『ギリギリアウト』4巻感想:まさかの大宇宙モテモテ…だがしかし全員当て馬だっ!…よね?

Amazon

4巻出たー。楽しみにしてたよ。

この漫画はヒロインが失禁する漫画として有名なんだろうけど、それ以上にイマドキ珍しいくらい王道なドタバタラブコメよ。しかも限りなくカップルのイチャラブに近いうえにヒロインだけじゃなく男主人公の造形もうまいっていう文句なしのラブコメ。

なんだが、まさかの大宇宙モテモテ展開にマジで?表紙そういうことかいな。以下感想。

全員当て馬だっ!……と思うんだけど

ちょっとびっくりしたのが、黒部はちょっとそれっぽい展開になるかな?という予感はしていたものの、まさか琴美に黒部の取り巻き・奈川渡までとか。さらに留学生・エマまで登場(しれっと味噌川退場に笑う)ってどういうことやねん!黒部が多少引っ掻き回しながらハナとイチャイチャする感じだと思っていたんだけど。突然ライバルが大増殖して焦るハナだが、ソラから「家に呼べる友達」という特別なポジションを与えられて大喜び可愛い↓。

ソウマトウ, ギリギリアウト, 第4巻
ソウマトウ, ギリギリアウト, 第4巻

このように、ハナはソラにとって一番特別な存在。永遠もそれがわかっているから、ガンガンハナちゃんとくっつけようと画策。っていうか休日に姉弟でショッピングってほんと仲いいなこの姉弟

とにかくハナ以外全員当て馬なのは間違いないのである。特に琴美なんて一話退場。エマもソラに好意はあるが恋愛感情ではなさそう。気になるのは黒部と、特に奈川渡か。

二人共、別個にハナと友人関係を築くのはいいし、また黒部がソラくんを憎からず思うのもわかるし、ハナのジェラシー煽れて物語にも面白くなるとは思うけど、まさかの奈川渡。奈川渡のソラに対する好意が、今のところ物語的には特に何もはたらいていないという。

ハナのジェラシー煽るだけなら、黒部と琴美・エマだけで十分だったろうし、ということは、今後奈川渡が絡んでくるはず?それはちょっと、どんな感じになるのか想像つかんなぁ。表紙にすら選ばれてないし。

ヒロイン増やすよりか、黒部との話を膨らませて欲しかった感はあるが、そうすると相対的にソラとハナの特別さが薄れてしまうから微妙なのかもしれない。あくまでハナとその他、という位置づけが大事なのかも。ヒロイン増えて一番存在感が薄れたのは多分黒部。サブヒロイン枠が増えて、一人あたりの濃度が薄まった感じ。

内堀は完全に埋められた

一方ハナはメインヒロインの面目躍如で、まさかまさかのフィアンセ宣言。家族ぐるみかよ!完全に永遠の策略通りといったところか。というか、主人公とヒロインの家族が全員出てくるって、すごくいいと思う。徳山家大集合の図とかとても好き↓。

ソウマトウ, ギリギリアウト, 第4巻
ソウマトウ, ギリギリアウト, 第4巻

この家族を見ているだけで楽しい。徳山家だけで話が作られてもいいなと思うくらいだ。

そして家族全員、子供の恋を後押しってこれもうラブコメ的にむっちゃおいしいよね。現実に親に絡まれたら無茶苦茶ウザいと思うけどラブコメはそうファンタジーだからね。いいのいいの。やっぱり賑やかなほうが楽しいよ。大人が入ることで、世界も広がるしね。

というわけで本巻もとてもおもしろかったのだけれど、ただ一つ残念だったのは、今回は主に女子組が動いていたせいで(失禁描写もマシマシ)、ソラくんがイマイチ目立たなかったことかなぁ。この漫画のいいところの一つに主人公の造形があると思うから、ソラくん次は頑張ってほしいな。フィアンセ騒ぎは、ハナからは回答を出した。次はソラくんが答えを出すんだろう?まだ回答してないからね。ここまで流されっぱなしのソラくんが、これからどう動くのかに期待。

……もしかして付き合って終わりとか……そこだけ心配なんだけど、これ付き合ったらやることなくなりそうやしなぁ……どうするんやろ……。