『なぜだ内藤』2巻感想:見ていて幸せになれるバカップル

Amazon

作・赤のキノコ。2018年2巻。今回も爆発カップル。なんだかんだ肩寄せられるようになったらしい。

今回も例によってイチャイチャしているだけなんだけれど、どうしてこうも癒やされるのだろうか。文字通りおバカなバカップル。

とはいえ、今回は最初から付き合っている状態からスタートなので、なんだか強くてニューゲームのような、無双感と同時に妙な物足りなさもないではなかった。内藤がちょっと強烈過ぎるかも、と感じてしまったのも、付き合う前の伊藤の冷淡さによる距離感が、漫画的に重要だったのかもしれない。

でもそれは1巻のノリを想像していたからであって、先入観なく改めて読むと、やっぱり幸せハッピーな良いラブコメだと思った。以下2ndこと2巻感想。3rdも出てほしい。

スポンサーリンク

強くてニューゲーム

例によって久しぶりの更新になってしまった。というのも、ここ最近ラブコメどころか漫画自体ほとんど読めていないので、更新する時間もなければネタもなかったのだ。まぁ、本当を言えば読み溜めていた(というのも妙な表現だ)分があるので、書こうと思えば時間を見つけて書けなくもないのだけれど、時間を置いた読後感なんてのは温め直したスープみたいなもので、手間の割に元の味でもないのでなんだかなぁとそのまま、そして残っている間は次のスープを作るのも具合が悪い、ということで、一度書き時を逃すとなかなか更新しなくなってしまうのである。

この漫画を読んだのも、少なくとも先月のことなので、その感想記事となると、まぁ先のたとえを使えば冷めたスープということになってしまうのかもしれない。実際、今この記事を書くために軽く読み直している。我ながら真面目だなぁとよくわからない感心をしている。

で、読み直していると、何か初見…といっても2巻のだが…よりも感触がよいことに気づいた。というのも、1巻については絶賛してLINEスタンプまで勢いで買ってしまった自分だが、この2巻については、正直言うとちょっと微妙な気持ちがなくもなかった。

その感想を一言で言うならば、冒頭文に書いた強くてニューゲーム感、がしっくりくるだろうか。本巻は既に内藤と伊藤が付き合っているところから始まるので、1巻で見られたような内藤の悪戦苦闘ぶりは影を潜める。いやまー、伊藤の性格だから、内藤も基本突き放され気味ではあるのだけれど、そこには明確な好意が下地にあることが確約されているし、少なくとも一話に一回以上はデレるので、やっぱり1巻に比べると頑張った内藤の幸せ劇場が続く感じであり、それはそれで悪くないのだけれど、どことなく物足りなさも感じるのである。

内藤の強烈な好意と、それを無下に叩き落とす伊藤、という構図が実によかったのだなぁと思う。とはいえ、付き合ってからも叩き落としてほしかったのかと言われると、それもやっぱり違うので、なんとも難しいところだ。

むしろ冷めて美味しいのかもしれない

…というような微妙な感触だったのであるけれど、改めて読み直してみると、なんだか初見よりも楽しめている自分がいる。これはどういうことだろう。確かに1巻のときのような刺激こそないものの、ゆるゆると楽しくニヤニヤできる。なんてことのない会話に癒やされる。たとえば遊園地デート回でのお弁当の時の会話

伊藤「私もおにぎり作ってきたぞ」

内藤「マジかよ!この世の終わりか!?」

伊藤「おにぎりの具にされたいのか貴様」

赤のキノコ, なぜだ内藤, 第2巻

このしょうもない会話に癒やされる。この二人についてはいかにもカップルなやりとりも、幼少期からの悪友のような気安さがよい。

しかしこうしてしれっと弁当(おにぎりだけど)なんか作ってきたり、クラスメートに「もっと内藤にデレデレしちゃえば良いのにさぁ」と言われた時には、否定するでもなく「これでもデレてる方」「デレると内藤は高確率で吐血しやがる」と不満げ、というか巻末では「デレの耐性もうちょい強くなって頂けませんか」とハッキリ不満をあらわにしているので、実は伊藤はけっこう真っ当にイチャイチャしたいのではないかと思われる。

伊藤が頑張っていた

むしろ、普通にイチャイチャできないのは内藤のほうで、なんだかんだストレートにデレられるより軽口叩きあうほうが気楽で楽しいのだろうし、伊藤もそれを理解しているからこその対応にも思える。この二人の距離感は、基本的に伊藤が作っている。

まぁなにしろ内藤は常に全力ストレートなので。1巻の間は内藤のストレートをひたすらファウルして終わらない恋愛ゲームが展開されていたわけだが、今回はお付き合いのうえきちんと向き合っているので、1巻の時のようにはいかない。時に引いて、時に突っ込んで、時にデレる。1巻の全力投球の激しさはなくとも、日常系ラブコメとして実に愉快なものだった。

どちらかというと内藤が可愛かった1巻だが、この2巻は伊藤が可愛い巻だったなぁと思う。今回、頑張っていたのは伊藤のほうだろう。3巻…3rdではどういうバランスになるだろうか。ちょっとここらで、突っ込むばかりの内藤が少し引くことを覚えたりしてもいいかなって。でないと伊藤がいつまでたってもデレられない。っつかここまできてキスもしてないし(主に内藤のせいだろう)まだまだやれることあるし。まぁ楽しみだよね。……3rd出るよね?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です