『お嬢様の僕』1-2巻感想:無知なお嬢様の着替えもお風呂もお世話する紳士的に執事なラブコメ

Amazon

作・田口ホシノ。2018年1-2巻感想。

最初僕(しもべ)を「ぼく」と読んでしまって、表紙の子がやや中性的な面立ちだったから、てっきり男の娘ものだろうか、なんて思ってしまったのだけれど、そんなことはなく、表紙の子は真っ当に女子ヒロインで、まぁ有り体に言うと純粋に男向けラブコメだった。

お嬢様×執事(?)もの。お嬢様のお世話する。めっちゃする。着替えとか。お風呂とか。でも大丈夫、執事はいつだって紳士だから。いや実際好青年だけどね主人公。

そして増えるお嬢様。ハーレムにいくのか、三角関係にいくのか、まだちょっとわからない。前作・まがつきはハーレムものだったけれど、今回はどうだろう。それにしても、この作者さんは本当に安心感のあるラブコメを描く人だなぁと思う。以下1-2巻感想。

スポンサーリンク

中性的なお嬢様

冒頭文にも書いたとおり、俺は最初表紙の「僕」を「ぼく」と読んでいたので、ひょっとして男の娘ものだったりするんだろうか、なんて思ったのだけれど、ページをめくって即ヒロインの下着シーンに突入し、あ、普通にラブコメだ、と認識を改めたのだが、しかしお嬢様と言うにはずいぶんと中性的だ。

お嬢様キャラといえば、風貌やら性格やらがいかにもわたしゃ女でございといわんばかりのキャラが多い、というイメージがあるので、このヒロインのキャラ付けと中性的な面立ちという組み合わせは珍しいように思う。実際、漫画を読んでいる時、何度か前作・まがつきの主人公、八助が女体化した時のことを思い出した。名前も「翼」と男女どちらでも使えるユニセックスなものだし。

一方、もうひとりのヒロインにしてお嬢様キャラ・みのりは、見た目・性格共にいかにもなお嬢様キャラである。ついでに幼馴染属性も搭載。翼がよくあるお嬢様キャラからちょっと逸脱している分、「お嬢様」「ラブコメ」というワードから読者が連想するだろう属性をみのりに詰め込んだような感じがする。

それだけに、ともすると主人公・養太郎とみのりのやりとりはラブコメのテンプレートに嵌ってしまいそうなものだけれど、規格外の無知お嬢様である翼を絡めることで、うまいこと変化球になっていて面白い。

規格外の無知お嬢様

翼はちょっと考えられないほどの無知かつなにもできないポンコツお嬢様。恐らく勉学・スポーツなど、社会的に成績として認められるものについては高度に身につけているのだろうが、生活レベルについては幼稚園児並。ついでに羞恥心も幼稚園児並。だから着替えさえ躊躇いなく養太郎に任せる。いくらなんでもんなアホなといいたくなるが、まぁそこはそれ、ラブコメなのでキニシナイ。気にする人はラブコメなんて読んじゃいけない。受け入れること、それがラブコメ、ラブアンドピース

そんななにもできないお嬢様について、手取り足取りお世話することになる主人公・養太郎。なぜかお世話の種類が着替え5割・お風呂3割・その他2割の気がするけれどもキニシナイ。いやまぁ、作中で取り上げているのが主にこういう受けそうなところということではあるんだろうけれど。もうどうせここまでやるんなら下のお世話までさせればいいのに。さすがにだめかね。あはは。

そんなお嬢様・翼と養太郎がいちゃいちゃするのが耐えられなくて、幼馴染で養太郎が好きなお嬢様・みのりが羞恥心を捨てて自分にも翼と同じことをしろと迫る。これがために、伝統的なお嬢様キャラであるにもかかわらず、みのりもまたツンデレお嬢様のテンプレにはまらずに済んでいて、なるほど面白い関係だなぁと思う。

ハーレム?三角関係?

つまり、養太郎・翼・みのり、さらに元みのりのお世話係まで含めた、ハーレムもの……に見えるのだけれど、実際のところ本当にそうなるのかはわからない。というのも、みのりは明確に養太郎に対して好意を抱いていてかつ、養太郎もまたその気持ちに気づいているからだ。ああ、棒で殴りたくなるような鈍感系主人公じゃなくて本当によかった

前作では、ヒロインのほとんどが見た目は美少女でも設定的には神様、つまり人外、すなわち法の適用外ということもあって、ハーレム貫徹できたわけだけれど、本作は真っ当に人間同士。しかも執事(?)とお嬢様。そして養太郎は一般的な常識的価値観をもった好青年。となれば、まぁハーレムってことにはならないような気がする。

するとみのりは正直当て馬ヒロインにしか見えないわけだが、羞恥心さえもたない翼よりも、明確に恋愛感情をもつみのりのほうが、応援してあげたくなる感じなのがなんとも微妙なところだ。実際、現時点で養太郎と翼がどうこうなる未来の姿はちょっと見えない。しかし、翼が「特別な感情」を知ると、無知という属性が取れて普通のお嬢様になってしまうような気もする。3巻以降、どうなるのかな。

なんにしても、この作者さんならば、きっとハッピーで後味の良いラブコメに仕上げてくれるはずだ、と期待している。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です