『俺様とこおに』18禁とは何か考えさせられる

勃起すると巨乳限定で周囲の女を発情させることができる巨根でイボまらの主人公が、一定期間を童貞貫かないといけませんよというエロコメ。童貞でさえあれば何をしてもいいらしく、またロリ可愛くて貧乳なお付の人もいるという至れり尽くせりな感じ。正直ほとんど成人向けだと思う。

基本情報

全3巻。作者は夏目文花。作者サイトは成人向けみたいだね。

だいたいこんな感じ

だいたい記事冒頭に書いたとおりの内容で、巨乳を発情させながらも童貞を捨てちゃいかんよ、という状況のもとで主人公が奮闘する。主人公は俺様でいけすかない金持ち。ただし、家の後を継ぐには童貞を守ることが条件。跡継ぎを狙って主人公の童貞を捨てさせようとする他の跡継ぎ候補や、単純に巨乳で主人公に想いを寄せるヒロインが、あの手この手で主人公を誘惑し童貞を捨てさせようとするエロコメ。

とはいえ、童貞でさえあれば何してもOKなのである。有り体に言えば、射精はOK。というか、一度勃起しちゃうと射精するまでおさまらんらしい。そんでもって、主人公には理解者で可愛くて貧乳なので発情せず、冷静に対応してくれるお付きの人、こおにがいる。このこおにがとても健気で、主人公の性処理をやってくれるのである。

本作は一般向けであるけれど、実質的には成人向けというべき内容。一般向けでギリギリのエロスを攻める漫画は多いけれど、これはもう明らかに線を超えてると思われる。誤魔化しなく思いっきりアレを出してそれが盛大に描かれていたりと、描写もヒッジョーに直接的。エロスがギャグに昇華されてわけではなく、ストーリーといえるほどのストーリーもなく、ただただエロい。エロスについても、一般向けで許されるソフトエロの限界を攻めているというよりは、性器を直接描いてないだけのエロ漫画という感じ。

とはいえ、本番もないし成人向けとしては中途半端なのも確かかもしれない。でも一般向けとしてやるなら、せめて一工夫あってほしいよ。無駄に百合百合しいのもなんなのだろう。別に堅苦しいこと主張したいわけじゃないんだけど、やっぱり節度ってもんがあるのは確かだし、ただでさえ煩わしい世の中だから、色々と思う所がある。うーん。

総評

実質エロ漫画。18禁とは何かについて考えさせられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です