『まがつき』安心のハーレムラブコメ

感じ

田口ホシノ, まがつき, 第3巻

↑だいたいこんな感じ。恥ずかしげもない安心のハーレム展開とオッパイとパンツに囲まれた幸せなソフトエロ系ラブコメ。幼馴染大勝利の予感。一応神様系。なーんにも考えずにヘラヘラしながら読むのが吉。

スポンサーリンク

基本情報

まがつき - Wikipedia

各ヒロインのスリーサイズまで載っている優秀なWiki。というか詳しいなWiki!熱心な編集者がいるに違いない。

2016年1月11日現在、第10巻まで。シリウスで連載しているらしいがまずシリウスを見たことがない。シリウスといえば怪物王女やゆうやみ特攻隊が連載していたところだ。今ざっとWikipediaをみてみたらまじもじるるももシリウスだ。

だいたいこんな感じ

神様に祟られた!満足させないと死ぬ。神様は美少女でオッパイ触らせてくれるしパンツはいてない天使。ツンデレの妹神もやってきた!天照大御神だけどロリ体型だぞ!年中発情期の狐系神様もやってきた!全員俺の嫁!本命はオッパイの成長した幼馴染なんだけど幼馴染以外は神様だから一夫多妻でも恥ずかしくないよね!

こういう頭の悪い話なので、何も考えず鏡の前ではできない情けない顔して読むのが一番の楽しみ方だと思う。女の子の絵が可愛い。エロについてもパンツ乳首は余裕で女呼んで抱いて揉んでいい気持ちー。キス余裕。さすがに本番の性行為だけはNG。作者が「描いてて恥ずかしい」とあとがきで吐露するくらい、いろんな意味で安心できる。読んでる方も恥ずかしくなってるよ。

序盤はあまりにもテンプレ過ぎて正直どうかな?と思ったけれど、話が進むにつれてテンプレながらもそれなりに突き抜けた感じも出てくる。主人公のキャラ立てが不快感の少ない助平キャラとしてうまくいったのが大きいかなと思うんだけど、そのへんはあとがきを見る限り編集の力も大きそう。

いくつになってもやっぱりハーレムは男の浪漫。ハーレムものは、まずハーレムの大義名分が大切な舞台設定だけれど、この作品の場合は「祟り」。本命いるけどハーレムにしないと祟られるからね仕方ないねって感じ。神様だから法的にも倫理的にも問題ないですよねー(ほんとかよ)、という設定なので、最後までハーレムを貫くのか、それとも誰か一人を選ぶのか、現時点ではハーレム寄りに見える。もし選ぶ場合選ばれるのは恐らく幼馴染。幼馴染大勝利

人物

荒巾岐八助(あらはばきやすけ)

幸せな主人公。パンツはいてる。登場シーンから仲間と女子のパンツを覗いている安定の助平野郎なので安心できる。やっぱこういうハーレム漫画の主人公は助平じゃないとね。お話が進むにつれてどんどん助平さがましてきて、 パンツについて町中で熱く語る変態に↓。

田口ホシノ, まがつき, 第6巻

一皮剥けたね。6巻にもなると成長するのです。

優柔不断な助平だが一応決めるところは決めるので(本当に)時々カッコイイ。ハーレムを築いているが、実は最初から一貫して幼馴染のアカリが本命。でも祟られてるからね、ハーレム築いても仕方ないね。

稲森アカリ

幼馴染。パンツはいてる。八助の本命であり本人も八助のことが好きなので、実は最初から両想い状態。この手のキャラに恋の応援団がいるのも定番だが、その応援団に友達に加えて親父もいるのが珍しい。

うーん、なんだか胸が大きい以外特に取り立てて言うことがないぞ。にも関わらず読んでて一番くっついてほしいと思わせる感じがあるのは、八助とは幼馴染で読んでて初々しいカップルだからだろう。ちょうど男女を意識して関係が変化するような微妙なところでね、幼馴染好きならニヤニヤするはずさね。恐らく大勝利系幼馴染で、ハーレムエンドか幼馴染エンドかの二択と思われる。ハーレムでも正妻ならオッケーっぽい天使。

織姫

疫病神。ただし美少女。八助を祟ります!幸せにしてくれないと祟ります!あと好きになったのでそこんとこよろしく!オッパイが大きくてパンツはいてない天使。はいてないにも関わらず制服はとってもミニスカートなんですがそれは。

性的なことや恋愛面について無頓着なキャラとしてスタートするが、だんだんそのあたりについて学習して、恥じらいを覚えたり恋煩いを自覚したりするように。なので話が進むに連れて可愛さが上がる

田口ホシノ, まがつき, 第6巻

↑このまだまだ無頓着なんだけど、なんとなくわかってきたらしいが故のこの途上な感じ、これがこの子のウリやね。

ひなた

どう見ても貧乳女子中学生だけど天照大御神でありますぞー。織姫の妹。パンツはだいたいはいてる。お姉ちゃん大好きお邪魔虫キャラとして登場するが、速攻で主人公に落とされる。この手のキャラではありがちとはいえ、本当に速攻で落とされる。しまいに姉妹ともども幸せにしやがれと八助に迫る。最高神なのにロリっぽい性格と見た目でウブというたいへん都合の良い設定でございます。なんだかんだいいつつヒロインズの中心はこの子。八助のハーレム構築に多大なる貢献をしている。血の涙を流しながら他の子に愛情を注げと八助に迫るのが超可愛い。一番可愛い

いづな

狐の神様。八助に嫌われると死ぬ。だから八助はいづなを愛するのはそうだね仕方ないね。一夫多妻上等。八助とつがいたい。子孫繁栄。いざ性交!八助からの愛情が増すとオッパイも増す。

アカリが素直になれない幼馴染、織姫が恋愛に無頓着、ひなたがツンデレという状況で、ストレートに愛情を表現する役どころでして。実際主人公やヒロインズが恋愛面でウジウジして話全体がジメジメすると、この娘の天真爛漫さ、素直で直球な愛情表現が話を明るくしてくれる。

総評

変な捻りとか一切ない、安心して読めるハーレムラブコメでございます。エロスも大歓迎でございます。ハーレム好きな貴兄にぴったり。最後ハーレムエンドになるのかどうかが気になる。

スポンサーリンク