『ISUCA』7巻感想:思ったより修羅場らない

ようやく7巻読んだ

Amazon

発売したのもうだいぶ前だが、ようやく読んだので。高橋脩のISUCA、この手のやつとしては、ヒロイン姉妹と主人公による三角関係っぷりが割とフィーチャーされているのが特徴だと思う。ヒロイン同士を恋愛的に直接競わせるのって、男向け漫画だと実はあんまり多くない気がする。前巻の引きから、今回はけっこう修羅場るんじゃないかと期待したのだが…思ったほどでもなかったか。以下大いにネタバレ。

スポンサーリンク

割といつもどおりだった

6巻の終わりが、朔耶と須世璃のどっちかを嫁にせぇよ、嫁にせんかったほうは追放やで、どっちも選ばんかったらどっちも追放やで、という究極の選択を真一郎に迫るなかなか強烈なものだったので、本巻はちょっと期待していた。

特にこの漫画は、男向けでは珍しくヒロイン同士が対立する漫画なので。しかも姉妹。別に仲が悪いわけではないが、胸中に複雑な想いを抱えた姉妹関係は、実に人間臭くていいし、一人の男を取り合うのも面白い。そのあたりがさらに加速するかな、と思ったり、また、個人的に真一郎はあまり好感度の高い主人公ではないので、ここらで一発悩むがいいとか思いつつ読んだのだが、蓋を開けてみると良くも悪くもいつもどおりであった。

真一郎は特に何かしらの決断をするわけでもなく、朔耶と須世璃の間でも特に何もなく。というか、どうも朔耶でも須世璃でもない奴が真一郎の真名を知り、なんだかんだで有耶無耶になるのでは、と思わせる感じだ。、正直この条件で真一郎が決断を下せるとも思えないし、そうなりそうな気がする。それにしても、もう少し葛藤があってもええのに。

で、早々に真一郎襲撃事件からの拉致事件ときて、議題は一旦おあずけ、真一郎さんは敵地でまたさらに女作りました、みたいな。うーむ。、別にストーリーを楽しむような漫画でもなかろうということはわかっちゃいるんだが…。

絵がすごく綺麗になっているのもあり、サービスシーンのお色気度は上がっている。おっぱい柔らかそう。だが必然性のないローアングル、パンチラは減っている気がする。何を考察しているのか俺は。

ところで真一郎的には、やっぱり須世璃より朔耶なんかねぇ。俺は須世璃派ではあるが、素直過ぎるくらいに不満をぶつけてくる朔邪のほうが、付き合うのは楽そうだなと思う。真一郎は性格的には須世璃相手でも問題なさそうに思えるが。個人的には、カップリングとしては魅力が微妙なので、いっそのこと姉妹ハーレム決めて欲しい。

スポンサーリンク