『お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない』1巻感想:今回も安定の変態ラブコメ

Amazon

作・吉辺あくろ。2018年1巻。なんか明日あたり2巻出るらしいが気にしない。

タイトルどおり従兄妹もので、法的にも結婚が認められるラインなので、ストリクトな近親好きには邪道だろうが緩い近親好きには良いと思われる。弟の女装、というより男の娘キャラっぽい感じも好きな人は好きと思われる。

絶対☆霊域と同じく変態ばかりの日常漫画であり、お従兄さんが変態なのはもちろんだが、実は一番素質があるのはヒロインではないかという点が異なる。つまりレギュラー陣皆変態。

どうでもいいがお従兄さんの一昔前の漫画のイケメン感が静かに笑いを誘う。以下1巻感想。

スポンサーリンク

安心の変態的日常ラブコメ漫画

作者さんの過去作『絶対☆霊域』と同じく、可愛い女の子となにげにイケメンなお兄さんによる愉快な変態的日常漫画。ただし、この漫画の場合イケメンな変態お兄さんなのは同じだが、主人公でありヒロインである女の子・高帆も十分に変態的な素質を持っているところが大きく異なる。あと胸の大きさ。作者さん、ロリ以外もいけたのか……。兄の要望に応えて、恥じらいながらもしっかりと変態水着(?)を着こなすこの妹は、ある意味で理想的な妹に育っているような気がしなくもない。

だが、藤嗣にとっての理想の妹は高帆ではなく、高帆の弟・成叶(なすか)であるらしい。恐らく本作でも随一のフェチ好みな男の娘的美少年。真・ヒロインな気がしなくもない。別に本人に男の娘願望があるわけではないのだが、見た目があまりにも愛らしいので、藤嗣から理想の妹だと祀り上げられ女装とコスプレに励む日々。実際、高帆よりも成叶を目当てに読んでいる読者はけっこういるのではなかろうか。闇が深い。

とはいえ物語的には、成叶が弟だからこそ安心して見ていられるラブコメに仕上がっている。藤嗣はあくまで成叶を理想の「妹」としていることからも、別に同性愛的な傾向があるわけではないし、成叶にしても、藤嗣の言うことを聞くのはお菓子をもらえたりなんだりして良いことがあるからという実利的な理由であって、本人にそういう趣味があるわけではない(まぁ普通なら拒否するようなことだから、まったく嫌いというわけでもなかろうが)。なにより高帆の藤嗣に対する気持ちにも気づいてそっと後押しするという、なにげにお姉ちゃんの恋路を応援する出来た弟枠なのである。

家族愛的にも

弟を心配する姉、心配されるほどでもなくしっかり者で、姉の恋路を後押しする弟、なんだかんだで仲の良い姉弟の様子にはほっこりする。また、普段は成叶にコスプレさせて激写するばかりの変態お兄さん・藤嗣が時折見せる家族(といっても従兄ではあるが)の顔も良い。

吉辺あくろ, お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない, 第1巻

↑俺がこの1巻で一番印象に残ったのは、高帆の半裸サービスシーンでもなければ成叶のコスプレでもなく、何故かこの寂しそうな藤嗣だったりする。これも歳のせいか。

このコマは自身の想い人が藤嗣であることを知られたくない高帆が、咄嗟に別に想い人がいると誤魔化した(藤嗣に似た人、と言っている時点で誤魔化せているかは微妙であるものの)時のものであるが、単純に寂しがっている様子なのは、実に歳の離れた従兄的であり、それが良いとは言うものの、高帆の恋路は険しそうだ。しっかりと進展させてほしいもんだね。

しかし藤嗣、イケメンはイケメンなのだが、一昔前の少女漫画で見るような90年代バンドマン風イケメンなのが静かに笑える。必殺の長髪片目隠し。

そしてもうすぐ2巻が発売される。読むよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です