『死人の声をきくがよい』7巻感想:岸田イジメに目覚めてるね多分作者

岸田くんの不幸ぶりに拍車がかかっている

Amazon

元々早川さんいなかったら101回死んでる岸田くんだったが、その受難ぶりに拍車がかかっている。早川さん若干守り切れてないよ。あと悲しいことにえぐっち出番なし。今をときめくハートフルハーレムラブコメなんだから全員出してほしかったですな。以下大いにネタバレ。

スポンサーリンク

魔子も受難

今回は魔子がけっこう出ていて嬉しい。アイドル的な受難に見舞われている。というか今回どの霊よりも、キモオタコスプレストーカーのオッサンが普通に一番怖かったわ。魔子の歯磨きでシャコシャコしてるところで坂辺周一の「レイプ」を思い出した。あの漫画は胸糞悪かったのぅ。割とシャレにならん感じなのにギャグにしか見えないのは実にこの漫画らしい。

キモオタに付きまとわれる魔子も可哀想だが、そのとばっちりをくってまた入院するハメになる岸田も可哀想。可哀想コンビ。類友。気のせいか岸田との距離がちょっと近づいている気がする。でもなんか普通に友達って感じが強いのは否めんなこの二人。

しかし実際魔子みたいなアイドルいたいなカルト的な人気を誇りそうではある。なんか80年代のアイドルっぽいけど。いったいどんな歌を歌っているんだろうか。

本巻のベストショットはゴーストちゃんに

後は会長がいつもどおりで、岸田とジジイとの熱烈なチュー(もしかしてファーストキスか?可哀想)をガン見する早川さんとかそれなりに見どころはありつつも、本巻のベストは再登場したゴーストちゃんにあげたい。

ひよどり祥子, 死人の声をきくがよい, 第7巻
ひよどり祥子, 死人の声をきくがよい, 第7巻

↑熱烈なラブコール。むっちゃハートマーク飛ばしよる。好き過ぎてヤバイらしい。ただこれでもつい岸田を刺し殺しそうだから自分を抑えなくてはと、その程度の理性はあるらしく可愛いですね。これに連動して岸田くん呻いとるけどな。早川さんもどうしようもないらしく。

これで不細工だったらどんな霊も吹き飛ばすほどの恐怖でしかない(間違いなく本作一番のホラーになる)けど、美少女だからなんだっていいよね。ラブコメだもんね。

前巻に引き続き、全体的に岸田くんの受難ぶりが増している。岸田くん自体絶対作者が好きなタイプの少年だろうし、いじめるのが楽しいに違いない。早川さんでも既にちょっと手に負えていない感じがする。次はもうちょっと活躍してほしいぞ。いや今回も色々ファインプレイしてくれているんだけど。ゴーストには負けたらあかん。えぐっちの出番がなかったのも残念。

そういや今気づいたけど、岸田くん早川さん以外の全ヒロインから割と直接被害を被っているのな!えぐっちにさえぶん殴られたし。岸田くんに幸あれ。魔子のお兄さんは本作には出ないのかな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です