『きみといると』4巻(最終巻)感想:甘酸っぱさを超えた甘痒なお話、どこまで耐えられるかな?

Amazon

作・かがみふみを。2009年1巻、2011年4巻。

「うおマジか…」あまりの甘酸っぱさについ呟いてしまった。コテコテやん……いやもう、これは甘酸っぱいを超えて甘痒いというべきか。なんだろう、なにか、からだがむず痒くなる。

山河が受験を控えて、会える頻度が減って…っていう感じなんだけど、別にヤマでもオチでもなんでもないんだよ。ただただイチャイチャしてイチャイチャして終わった。ピュアといっても、公衆の面前で我慢できないって感じでキスしよるし完全バカップルだわ。

昔の俺には読めなかっただろうなーこの漫画。今の俺でも、4巻はさすがにちょっと長かったなと思う。この漫画はちょっとした試金石だと思うよ。俺もまだまだか?以下最終巻の4巻感想。

スポンサーリンク

お互い好き過ぎ

もうただひたすら、とにかく、幸福なカップルの幸福ぶりを始終見せつけられるのだ。特にこのカップルが幸せだなぁと思うのは、お互いがお互いをとても好きなことで。いや、カップルなんだから当たり前と言えばそうかもしれないけれど。

なんていうかな、岩井は当たり前のように山河のことだけを妄想して、時にはいやらしいことを考えて、真っ赤になってそれを吐露するんだけれど、こういうことが出来る関係はそうそうないだろう。別に山河さん、そんなに特別な女の子ってわけじゃないんだけれど、岩井にとっては輝いて見えるらしい。

山河も彼氏の岩井のことが大好きで、性的なことにも興味ないでもなく、また自分にそういう気持ちを抱いてくれていることを内心嬉しくも思っている。

それで、二人共決してチャラいタイプでもないのに、あまりにも相手のことが好きすぎて、公衆の面前で思わずキスしたり抱きついたりなんてのをついついやっちゃうつまりバカップル。

完全無欠なカップルだ。まったく隙がない。

本巻では、山河の受験が、二人の関係を変える一つの契機にみたいに描かれてもいるけれど、実際のところ別に何も問題なんて起きてないんだよな。周囲のフォローもすごいし。いや、わかるよ。なんか、別れたら見てるほうが凹む二人って感じするし。もしこの二人が別れたら人間はとりあえず滅びてもいいんじゃないの?ってくらいには軽く絶望しそうな感じ。

ページの3割くらいが真っ赤な二人。読んでいると甘酸っぱいとかそういうのを超えて、腹の中がムズムズしてくる甘痒さ。

今だから読めるなぁ。10年前に読んだら耐えきれんかったろうなぁ俺。読めるようになってしまったか俺。

カップル萌えはしないんだよな。お幸せに、とは思うのだけれど。あまりにもうまくいきすぎているからかな。この作者さんの作品はそこそこ読んできたけれど、みんなラブラブではあるが何かしら問題を抱えていたもんだが、この二人ときたら岩井が腹壊してるだけだもんなぁ。でも、じゃあうまくいかない感じになったり二人がみたい?と言われると、そら見たくないわなぁと思う。うーん。。。著者の他作品は1-2巻くらいで完結しているのが多いだけに、俺にはちょっと長かった、のかも。

これ以上ないくらいハッピーな話なのに、読み終わった後、なんか妙に考えこんでしまった。まだ絶望が足りないか。

スポンサーリンク