『f人魚』1巻感想:ギャグ色強めだがラブコメの香りもする

G3井田, f人魚 1, 2013

かぐや様のスピンオフ、かぐや様は語りたいが面白かったので作者買いシリーズ。本作はBL好きの人魚を中心としたすれ違い系の喜劇な漫画。全3巻で完結している。

本作はラブコメではあるが、ギャグ色が強いのと、BLネタが多いところが人を選ぶ。多分今後ラブコメ的な展開が増えていくのだろうと思われるが、1巻時点ではちょっと微妙。そしてカップリングがまだ若干わからないところがある。

雰囲気的には、ギャグ分強めの徒然チルドレンという感じ。群像劇ではないけれど。話のテンポとか、雰囲気がね。以下1巻感想。

スポンサーリンク

ギャグ色強めだが…

かぐや様は語りたいが俺の中で大ヒットしたが故に作者買い。古本でGetしたのだが、帯にお買い得ワンコインとなんだかあまり嬉しくない宣伝のされ方をしている。まぁ漫画はもはや消費物かもしれないのだが、もう少しよい書き方をしても罰は当たらんのではないか…。

本作はBL好きの人魚が主人公で、魚類フェチの男たちやその片思いな幼馴染を翻弄する。設定自体は非常にラブコメ的であるものの、なにしろ主人公のメロがその方面にはからっきしであるので、結果として1巻時点ではギャグ色が強い。

しかし、ギャグ漫画として面白いかと言われるとなんとも微妙である。澪二と辰水の一挙一投足をメロがBL変換して大盛り上がり、またその発言を澪二とメロの関係だと勘違いした辰水がその大胆発言に大慌て、というパターンが繰り返されるのであるが、この手の勘違いネタは、勘違いした結果を読み手側が共感をもって面白がれないとなかなかしんどいところがある。

なので、BL好き(メロ目線)やメロの大胆発言(たとえばメロが辰水に言ってほしいセリフ「先輩…早く…先輩のが欲しいんです…っ」を実演する様など)を見て盛り上がれるタイプならば、まぁまぁ楽しめると思うのだが、俺はそのどちらでもないので、まぁ微妙な気持ちで読み進めていたわけだ(教授がメロの正体に勘付いたのでは、と考えた澪二と教授のやりとりは、澪二の必死さが感じられてちょっと面白かった)。

舞台装置はラブコメの香り

思春期サァカスも前半妙にギャグ色が強かったけれど、純粋にギャグとして見ると正直ちょっと微妙なんだよなぁ。。。まーギャグは合う合わないも大きいから、しゃあないっちゃしゃあないんだけれど、もうちょっとラブコメ色全面に押し出してほしい感はある。

実際、片思いの幼馴染、先輩の恋人と知りながら(違うけど)惹かれてしまう後輩など、ラブコメしやがれと言わんばかりの舞台設定ではあるし、後々の作風を考えるとそれは期待してよいことに思えるので、続きも読むつもり……というかもう全巻getしているしな。ちょっとまだカップリングが確定してない感じもするけれど(多分澪二と七瀬、辰水とメロじゃないかと思うんだが……教授はクララw)、はてさてどうなるかねー。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です