巻(最終巻)感想。

... "『みつどもえ』18-19巻(最終巻)感想:最後の矢部ひと祭り" を続けて読む

翼があっても飛べないわたしは、ゲーム部に入ることにした - GANMA!(ガンマ)

作・まことじ。GANMAで毎週日曜日に連載中。有翼人の鳥木美空と、魔法使いな男子高校生・赤坂魔兎のボーイ・ミーツ・ガールなラブコメ…に見せかけた、美空の友人・佐々木陽子の恋愛脳っぷりを笑う漫画↓

まことじ, 翼があっても飛べないわたしは、ゲーム部に入ることにした

これは…熱い!魔兎と美空が泊まり込みでゲームすることになり、当のヒロイン(左)を置いてけぼりにして誰よりも盛り上がっているヒロインの友人(右)素敵です。最近はこの漫画を少しずつ読み進めるのが俺の楽しみ。以下1話から30話までの感想。

... "『翼があっても飛べないわたしは、ゲーム部に入ることにした』1-30話感想:カプ厨的ラブコメ風ギャグ漫画" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

101話来てた。タイトル「んっまー!」押切蓮介チック。この漫画の更新かかるともう一ヶ月たったのかと思う……。

夏真っ盛りだよ。何年かけてひと夏過ごしてるんだこの漫画。夏でも黒ストの芦花。ん?前回しれっと普通に学校あったような…まぁ時系列はどうでもいいか。

なにげになんちゃって修羅場チックでラブコメ的においしい回かもしれない。以下101話感想。

... "『ディーふらぐ!』101話感想:ちょびっと修羅場風味" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

100話きてた。おめでとうございます。なんとなく予想してたけどモブしか出てない 笑。

コミックアライブのオフィシャルサイト覗いたら表紙やん。すんごい特別小冊子ってなんだろう。そしてコミックアライブ買ったことないから知らんかったけど、この漫画って巻末漫画ポジションなんやね。それやったら長く続きそうー。続いてほしいー。そしてペースを上げてほしい……そしてもう一回アニメ化してほしい……………。

以下感想…というかアライブの雑感?

... "『ディーふらぐ!』100話感想:これからも末永く続いてほしい" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

99話きてた。何故か連日過去話が更新されていて、もうずっと最新話が更新されない状況が続いていたので、久しぶり。

之江っち話、一区切りついたかと思いきや続いていた。堅次が必要以上に介入しようとしないのがいい感じだわ。そして必死なつむぎと割と他人事な芦花。

以下99話感想。

... "『ディーふらぐ!』99話:之江っちほんと愛されてんな" を続けて読む

Amazon

作・春野友矢。いまさらながら、9巻特装版に付属しているOAD(Original Animation Disc)をGetして視聴。あと原作ドラマCDIIを聴いたら一通りかな…。

舞台は水争奪戦。アニメで基本出番を削られまくった桜回であり之江っち回であり兄妹回。予算の関係なのか、他ドラマCDと同じくモブの出演が全面カットなのが寂しい。

基本的には桜が可愛い。可愛いんだが……。この子はもっと面倒臭いヤツだと思うんだがどうだろう。以下OAD感想。

... "『ディーふらぐ!』9巻特装版OAD感想:水がやけに可愛い、のだが…" を続けて読む

Amazon

原作・春野友矢。2010年ドラマCD。脚本はまよチキ!のあさのハジメ。

ディーふらぐ!のドラマCDはアニメ化前と後で分かれているのだが、こちらはアニメ化前。なので、内容的には初期の雰囲気。

音声媒体であることを利用した、けっこうチャレンジングな内容。元がギャグ系なだけあって、制作側もかなり自由度高くやれたのかもしれない。

初期組ということもあって、出番があるのは仮部と高尾と愉快な中。やっぱりモブなしだけど、今回は気にならない構成。ラブコメ分はほんのりと。以下感想。

... "『ディーふらぐ!』原作ドラマCD感想:少人数モブなし、ラブコメ分ほんのり" を続けて読む

Amazon

作・中川沙樹。2013-2014年で3-5巻。既に11巻にて完結済み。

しょうもないといえばしょうもない内容なのだが、同人誌だと考えると200ページで400円ならば格安(中古相場はもっと安かろうし)。

今回はベルトルトが出てきたのでベルアニ路線もありつつ、エレアニにミカサvsアニなど相変わらずカプ厨的。ただ世界観的にどうしてもエレンが微妙なのである。ってかアニが完全にラブコメ担当っていう。

ってかこの世界ならジャンが好きだなぁ 笑。以下3-5巻感想。アニメとかも交えつつ。ってかカプ的に一番おいしいのって実はサシャコニじゃなかろうか。

... "『進撃!巨人中学校』3-5巻感想:同人誌と思えば安くて厚い" を続けて読む

Amazon

原作・春野友矢。2014年アニメ化。

いまさらだけれど、最近dアニメとお試しで契約したのでイッキ見。便利な世の中になった。これで特典OVDの水争奪戦以外は見ることができた。

水の出番が大幅カットされていたり風間がマイルドになったりなんだりしているけれど、まぁまぁ緩く楽しめた。ギャグのテンポが悪くなっているのはまぁしゃあない。

でも2期はきっともう厳しいんだろうね。風間家騒動とか、最近は同棲展開とか、ラブコメ度もあがっているんだけれど……。うーん。

以下アニメ感想。

... "『ディーふらぐ!』アニメ感想:ゆるく楽しめたよ。風間はツッコミお疲れっした" を続けて読む