『俺んちのメイドさん』3巻感想:ニヤニヤし過ぎて脳溶けそう溶けて不定形の何かになりそう

Amazon

作・大原ロロン。2016年1巻より2017年3巻。

いちゃラブ系で俺的に今一番かもしれない。最初から最後までニヤニヤしっぱなしでもうダメだ。

サラとタカオミのイチャイチャっぷりが素敵過ぎるのはもちろんだが、これまでラブコメ的にどうなるかな?と思っていたヒロフミとリノがめちゃいい感じに。アキラとお嬢様は安定して可愛い。そのうえ幼馴染カップルまで出てくるのだが、これもまた素敵でして……この作者さんツボめっちゃ押さえてくる。すごい。本当にありがとうございます……。

読み終わるのが寂しかったので文句なしに良いラブコメ。以下3巻感想。

スポンサーリンク

至高のいちゃラブ

男女がイチャイチャするだけの漫画はそれなりにあるんだが、これほどツボを押さえている漫画はそうそうないと思う。なにしろこの手のやつは話がイチャイチャしたりイチャイチャしたりイチャイチャしたりイチャイチャしたりするだけだから、ともすると内容がないようで絶望的につまらないものになってしまうことがあるのだけれど(選ばれしラブコメ好きだけがギリギリ読める)、この漫画は最初から最後までイチャイチャしてイチャイチャしてイチャイチャするだけなのに飽きさせない。素敵過ぎる。

カップリング映えしてるんだよなぁ。だから彼と彼女の一挙一動が可愛らしくて仕方がない。タカオミもサラも、互いにすれ違い合いながら想い合っている爆発ぶりがよく伝わってくる。自分の恋心を自覚しながら、でもきっと向こうはそう思ってはいない、でもまったくその気がないってこともないんじゃないかなーーという期待と希望を胸に、彼等は今日も空回り。周りからすればどう見ても両思いなのでさっさと結婚しろ。

モブから準レギュラーまで、周囲の呆れ半分ニヤニヤ半分な生暖かい見守り方がまた素敵。この漫画はギャラリーに共感する漫画だからね。ギャラリーに共感できるのも、良いいちゃラブ漫画の証である。ってか、カップル間だけじゃなくて、それぞれの繋がりがいいんだよなぁ。タカオミをからかう兄・ヒロフミ、男友達扱いというだけで嬉しがり過ぎなタカオミにびびるアキラとか、野郎同士でもいい関係を築いているのがほっこりする。こういうとこ大事だよなぁ。

タカオミが幼馴染の滝蔵(漢字の名前初?)の家に連日泊まった際には、家にいるより楽しいのかと嫉妬する様は完全に新婚さん。ってかサラにとっては既に家なのか……。

こんなにニヤニヤさせつつも、まだ付き合うところまではいかないもどかしさ。ゆっくりと流れていく時間、いい……。

ヒロフミとリノもなかなか…

個人的に様子見だったヒロフミとリノは、今回ヒットだった。リノとストーキングっぷりと、ヒロフミの狼狽ぶりがよかった。普段はどちらかというと人を振り回してばかりのヒロフミが、リノ相手だと完全に向こうのペース。リノのストレートな好意に慣れない様子がいい。でも紙袋被ってるときの不躾なリノのほうが好きそう。

この二人がカプ映えするのか……楽しみが増えた。

一番安定しているアキラとお嬢様

それにしても、タカオミ・サラとヒロフミ・リノがてんやわんやしている中で、期待のロリコン・アキラとお嬢様が安定しすぎている。まぁこの二人の正念場はもっと先だろうからなぁ。さすがに現状ではラブコメ枠に数えてよいものかどうかもわからん 笑。

そのうえ幼馴染カップルとか

ラブコメ枠といえば、既に豪華構成なのにこのうえさらに幼馴染カップルとか。まだ顔見せ程度だけれど、ニヤニヤできた。おちゃらけてるけど力あるっぽい社長の息子・滝蔵と、家政婦でクールポジションだけど独占欲もさりげに強いっぽい小春。タカオミの幼馴染。タカオミの関係から攻めてくるとは…タカオミと滝蔵の仲よさげなやりとりだけでもほっこりするんだけど、そこに小春が絡むとラブコメとして非常に映える。

そんなこんなで、ニヤニヤしていたら読み終わってしまった。読み終わるのが寂しかったから、これはいいラブコメ。4巻待ち遠しい。あとがきでドラマCDが宣伝されていた…ドラマCDチェックしてるけど、プライスがなー……あーでもどうしよう。

スポンサーリンク