『生徒会役員共』1-3巻感想:ゆるゆると下世話

Amazon

作・氏家ト全。2008年1巻。とりあえず3巻まで読んだ。

単行本1巻はもう10年も前だが、2018年現在でも新刊が出ている息の長い漫画。継続は力なり……。実際、コボちゃんのごとくゆるく楽しめる漫画と思う。

女子校が共学化して男女比1:20のハーレム状態……というあれまぁな設定であるが、特にせくしぃな展開があるわけでもなく、ただひたすら下世話な会話劇が繰り広げられるという、ありそうでない感じ。

ラブコメ的にはどうなんだろね。3巻までだと、あまり感じさせるところはないけれど(時々あるけれど)、そのうち露骨に絡めてくるんでないのかなぁと思っている。以下1-3巻感想。

スポンサーリンク

ゆるく下世話な仲の良さ

最近ちょっと色々としんどくて、いくつか漫画の新刊を買ったもののほとんど読んでいない。ラブコメは癒やしだけれど、ラブコメで癒やされるにはある程度HPが残っている必要があるのだ。こんな状態では、とてもラブコメを楽しめない…。

が、この漫画はちまちまと読んでいる。さすがに10年前からの作品なだけあって、名前は聞いたことあるものの、読む機会がなかった。が、まぁ、ちょっとここいらで一気に読んでみようかな、となんとなしに読んでみたら、これがなかなか、今の疲れた自分にはちょうど良い漫画だった。

男女比1:20のハーレムであれでそれな設定であるにも関わらず、登場人物が女子ばかりというだけで別段エロい展開があるわけでもない。ただひたすら、主人公・タカトシと会長はじめ女子たちによる下世話な会話劇が繰り広げられるばかり。

そう、下世話。下品でも下劣でもなく、下世話。イクだのヌクだのといった言葉にいちいち反応。これをいい年こいたオッサンにされたら殺意が芽生えるけれど、高校生の男女というだけでほっこりするもんだなぁ。

まぁなんのかんのいって、主人公とヒロインズは本質的にピュアなのであるし、生徒会という組織で先輩・後輩の上下関係があるとはいえ、基本は互いの信頼関係というか、仲の良さがベースなので、ああこういうトークをごく自然にできて、そして受け流せる彼ら彼女らは実に仲良きかな、と、なんとなく嬉しくなるのである。ああ疲れているな俺は。

電車で読んでるんだ

実際今の俺にとっては数少ない癒やしであることは確か。この漫画を電車の中で読んでいる。満員電車の中、iPhoneで読んでいる。とても恥ずかしい。なんか後ろからめっちゃ見られていることあったわ。いいけど。別に。

元より下ネタ好きなので、ニヤッとすることが多く、周りから見るとさぞキモいだろうと思われるが、それでもあからさまなラブコメ展開が少ないだけマシではある。ラブコメ読んでいる時の顔とか基本犯罪者だからなぁ。

でも今後はラブコメ的展開を期待してもいる。大掃除の話の時には

タカトシ「会長の方がキレイですよ」
シノ「へ!?」
タカトシ「ほら会長のふいた所の方がキレイ」
シノ「え…あ ああ」

というド定番の勘違いアタックを入れてきやがったこともあったし(たまに入れられるとすごい嬉しい)。しかし、ヒロインはやっぱり会長なんだろうか。タカトシはスズともいい感じだと思うが。軽いフラグみたいなのはあちこちにたっているな。やはりハーレム漫画……。

素敵な妹もいらっしゃるようですし。一通り読んだら(新刊まで追いつけるだろーか…割と中古の値崩れ早いし安くなるのを待とうかという反面、それじゃ作者さんに還元されないんだよなぁという気持ち反面)、妹は思春期も読んでみようかなぁ。。

スポンサーリンク