『くだんの彼女と未来交歓』おっぱいな幼馴染と約束されたイチャラブ

Amazon

作・山田牛午。2012年全2巻。

周囲からさかんにつがえ・まぐわえ・やっちまえと囃し立てられる幼馴染二人。さすれば世界も救われる。つまり約束された幼馴染大勝利系ラブコメ。

スポンサーリンク

基本情報

件 - Wikipedia

バタフライ効果 - Wikipedia

全2巻。フラッパー連載。作者は山田牛午。くだんは日本に伝わる妖怪。未来交歓と書いてバタフライエフェクトと読む。

だいたいこんな感じ

幼馴染の二人がくっつくと未来が見える!そして世界は救われる!だからさっさとやっちまえ!

という内容。幼馴染二人は思春期なので、お互い想い合っているものの照れてエロいことには及び腰。そんな二人を見かねて周囲がガンガン焚きつける。そういう話。

設定だけ見ると色々ある。二人の予知能力は妖怪「件」からきているし、バタフライエフェクトとは、物理学のカオス理論における有名な話で、蝶の羽ばたきが遠隔地でトルネードを起こすか、という未来予測に関わる表現。これだけ見ると、日本の民話と現代物理学の融合が背景に!?という風にも思えるが、正直そこは期待しちゃダメかな、と。

じゃあ何に期待していいのかといえば、定番幼馴染とのラブであり、おっぱいである。もうなにしろおっぱいである。↓こんなんである。

山田牛午, くだんの彼女と未来交歓, 第1巻
山田牛午, くだんの彼女と未来交歓, 第1巻

↑こんな幼馴染と一つ屋根の下で暮らす。エロいハプニングも起きまくり。というか周囲からも起こされまくり。家族までもがこの二人をくっつけようとあの手この手毎日がラッキースケベ

胸に飽きたらず、立っているだけでパンツ見えそうなスカート、躇わないパンチラ。表紙でパンチラ。そういうことだ。

こんな幼馴染とくっつくことが運命的に定められている。ただひたすら幼馴染とイチャイチャする。おっぱいな幼馴染とイチャイチャしている様をただ眺めるだけ。そういう漫画。それ以外には特に何もないが、それだけでもいいじゃないか。

総評

幼馴染大勝利なB級ラブコメ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です