『フルチャージ!! 家電ちゃん』2巻感想:機械の機械による機械のためのラダイト運動

Amazon

2巻出たよ。どう見ても家電じゃないけど家電と言い張るフルチャージ!! 家電ちゃん。別に深遠なテーマとかなくて、ゆるっと楽しめるロボ子もの。以下大いにネタバレ。

フルチャージ!! 家電ちゃん | 少年ジャンプ+

スポンサーリンク

vs○ンバ戦、そうきたか

ネットでも読めるようだ。やると思っていたvs○ンバ。○ンバは俺も持ってるけど、本当に便利で可愛らしくてういやつよ。そんな○ンバがヒロト家に到着、アイちゃんライバル視してバチバチ火花を散らす!↓

ロボのロボによるラダイト運動 こんちき, フルチャージ!!家電ちゃん, 第2巻
機械の機械による機械のためのラダイト運動
こんちき, フルチャージ!!家電ちゃん, 第2巻

仕事をとられるのが許せんらしい。機械の機械による機械のためのラダイト運動だよ。なんという倒錯的な。○ンバの充電台近くに居座って充電させないアイちゃんと、戻ろうとして戻れない○ンバ可愛いw 充電させてあげて!

、○ンバに対抗して色々やらかすんだろうなぁとは思っていたものの、普通に対抗意識燃やすだけだと思っていたが…。なるほど、○ンバを自分とヒロトの子供に見立てるとは。その発想はなかったのぅ、面白い!○ンバを我が子に見立てて子育てモードに入っているアイちゃんむっちゃ可愛いやん。認知してよーってw

ライバル登場

個人的に、最初ん?と思ったのがアイちゃんのライバル、ケイちゃんの登場(ジェイちゃんもそのうち出るのか?)。これもネットで読める。あざとい話はネットで読める。

あんまり安易にライバル出すのもどうかなーと思ったものの、読んでみるとアイちゃんとは違う方向で可愛い。あざといけど可愛い。料理も作れるし完璧な性能。しかもアダ名を付けてもらっただけでころっと惚れてくれるチョロイン仕様。ただし、ヒロトにぞっこんになったことで性能は落ちたらしい。これは深読みすると示唆的である。深読みする必要はないが。

頭からっぽでニヤニヤできる

マシンものはどうしてもテーマ性を求めてしまう俺。この漫画にそんなこと求めてどうするんだ、とはわかっているんだけど。でも、そういう漫画ではないにせよ、完璧ではないが故に愛おしいアイちゃんとか、考えさせられるところもあるやんな。いや、考えるな感じろなんだけどさこの漫画は。そう、頭空っぽにして楽しむ。それが一番正しい

読んでいる間はなんか頬が緩みっぱなしの自分に気づく。こんだけ安心して楽しめるドタバタラブコメ、実はそうそうない。あざといはあざといけど、なんだかんだいって機械だっていうのが、いい具合にプラトニックで素敵なんだと思うわ。

3巻も普通に楽しみだし、この調子だったら、また新たなキャラでてもいいかなって。でもやっぱアレやってほしいな、ヒロトが彼女または彼女に準じる娘を作って、アイちゃんに「アイのほうが彼女より役に立ちます!」って言って欲しいw こんなおもろいロボ子がおったら、俺が女なら面白がって嫁に行くがなぁ。家事は料理以外しなくていいし。洗濯だって、手洗いでもちゃんとやってくれてるんだから、なんでもいいよな。むしろ傷まなくていいかも。

でもアイちゃんの一番の機能は、家事じゃなくて、コミュニケーションよな、真面目な話…老人ホームで働かせるのが、一番いいのかもしれない…ああなんか暗い気分になった。

別に美少女じゃなくていいから、ロボほしいなぁ……。

スポンサーリンク