ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

105話きてた。最近涼しい日がちらほらでてきたね。また夏が終わろうとしている。この世界の夏はいつまで続くのだろうね。思えばこの1日の話だけでもう三ヶ月かかっているのだな…。

しかし盛りだくさんの1日ではある。今回は高尾vs船堀の静かなる女の戦いが拝める。前のゲーム以来か。結局勝負着かなかった

以下105話感想。高尾vs船堀ということでラブコメ濃度はけっこう高い。やっぱりラブコメはいいなぁ。……芦花……?

... "『ディーふらぐ!』105話感想:高尾vs船堀。外堀を埋める高尾、攻める船堀、空気の芦花" を続けて読む

Amazon

作・此ノ木よしる。2018年10巻。ついに2桁おめでとうございます。

面白いよね。後になればなるほど面白いのは、やっぱり理想的なラブコメだからかなー。千子はもう変女ってか恋女だね。めっちゃ可愛くなったわ。

割と一途な千子に対して、フラフラ浮つく流河が愛らしい。危なっかしさを見ていると、たしかにこの子は高村と血筋的に同じものがあるんだなぁと思う。高村の良き友人である杉田は、この家系と相性が良いのかもしれない。

以下10巻感想。

... "『変女』10巻感想:すっかり恋女" を続けて読む

Amazon

作・押切蓮介。2018年9巻。

いつのまにか8巻飛んで9巻まで出ていた…。そして色々な決着が……。

1巻の素敵ボーイ・ミーツ・ガールぶりに感動したクチとしては、正直2巻以降の展開には色々と思う所ないではなかったのだけれど、でもボーイ・ミーツ・ガールの夢を完成させるには、その後を描くしかなかったのか、とも思う。

本作1巻の素敵っぷりはもはや芸術、ボーイ・ミーツ・ガールの標本。その美しさを台無しにするリスクを犯して描かれる、泥沼三角関係修羅場の先にあるものは。以下8,9巻感想。

... "『ハイスコアガール』8-9巻感想:ボーイ・ミーツ・ガールの標本を三角関係の泥沼に落とした先に" を続けて読む

Amazon

作・ろぴこ。2018年4巻。

今回もイチャイチャしている。冬休みに毎日喫茶店でお茶しているのに付き合っていないらしい。1杯180円のコーヒーで粘る金銭感覚が高校生らしくてよい。大人と10倍くらい感覚違うしね。毎日1,800円でコーヒー飲んでいるようなもんだね。それでも会いたい関係。ってか180円て安いね。

以下4巻感想。

... "『僕と君の大切な話』4巻感想:ずっと見ていたい二人" を続けて読む

Amazon

作・カズミヤアキラ。2017-2018年全3巻。

キーワードはヤンデレ、兄妹、幼馴染あたりか。ちょっとオカルト。映画だったら、深夜に1.5時間くらいでサクッと見たい感じ。B級オカルトラブコメ編。

登場する女がどいつもこいつもアレなのばかり。救いはないのですか。ない。だがそんな女同士の仁義なき戦いが見ものだと思う。

メンヘラとヤンデレのバトルロワイヤル。以下全3巻ネタバレ感想。

... "『闇女-ヤミカノ-』感想:メンヘラバトルロワイヤル" を続けて読む

Amazon

作・吉辺あくろ。2011年1巻より。全9巻にて既に完結。

部屋に幽霊が化けて出たら美少女だったので堪能することにした。主要キャラが8割方変態で、生を満喫している。幸せそうでよろしい。

話という話はなく、一応幽霊ものだが怖さはゼロのラブコメディ。ひたすら変態たちの日常をゆるゆると繰り広げられるばかり。下ネタ・変態ネタ好きの日常系好きならとても落ち着ける作品じゃなかろうか。

以下1-5巻感想。いつの間にかそんな読んでいたのか。

... "『絶対☆霊域』1-5巻感想:幽霊より怖いものそれは変態" を続けて読む

Amazon

作・宮原るり。2018年全11巻完結。……完結。1巻が2011年だから八年か……お疲れ様でした。

手だけうつった10巻から、ついに全身表紙に出た宇佐くん。最後はきっとそうなると思っていた人も多かったはず。感無量やわ。見ているとこう……やるせなくなる。

いや、完全無欠のハッピーエンドなんだけれど。幸福感あるのだけれど。同時に、喪失感がある。この気分は、昔遊んでいたRPGのエンディングを見た時の気分に近い。もうこの物語の先は見られないんだなぁっていう。

以下、最終巻および全11巻の感想。

... "『僕らはみんな河合荘』11巻(最終巻)感想:エンディングの幸福感と喪失感" を続けて読む

Amazon

作・香椎ゆたか。2018年4巻。ああ、とても愉快な漫画だ。好きだな、このゆるい感じ。

TSものであり魔法少女ものであり幼馴染もの。ラブコメ的にはTS+幼馴染な輝きがある。主人公・南があくまで性根は男、を貫いているので、ラブコメとしても楽しいんだこれが。ってか南とかりんのラブコメ、主軸の一つだよね。幼馴染とTSは引き立て合うなぁ…。

決して深刻にならないし、ゆるゆると楽しめて、それがすごく嬉しい。以下3-4巻感想。

... "『まじとら!』3-4巻感想:TSものだけど幼馴染なラブコメとしても" を続けて読む

Amazon

作・ひよどり祥子。2018年11巻。

いろんな女の子とキャッキャウフフするハーレム漫画…と言いたいところだけれど、今回は割と本当にラブコメチックだった。岸田くん思っていたよりずっと早川さんのこと好きになってたんやね(もしかして最初から?)。

従姉妹のみどり再登場。ちゃんと新キャラだったんだ。えぐっちはもうちょっとダメなんかもしれないしそうでもないのかもしれない。

ひょっとして早川さんルート開けたんだろうか。バッドっぽいけれど、どうするのだろう。ホントに恋愛漫画的に気になってしまったよ。以下11巻感想。

... "『死人の声をきくがよい』11巻感想:青春ラブコメしてやがる" を続けて読む

Amazon

作・氏家ト全。2008年1巻より、6巻は2011年。

毎日少しずつ読み進めている。ネタが8割方下ネタであるにも関わらず、下品な感じがしない。直接的なお色気シーンがほとんどないからだろうか。ネタもあまりどぎつくはないし。

一応ヒロインいっぱいで、主人公の津田はなんだかんだ複数名の女子に気に入られているようなので、ハーレムものに分類されるかもしれないが、ラッキーすけべもなければ直接的なラブコメ話もないので、設定的ないやらしさを感じない不思議。

こういう漫画がきっと長く楽しめる漫画なのだろうね。以下4-6巻感想。

... "『生徒会役員共』4-6巻感想:直接的ではないだけに味わい深い" を続けて読む