『そらにふれる ひな姫オトコの娘作品集』感想

Amazon

男の娘短編集。特に後味の悪い話もなく、いろんな男の娘がさらっと楽しめる。男の娘というよりは女装男子な子もちらほら。

以下感想。

全体的にほっこりめ

教養のため(?)何冊かの男の娘本を適当に読んでみたけれど、やはりいくつかのポイントはあるようだ。その中でも、もっこりショーツは一目にして男の娘の矛盾を説明できる便利な記号である模様

この漫画を読んでも思ったけれど、やはり男の娘なのか単なる女装男子なのかというのは重要な区別であるように思う。女装男子は可愛い服やそれを着ることを、着た自分が好きなだけで、恋愛対象は普通に女子であるし、公の場ではTPOを弁えた服装、言動ができるので、パートナーの理解さえあれば特に問題なく生活を送れている。

この漫画の場合は、パートナーの女子が男に女装させて喜ぶパターンであったりするので、その場合まったくもって問題がない。男のほうもなんだかんだでまんざらでもないし、ちょっと特殊な普通の彼氏彼女という感じ。

やはり重要なことは、恋愛対象が男女どっちなのか。恋愛対象が女でさえあれば、変わった性的嗜好を持った男としてやっていける。一方恋愛対象が男の場合……これはもう、二次元においては男性器のついた女の子にしか見えず、これぞまさに男の娘というべきもの。

そして、男の娘は献身タイプと魔性タイプの両極端であることが多いように思える。

男を元気づけたいとか、男に好かれたいとか、そういう理由で男の娘に育ったタイプは、非常に献身的でストレートに可愛い男の娘になるな。この漫画はそのタイプの男の娘が多いから、全体的にほっこりしている。

逆に、可愛い自分が大好き的なタイプもいて、その場合女ではないことのコンプレックスも相成り、自己承認欲求のため男をたぶらかす魔性の男の娘になるパターンや、可愛いものが好きなだけと言いながら仲間を増やそうとするパターンもある。

この漫画だと、最初の同じ穴の狢っぽい男に、退屈しのぎに女装させて喜ぶ子がそうだろうか。この子の場合、それを通じて人を喜ばせることの喜びという、人間としての成長が描かれており、本作でも一番示唆的な話であった。男とか女とか言う前に、一人の人間であることを実感させる。これも性の矛盾の体現者である男の娘ならではの話かもしれない。

本作はどちらかというと可愛い男の娘の話が多く、それはそれで後味も悪くなくてよいのだが、そろそろ魔性の男の娘が活躍するようなのも読んでみたいところだ。魔性タイプは両刀使いであるパターンもありそうなのだが、それはまだお目にかかったことがない。男と女の両方を籠絡する男の娘とか、そういう話ありそうよな。