『ディーふらぐ!』92話感想:超久々の水!正統派にラブコメしてる気がする、しかも切ないなんとなく

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

最新話来てた。超久しぶりの水回…と言っていいと思う。桜は本当に不思議な立ち位置にいるな。ギャグ漫画の中で、しれっとさりげなく一人だけ恋愛漫画やっているように見える。之江っちは兄貴と桜の関係をどう思っているんだろう。

今回の桜と風間兄妹による奥深い心情風景は、正統派なラブコメしている。なんかやるせない。でも桜好きだな、俺。以下感想。

スポンサーリンク

露店対決

相撲に引き続き、今回は露店対決。やけに本格的な肉屋の屋台と売上勝負。身一つで乗り込んできた風間たちに、なんの事前通告もなく。いったい何を売れというのか。普通にひどい。ということで、これには風間はもちろん、勝負相手の女子も、事前通告ナシだったことについて高不動に「ハタちゃん鬼!?」と非難轟々。

なんやかんやあって結局勝負を受けることにはなるのだけれど、それにしても、ここで普通にこれはあんまりだろとツッコミが入るところがいいよな。めちゃくちゃな設定と展開の中で、やけにリアルで生活感のある、生々しい感覚によるツッコミっていうのが、非常にこの漫画らしい。やっぱこの感じ好きだわ。このへんの匙加減がうまいギャグ漫画って、そんなに多くない。

桜と風間兄妹のやりとりの奥深さよ

でも、今回の見どころはやっぱり桜の微妙な心境と風間兄妹かなぁと。唐突な露店対決で売り物に選ばれたのは、世界中を旅してきた桜のお土産である世界の名水。桜に差し出された水を風間は一口飲んで、思わず「うめぇなこの水!」と叫び、これが売り物になると感づき、早速桜に了承を得て売るのであるが、この時のやりとりがギャグ漫画らしからぬ繊細さであった。

芦花「お水売れますかねぇ」
風間「金持ちは水買うだろ それにこれ世界の名水なんだろ?」
桜「え?」
風間「いいよな」
桜「…はい」

この三点リーダはギャグ漫画ではなくラブコメのそれである。そして、その様子を見た之江っちの反応がまた奥深い↓。

春野友矢, ディーふらぐ!, 第92話

これでイケる!と一気に騒がしくなった人たちを余所に、一人桜を気遣う之江っち。横目で一言「いいの?」。このコマにある"間"がギャグの"間"ではないことは明らか。

状況が状況とはいえ土産物を売るのはあまり褒められた行為ではない。まして好意を込められたものであればなおさらである。そして、その好意に恋愛的感情がないでもないだろうということを、之江っちは察している。

之江っちの桜に対する感情は複雑だ。これまでのことから、桜に対するちょっとした蟠りもあるし、またブラコンの気もある之江っちにとって風間に彼女ができることは必ずしも歓迎すべきことではないかもしれないが、それでもなお、桜に対する個人的な友情の気持ちが芽生えてもいる。本心では風間にちゃんと飲んでほしいのではないかと思うものの、代案があるわけでもないし、また一応桜は了承の返事をしている以上、何か言えるものではない。一言、「いいの?」と本心を窺うのは、その場で之江っちにできた唯一の気遣いなのだろう。

それに対して桜は返事をしない。少なくとも返事をする描写は描かれない。これはやはり、あまり面白くはないのだと受け取らなくてはならんだろうな。

そんで、その二人のやりとりに、風間はさりげなく気づいている。つまり、桜の本心を風間は理解しているのだろうが、それでもなお桜の水を売りさばく。桜の気持ちより、目の前の勝負を優先したと言える。

皮肉なことに、風間のそういうところが、桜の好きなところでもあろう。だからこそ、大方の水を売ってから、バツが悪そうに土産を売り物にして悪かったと謝罪する風間を、快く許すのだろう。そして「先輩飲んで美味しいってくれたから」目的は果たせたと笑う桜は、今までで一番のいい笑顔。

まるで恋愛漫画

そうなんよなー、この漫画はほとんどギャグなんだけれど、なぜか桜関係の話に限っては、シリアスをそのまま突っ込んでくることがある。序盤に風間に喧嘩売ったのもそうだし。アニメ見てないんだけれど、桜関係の話は軒並み削られているという話を聞いて、ああ…と思った。桜の話はちょっと浮いているから、扱いづらかったんだろうなぁ。。。

ギャグ漫画の中で一人だけシリアスに恋愛漫画している感じがとても不思議で、それが俺には妙に面白い。仮部でも一番掴めない性格しているところも含めて魅力的だ。だから俺、桜はすごく好きなキャラで。あんまり報われなさそうではあるが…妹ポジション名乗ってるのもちょっと切ない。

……などとギャグ漫画で長々と深読み上等。でも多分にラブコメ入ってるとはいえ、ギャグ漫画としては不思議な立ち位置のキャラだと思う。

関連するかもしれない記事

他の記事

ディーふらぐ! の記事

春野友矢 の記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です