『久住くん、空気読めてますか?』2,3巻感想:ラブコメになってきた

Amazon

作・もすこ。2015年1巻、2016年3巻。

佐倉がいよいよ己の恋心を自覚しつつあり、男女共にライバルキャラが出てきたりなど、ラブコメ色が強くなって俺によし。ライバル登場はラブコメ的には取扱注意の諸刃の剣なのだが、同性同士で割と仲良くなってしまうため、嫌な気分にならない。

ただ肝心の久住は相も変わらずミステリアスボーイであり、実際のところ佐倉のことをどう思っているのか判然としない。

以下2,3巻感想。

スポンサーリンク

恋愛色は強まっているが…さて

片想いに起因する佐倉の空回りっぷりがいよいよ激化。その様が可愛らしくもありまた可笑しくもありという漫画だが、その路線は変わっていない。しかもその相手が別にイケメンというわけでもない地味系男子で、特に学校での立ち位置を気にする佐倉が本来心を寄せるような相手ではないのだけれど、そこはそれ、好きになったら仕方ないとかまぁそういうことで。そもそも佐倉の相手が普通にイケメンスポーツ万能優等生だったりしたら何も面白くないしな。

しかしそうは言っても、見栄えはいいに越したことはない。久住も別に悪いわけじゃない、というか二次元補正もあって、ところどころ美少年のように描かれることもあるけれど、基本的にはそういうわけでもなく、帯の漫画家・渡辺あゆのコメント「少女漫画が好きな女子に告ぐ!! この恋模様、胸キュンします!」とあるが、実際のところ久住は女子ウケするタイプのヒーローなんだろうか。野郎目線だと、普通に榛名のがカッコいいんじゃないかとも思うが(見た目で誤解されているけれど実はいいやつタイプは、男向けでもよくある主人公属性の一つ)久住はクセがある。

まぁでも、『猛禽ちゃん』などは男がイケメンなのに対し、ヒロイン側が必ずしも美少女という風でもなかったにも関わらず、素敵なボーイ・ミーツ・ガールもので最終的にはヒロインがとても愛らしく思えたので、この漫画もそういう風になるかもしれない。

それには久住が佐倉を好きになるかどうかがポイントだと思うけれど、今のところなんとも言えない感じ。映画館デート(?)の話は「もうお前わかってやってるだろ」という域に達していた、というか(佐倉の存在を)わかっていたんだろうけれど、あの態度は久住なりに佐倉を気易く思っている、と考えてよいのだろうか。うーん。

佐倉と久住、それぞれを好きになる男子と女子が登場し、非常に恋愛色が強くなってはきたものの、久住→佐倉のラインがもう少しハッキリしないと、ラブコメとしてニヤニヤできるかはまだわからんなぁ。

スポンサーリンク