『非リア充集団がクラスメイトを女装させて彼女にしてみた』感想

Amazon商品ページ

作・松本ミトヒ。2012年。

表題の話はだいたい半分くらい。また前作『クラスメイトの女装を手伝ったら可愛すぎて震えが止まらない件』の続き。そちらもオムニバス。前作の中でも一番印象深かった話、クラスメートに女装させて皆の共有彼女にするという強烈な話の続き。

俺がおかしいのか?という気分になってくる。以下感想。

共有されるヒロイン

いくつか男の娘ものを読んできたけれど、この作品が一番好きかもしれない。顔の可愛いクラスメートに女装させてみたら、それがあまりにも可愛いのでみんなで共有の彼女にしてデートやらなにやらして楽しんじゃおうという話なのだが、これはまさに男の娘じゃないとできないラブ(?)コメ。

共有されるヒロインなんて、ラブコメ的にはかなり厳しい属性のヒロインだけれど、これが男の娘となると妙な魅力を放っている。というのも、突き詰めると男同士であるし、また誰一人として同性愛を自認する人間がいない。だから、あくまで同性同士のお遊びであり、戯れなのだ。彼女がほしいけどできない男たちの夢を擬似的にかなえて、デートしたりバレンタインにチョコもらったり、自宅でちょっとエッチなことしたり。

ただ、それは多分に男の夢を爆発させている感じで、たとえリアル彼女がいたところで早々できるものではないものばかり。むしろ、映画一つにしてもラブロマンスなど好みじゃない映画ではなく、一緒に楽しめるものということで、気安い男友達と一緒に遊んでいるような感じである。

それは、ひょっとすると本物の女子よりも理想的かもしれない。ということで、ドンドンクラスメートたちは深みにはまっていき、また彼女役の子もみんなにちやほやされて楽しんでもらえるのが、まんざらでもない感じ。この踏みとどまっているけれど踏みとどまれていない感じが、実に倒錯的でありつつも素敵である。

それにしても、男の娘とプールデートを敢行した勇者には拍手。

残りの半分は別の話で、印象的だったのは、鏡に写った自分を見て慰める男の娘だろうか。あの話は少女漫画的ハッピーエンドではあったし、話自体はよくある感じかもしれないけれど、男の娘という要素が加わると新鮮だ。男の娘ものはなんだか妙に勉強になる。