『変女』6巻感想:純愛ラブコメはじまるよ、そして流河はどこへいくのか

Amazon

作・此ノ木よしる。まだ聞いてないけどドラマCD付き限定版買いました。白泉社の電子書籍新巻遅れの悪習は相変わらず。

卑語連発しているだけで、意外と純情な純愛ラブコメ。オブラートの包み方がいやらしいだけで、やっていることはうぶうぶなピュアラブなんだこれが。カップリング感はそんなにないけれど、カップル感はすごく強い。いいね。

実は純情だよねという評価が作中でも固まりつつある千子に対し、むしろお前が変態だよねみたいな扱いされつつある流河姫……。変態というか、痴女だね、この子。亮にぃからは完全に脈なし過ぎるが、当て馬で終わらずむっつりさんとしてキャラを確立する。流河は多分エロい人妻になれると思うよ……。

以下6巻感想。

流河はもうダメだ覚醒編

この漫画のメインヒロインは当然表題にもある甘栗千子だとして、サブヒロインもそこそこ。特に流河は幼馴染系妹キャラで、一癖も二癖もある千子と違いストレートに可愛らしく、もし高村が千子のところに転がり込まなければ、普通に流河とどうにかなっていたんじゃないのかなと思わせる。そんでもって、それはそれでうまくいくカップルではあるだろう。

が、高村は流河のことを恋愛対象として意識しないまま、千子と出会って、強く惹かれるようになるので、この漫画の流れにおいて流河はもう当て馬としか言いようがない。最初こそちょっといい感じにもなったが、4巻で大晦日に、高村は流河との約束を破って千子と一緒に過ごすことを選んでおり、この時点でラブコメ的には決着がついている。高村は割と純情かつ一途なので、もうこれは覆るまい。

ということで、まさに当て馬系幼馴染としての役目を無事終えたのであった。桃木でさえ高村と絡めば多少千子から嫉妬を買うのに、流河に対してはもはや千子もノーマーク。完全に安牌扱い。

流河が亮にぃから異性としての愛情を受けるのは絶望的であり、そろそろ本人も亮にぃは千子に惹かれているといい加減自覚している……こうなってはラブコメのヒロインとしてもう完全に死に体。どうするのかなーと思いきや、オタサーの姫、そしてちんこ大好きむっつりさんという新たなキャラを獲得してソロデビュー、本巻において完全に覚醒。千子に唆されたとはいえ、割とガチで男子風呂除いて高村と杉田のアレのサイズを確認しようとしたり、杉田のアレをガン見して触るかどうかむちゃ悩んだりと、もう完全にアウト

だがなるほど。純愛の枠に捕らわれなければ、相変わらず亮にぃのことを諦めきれなくても、アプローチのしようはある。サークルの部長や、杉田と妙な雰囲気を出しても全然OKだ。だってむっつりさんだから…。もうちょっとやれば痴女にクラスチェンジできるね。そこまでいくかどうかはわからんが。だがあからさまな痴女よりは、むっつりさんとして進化してほしい。

流河は人妻になってから真モテ期来るよ多分。

実は純情

むっつりさんとして花開く流河を尻目に、千子はむしろ実は純情だよね、という評価を固めていく。これはまったくそのとおりで、千子は卑語やきわどいことを躊躇なく連発させる変女ではあるものの、その貞操観念は案外固い。そして下ネタの皮を剥げば、その先には純情がある。これは高村も同様で、本巻最後のやりとりなどまさにそれ。

亮「妹だと思ってたら お前に勃起するわけないだろ!!」
千子「…ふーん いいですよ 勃起するの 許可します」

ここに至る流れとして、高村が桃木に懐かれてちょっと面白くない千子が、「何人妹を作る気だか」と珍しく毒づき、ご丁寧に自分は"三親等内"ではないアピールを始める。これはつまり、わかりやすく結婚を意識した言葉になるが、高村はもちろん千子も無意識ではあろう。そして、高村が千子を妹にしたいなんて思わない、と言ったうえでのやりとりが上記。で、手を繋いで帰る。

つまりこれは告白みたいなもんだ。それを下ネタで包んでいるだけで、本質は中学生のような初々しさ、甘酸っぱい青春である。

完全にカップル

すごくカップル感があって、これはもう俺によしなんだけれど、妙なことに、カップリング感はさほどでもない。なんてーかな、お互いがお互いを受け入れており、お似合いのカップルだなとは思うんだけど、お互いの存在がお互いに影響を及ぼして化学反応が起きている、という感じではないんだな。

主人公含め、キャラ自体はいいと思うんだけど。『こみっく☆すたじお』の相原や、『SE』の丘よりも、高村はいい主人公してると思うし。でもヤングアニマルって、そういう萌え的なカップリングよりかは、単純にお似合いのカップルってイメージかもっていうか、ふたりエッチのイメージだけど 笑。

まだけっこう続きそうな感じだし、今後の進展に期待やなぁ。