『俺んちのメイドさん』1巻感想:カップルラブコメあかん癒される超癒されるあかん

Amazon

表紙が男女のラブコメはだいたい当たり。カップル系のラブコメ。しかも複数組。

同級生の女子が住み込みのメイドになっちゃいましたっていう夢に溢れた内容だが、お互いちょっと異性としてる感じがもうニヤニヤ。癒やしだわ。むっちゃ癒される

作者・大原ロロンでpixiv出身らしい。

スポンサーリンク

ニヤニヤもの

同級生の女子が住み込みのメイドになって、というファンタジー漫画なのだけれど、メイド云々というか、ちょっと特殊な同棲みたいな感じがする。というのも、普通に二人で買い物行ったりするから↓。

大原ロロン, 俺んちのメイドさん, 第1巻
大原ロロン, 俺んちのメイドさん, 第1巻

どう見てもカップルです。後ろでニヤニヤしてる人たちは読者の代表

メイドっていっても同級生だから、いわゆるご主人様的なアレな感じはしない。もっとフランクな、友達っぽい気易い感じ。

そうである反面、仕事としての側面ももちろんある。というか、男のほうは「これは仕事だから」という建前があるからこそ、同級生のメイドなどという思春期の男子にはハードル高すぎる存在ともちゃんと接することができている。でもやっぱり本質は同級生の可愛い女子なわけで。

このメイド・君嶋サラは天然系で、同級生の男子の家で住み込みという事態も軽く受け止めてしまう胆力の持ち主ではあるが、タカオミに「付き合うなんてありえない」と言われた時にはショックを受けているあたり、なんだかんだで無自覚に意識していることがうかがえる。見つめられて赤くなったりとか。

タカオミもまた、サラに彼氏ができたらと想像してみて軽くうつになったりと、二人共、無自覚の間に惹かれ合っているのが、実にご都合主義的であるものの、とてもほっこりニヤニヤできるのだ。君嶋が可愛いのはもちろんだけれど、タカオミもいいやつで、二人共普通に相性いいんだなぁという感じで、ほのぼのするカップルなんだわ。

あとメイド服がちゃんとメイド服でいい。パフスリーブのミニスカメイドとかじゃないのがいい。

他にもカップル候補

さらにそれだけではなく、タカオミの兄と妹も、それぞれ相方候補がおり、タカオミ・サラとは別ベクトルでニヤニヤできる。難を言えば、兄貴のヒロフミと執事のアキラがちょっと見分けつかないというところだろうか。というか顔のベースはタカオミも同じっぽいが、タカオミとヒロフミは兄弟だからいいにしても、アキラまで似ているのは、ううむ。

でも逆に言うとそれくらいで、後はもうほんと、安心してずっとニヤニヤできるというか、疲れた心が癒される。なんつー平和な世界だ。もう心と脳が溶けまくり…2巻はよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です