感想くらい自分の言葉で書きましょうや

なんか適当に検索して引っかかった記事みたら、やたらうちのサイトの記事の言い回しと酷似している、いや酷似っていうかまんまやん、ってのがあって悲しくなった。読書感想文を強制された小学生じゃあるまいし、感想くらい自分の言葉で書きましょうや。

スポンサーリンク

ブログはパクリが横行しているのです

「ブログ パクリ」で検索するとわかるんだけれど、ブログ界隈ってパクリが横行しているんですよ。人様が書いた記事を、平気で「私が書きました」って顔して載せる奴、本当にいるんだよ。びっくりするよ。

俺は他にもサイトやってるけれど、そこは割と実用的な記事も多いからか(人類の役に立つかもしれないサイト)、サイトコンテンツ丸々コピーするやつもいて、まったくもって何がしたいのか意味不明。さすがにGoogle先生も馬鹿じゃないから、オリジナルより検索順位を先にすることはないし。ありゃほんとなんだ。

あんなの見ると、NAVERなんかは色々言われているけれど、ちゃんと出展を書いていて、かつみんな「まとめ」だという意識があるんだから、界隈じゃアレでもまだ良心的なほうなんだよ。ひどい界隈だよ。

無断転載問題もあるし、やっぱりいいもんじゃないと思うんだけどさ。俺の購読しているブログの中では、NAVERが嫌になって一時更新停止したところもある。転載をやめてくれって言っても聞いてもらえなくて、NAVER運営も対応消極的だから、嫌になったみたいでね。

まぁそのサイトもしばらくして更新再開したから、それはよかったんだけど。ただ、そのジャンルはヒジョーにニッチかつ真面目なジャンル(エンタメじゃない)で、まとめたところで金になるとは思えないし、ってことはまとめた人も同好の士のはずなのに、なんでそんなことが起きるんだろうと、とても悲しくなった。金のためでも名誉のためでもなく、ただ自分が楽しいからやってるんじゃあないのかよ?

大して儲からんだろうに…

ラブコメ漫画もそこそこニッチで、流行りのアニメみたいに人気ジャンルってわけじゃないと思うんだよ。つまり、あまり金にならんジャンルだと思うんだ。だから、このジャンルで記事を書く人は、皆同好の士だと思うし、自分の好きなものを語りたいっていう気持ちがまずあるはず。

そう思っていたから、窃用を見つけてしまったのはショックだった。言い回しとか比喩表現とかを部分部分パクっているんだよなぁ。なんか俺みたいな言葉使うなこの人って思ったら、完全にうちのサイトの記述だもん。やんなるよ。

でもさ、記事を丸コピペならともかく、部分部分の窃用って、時間かかるはずなんだよ。一種のまとめ記事みたいなもんだし。だから、だいたいのパクリって丸コピペなんだろうし(RSSフィードから自動でパクる不届き者さえいる)。悪名高きWELQとかも、語尾とか最小限の変更でGoogle先生を誤魔化せるようにしていたってのはそういうことなんだろうし。それに引き換え、表現とか比喩だけ窃用って、しっかり読んでくれてんのなうちのサイト。なにしてんだよほんと

いや、丸パクリだったらぶっちゃけ何も言わなかった。まぁそれはもう慣れてるし。大して実害もないし。でも表現だけの窃用はちょっといやらしすぎるだろう。悪意がある。しかも参考記事をのせてるくせに、表現パクったうちの記事はのせないんだから、やっぱり後ろ暗いことしてるのはわかってるんだよな。

っつーか、たいへんだったろ。下手したら、記事書くの俺より時間かかってんじゃないの。俺は誰かの記事を調べにいって継ぎ接ぎなんてしないし。他人様のサイトを見に行ってよさげな文章探してCtrl-cしている間に脳から溶け出た言葉を書くほうが早いし。きっとうちだけじゃなく、いろんなサイトからちょびちょびパクってるんだろうけれど、なんでその時間を使って自分の言葉を書かないのか。

うまい感想が書けないってのかい。それじゃこのサイトの感想が良いとでも。そりゃどうも。あほか。

その人の価値が俺にとっての価値なんだ

感想って、そうじゃないだろう。違うだろう。趣味ってそんなんじゃないだろう。このサイトは人の役に立たないサイトなんだけれど、俺が俺の言葉を書いている、という点によってのみ、俺にとって価値があるんだ。それがたとえ第三者にはクソみたいなもんだろうと。

そしてそれは、俺のサイトだけじゃなくて、趣味サイト全般に言えるんだよ。拙い表現だろうが、的外れの論評だろうが、それがその人の考えたこと、思ったことだということが、何よりも素晴らしいことなんだよ。その人にとって価値があるということが、俺にとっても価値なんだ。趣味ってそうだろ。っていうかそれ以外に価値なんかねぇぞマジで。

だから俺は、自分の感想が人の感想に影響されるのを恐れて、Amazonのレビューもほとんど見ない。見るとしても、一通り感想記事を書き終わってから見る。1巻なんかは、下調べの意味で読む前にレビューを見ることもある。あるいは、最終巻なんかで他の人の意見を知りたくて見ることもある。見るとやっぱり影響される。だから、書く時は気をつける。これは本当に俺が思ったこと、感じたことなのかなって。

ただでさえ、感想なんてのは既にある創作物に対するもので、一から生み出されるものじゃないんだからさ。それをさらにパクるってよ、悲しすぎないか。よくブロガー名乗れるな。そんなんでニヤニヤできないし幸せにもなれんて。あかんて。やめようや。大して金にもならんだろ。読者集めたところで大した数にもならんだろ。

悔い改めて記事を書き直してくれれば世界が一歩平和に近づくんだけれど、きっと明日も世紀末なんだろうね。俺は悲しいよ。ラブコメでも読もう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です