『おじょじょじょ』3巻感想:近年稀に見る欲深いラブコメ

Amazon

新巻まで随分待たされたけどようやく3巻出た。感慨深い表紙。この漫画は4コマギャグの体裁を取りながら、本質的にはストーリー色が強い。二人は付き合い、春の心の闇は晴れ、あかねとの関係も掘り下げられ、次は何を?と思ったら、どうやら今回は春の妹・秋が登場、つまり地獄巡家の家族問題、姉妹問題につっこんだ話で…、クール教信者の世界ということだなぁ。以下ネタバレ。

スポンサーリンク

相変わらず爆発

ラブコメは進んでるよね。付き合った後のイチャラブが描かれているのは本当に嬉しいことだよ。そこが見たいのに、これからってところで終わるラブコメが多いからねぇ。この漫画も1巻で終われば確かに綺麗なんだけれど、そうすると↓みたいなのでニヤニヤはできなかったわけだ。続いてよかったね。

クール教信者, おじょじょじょ, 第3巻
クール教信者, おじょじょじょ, 第3巻

↑こ…こうします!もうどうにでもしてくれ。マジでキモいくらいニヤニヤできるぜ。

あと個人的によかったのが、徒然が家に春を連れてきたとき、あの朴念仁に可愛い彼女がってので、川柳家テンション上がりまくり、それで川柳姉が春に弟をよろしくね、的なことを春に言うんだけれど、その様子を見た徒然がちょっと不貞腐れるの↓。

クール教信者, おじょじょじょ, 第3巻
クール教信者, おじょじょじょ, 第3巻

思わずニヤリ。徒然可愛い。確かに弟とはいえもう高校生だからね、そういうの勘弁してほしいよねぇ。

あれもこれもだよ

ただ、全体的な話は、ラブコメというより家族的な話で。やたらと乳が盛られた春の妹・秋登場。、ラブについては進むとこまで進んじゃったし、これ以上となるともうお前らやっちまう?という下世話な話になっちゃうしねぇ。天道・クリス組で何かあるか、とも思ったが。この組み合わせも触れられてはいたが。クリスが難しいところだ。徒然・春のような爆発しろ感が、天道・クリスだとイマイチ薄いのは否めない。男の描き方が難しいよな。

それはいいとして妹だ。乳に夢を盛られ過ぎた妹。、主にはこの姉妹を和解させようと、その仲を春の彼氏である徒然が取り持つ、というのがメインの話。ちょいちょいとウブイ描写で悶えさせつつ、話自体は家族愛的。

この流れはなぁ、とってもクール教信者だなぁという感じ。なんつーか、すごいとっ散らかっているんだよね。本作は、1巻読み切りが恐らく形としては一番綺麗な形で、その後の展開は、ラブコメ的な純度はどうしても下がる。でも、それはそれでいい。読者としては、もっとこの作品を楽しみたいとも思う。おかげで、前節に書いたとおりニヤニヤできるってもんだ。

だから別にいいんだ。1巻で築き上げたラブコメをベースに、ちょいちょいと萌え悶えさせながら、2巻では友情を深め、3巻では家族を語る、構いやしない。ただ、非常に欲張りだなぁと思う。話がもうあっちこっち。かつ、そのテーマといえば、1巻のようにありそでなかったものではなく、2巻の友情にせよ、本巻の姉妹の確執にせよ、そう珍しいものじゃないんだ。

ただ、、クール教信者だからというべきなんだろうか。本作は単にラブコメというより、他作も含めた大きな枠組みの中の一つの物語としてみると、この作品にも、一本の筋のようなものが見える。単に徒然と春のラブってだけじゃなく、この世界に生きる人の人生が浮かび上がる。

でもさ、こういう構成は、やっぱり欲張りじゃないかなって思うよ。多分、この作品単体で読むと、ちょっとわけわかんないと思う。それでも、一つ一つの描写が素晴らしいので、楽しめるだろうけれど、え、え、え、とはなるかもね。

兄妹ものにしてもいいのよ

ところで結果的に徒然は秋のことも落としてしまったようであるので、浮気にならない程度にベタつくといいよ。秋はだいぶ感覚が狂っているようなので、ちょっとギリギリアウトっぽいくらいの兄妹ラインを攻めてみてほしいね。見たことない春の表情を引き出せるはずだ。

次巻で最終巻とのこと。ちょっと残念だけど、この漫画は日常ものの体裁だけれど、実質的にはストーリーものなので(クール教信者ってだいたいそんな感じのイメージだわ)、そう長くも続けられまいな。しかし、何の話をするんだろう。何かしらの大きな話があるはずだと思うが。

それにしても妹の乳本当に規格外やな。ここまでいくと胸とかおっぱいとかじゃなくて「乳」としか言い様がない

関連するかもしれない記事

他の記事

おじょじょじょ の記事

クール教信者 の記事

カップル系 の記事

日常もの の記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です