『変女』10巻感想:すっかり恋女

Amazon

作・此ノ木よしる。2018年10巻。ついに2桁おめでとうございます。

面白いよね。後になればなるほど面白いのは、やっぱり理想的なラブコメだからかなー。千子はもう変女ってか恋女だね。めっちゃ可愛くなったわ。

割と一途な千子に対して、フラフラ浮つく流河が愛らしい。危なっかしさを見ていると、たしかにこの子は高村と血筋的に同じものがあるんだなぁと思う。高村の良き友人である杉田は、この家系と相性が良いのかもしれない。

以下10巻感想。

スポンサーリンク

可愛くなった

ほんと可愛くなったなぁと思う。千子。いやまぁ、最初から可愛かったやん、と言われればそのとおりなのだけれど、当初の千子の可愛さは見た目の綺麗さと下ネタを躊躇わないギャップが魅力の変女であった。1巻読み直すと、その素っ気なさに「あーそういえばこの子こんな感じだったわ」と驚く。高村に胸鷲掴みにされても割と無反応。尻にたったアレをグリグリ押し付けられるとちょっと興奮する。ひでー話だ 笑。

それはそれで、魅力的ではあった。しかし現在の恋する乙女、恋女な千子の魅力はその比ではない。やっぱりラブコメは恋してなんぼなんだなぁ。そりゃそうか。時々、鈍感主人公ならぬ無感性ヒロインみたいなのがいて、いつまでたっても恋愛的な心情・素振りを見せず、そうこうしている間に恋するサブヒロインに人気を掻っ攫われるという作品もあるが、ありゃ本当に誰得というか。しかもそういうのに限って、作者さんのメインヒロインへの思い入れが強かったりして、主人公補正ならぬヒロイン補正が働いて読者のヘイトを買う悪循環があったりなんだり。

本作も、もし千子が一貫してただの変女であったら、流河にいろいろ持っていかれた気がしなくもない。が、千子は割と最初から高村のことは気に入っていて、話が進むにつれ変が恋に変わりゆく様はまぁ可愛いよねっていう。

作者さんは他作でもカップルを描いていた人なので、その点は安心して読んでいられた。本作が特に良いなぁと思うのは、高村がけっこう好きで、俺。滲み出る童貞感がいいよな。不器用で必死な感じがね。今回の、つい独占欲出しちゃった感じとか、おまえ彼氏でもないのになんだよって思うけれど、そこで千子の「分かってますよ 高村さん」の返しがね……まぁいいわけだ↓。

このシーンは本当によかった……。この千子は、本作で一番の俺的ヒットかもしれない。この表情、初期では絶対にありえなかったわけで。10巻にわたる関係性の上で初めて成り立つもので。

このときの高村の言葉は、彼氏的な独占欲をなんか父性めいたもので言い訳しているようで、もはや自分でも何言ってんだかよくわかんないだろう、ちょっと情けないくらいのものだったけれど、別に千子を縛り付けたいとかそういう意図があるわけではなく、結局のところ好意を伝えようと必死だったわけだ。

好きだって一言言えば済む話ではあるだろうけれど、それが言えない関係なんやね。それは多分千子にとってもそうで。そうして、わかってますよ、って一言、微笑む。これはもう、完璧やなぁと。この関係性がたまらなく俺によし。

流河は問題ない

ということで、高村と千子が今回もイチャイチャしていたのでそれで俺としては十分満足。まぁさすがにそろそろ告白イベントが発生してもいいんじゃないかと思う気持ちはあれど。

そうすると当て馬系幼馴染となった流河はどうなるんだという話だが、彼女は彼女で独自路線を大暴走しているので問題ない。ってか順当に杉田だよね。

まぁ流河は杉田がいいわな。しっかりしてるし。この危なかったしさが杉田的には気になって仕方ないだろうし。高村ともそんな感じで友情築いていったのだろうし。ああ、ドラマCDは興奮する高村と流河がよかったなぁ。また特装版でドラマCDやってくれないかしら。

関連するかもしれない記事

他の記事

変女〜変な女子高生 甘栗千子〜 の記事

此ノ木よしる の記事

カップル系 の記事

スポンサーリンク