『このすば めぐみんアンソロジー 紅Aka』感想:クズ野郎と頭のおかしい子のリア充爆裂本

原作 暁なつめ, この素晴らしい世界に祝福を! めぐみんアンソロジー 紅Aka, 2018

この素晴らしい世界に祝福を!のめぐみんアンソロジー漫画第二弾。オンリーのアンソロで2巻目が出るとは、やはりヒロインの中では一番人気なんだなぁ。

オンリー本と銘打っているものの、その実態はほとんどカズマ×めぐみん本。まぁ実質原作でも固定カップリングみたいなもんだしね。みんなカズマにおぶわれているめぐみんが描きたくて仕方ないんだなと。わかる。

いわゆる爆発オチ(ならぬ爆裂オチか…)が多いのは仕方ないとして、アンソロ本としては良質な類だし、このすばファンはもちろん、カズめぐ好きならなお一層楽しめると思われる。まぁでもアクアとダクネスが控えめになるのはしゃあない。ゆんゆんはそこそこ出る。以下感想。

スポンサーリンク

クズ野郎って言える関係がいいよな

カズマたちの関係のいいところってのは言い始めるといっぱいあると思うんだけれど、自分的には「クズ野郎」「頭おかしい」って言い合える関係が好きだな。罵倒で親愛を確かめられる関係は長続きするよ。

なんだかんだ言いつつ、カズマになら手を出されてもいいと思っているめぐみん可愛い。原作告白してるみたいだしな。実はまだ原作告白のところまで読んでなくて、告白したってのは風の噂で聞いたけれど、ニュアンスとか全然掴めてないんだよなぁ。でもこの感じだと、順序を守れば本当に一線を越えてしまえそうな感じ。でもカズマさんヘタレだからな。

というわけで、ギリギリのラインを行ったり来たりしている二人の関係がたくさん見られて満足。特にゆんゆん絡めてくれると、いい感じでめぐみん煽れるからいいよな。めぐみんとゆんゆんだったら、完全にめぐみんが上に立つわけだけれど、カズマを絡めるとひっくり返ったりなんだりするのも面白い。今回のアンソロは前回よりもゆんゆんの出番多かった気がする。

カズマとゆんゆんが二人きりで部屋にこもり、めぐみんは外で待機、扉を開けたほうが負け、という話は、まぁベタかもしれないんだけれど、皆の関係がとてもよく描かれていてよかったな。つまり、カズマとゆんゆんを信じきれたらめぐみんの勝ち、信じきれなかったら負け、という勝負

カズマが自分とゆんゆんが二人きりで遊ぶと、めぐみんは不安になるはずだ、と考えるのは、めぐみんの気持ちをよく理解している。めぐみんに好意をもたれている、はもちろん前提ではあるものの、完全に信頼されてもいないだろ、とも思っているわけだ。

で、実際めぐみんは耐えきれずに扉を開けてしまう。めぐみんにとって、カズマは惚れた男でありつつも「このクズ野郎!」でもあるわけだ。そういうところがいいわけだよ。まぁ、好きになるほど疑いの閾値が下がってしまう、というのもあるので(特にカズマの性根を知っていると)、疑ったのは好意の裏返しでもあるわけだが。

まぁカズマはゆんゆんともそれなりにいい感じであるしね。ゆんゆんは押しに弱いし、肝心なところ抜けているから、カズマに競争心煽られたら冷静に判断できなさそうでもあるしね。

この信じているからこそ信じられない感じが、いいよなぁと思う。

めぐみん本なので他の人たちはほどほど

ぶっちゃけ俺はカズアク派なので、アクアの出番がほとんどなかったのは残念だけれどそれは仕方ないわな。めぐみんオンリー本でアクアの出番がすくねぇ!って真面目に言ったらとんだクレーマーだよ。

なんだかんだ言って、カップリング的には不倶戴天の対立ヒロインでもあるので、めぐみんを推す以上、アクアやダクネスの絡みが薄くなるのは仕方ないよなー。ゆんゆんが例外なだけで。あとはカズマと恋愛で絡まないウィズ。地味にウィズがそこそこ出てくれて嬉しかった。単体ではウィズが一番好きだったり。

それにしても、このすば原作だいぶ読んでなかったなぁ。どこまで買ったっけ。いい加減積読消化しよう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です