『ディーふらぐ!』89話感想:乳ネタ中心なのにいやらしく感じない不思議、そして芦花の外野感…

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

89話来てた。そしてページの芦花が持っているキーホルダーっぽいのが高尾と船堀であることに今頃気づいた。この漫画の2大ヒロイン…芦花……。

今回から聖立川女学院編。女学院なのに出て来るのがほとんどいつものモブ野郎たち。ってか入るだけで一話使っている。中とか之江っちとかけっこうみんなきてるね。以下感想。

スポンサーリンク

乳ネタ

聖立川女学院ということで、再び高不動編ということか。けっこうみんなぞろぞろ来ていて、賑やかになりそう。中たちも来てるし、之江っちも来てるし。ただ外野の外野まで参加しているのに、仮部女子面子がいないのは何故だ。しれっと次から途中参加する可能性もあるが。

高尾と高不動が話の中心ということで、乳ネタが多い。こんだけ乳ネタやられるといやらしくなりそうなもんだが、この漫画の場合不思議とそんな感じがしない。これみよがしのバストアップとかないからかな。どちらかというと、小学生が下ネタで喜んでいるような無邪気さがある。

バストをバストで吹っ飛バストとかな。もうこれ絶対言いたくて仕方なかったんだろうなぁ…笑。この「バスト」という言葉、男向け漫画では自分の知る限り、ゆうきゆうの漫画(マンガで分かる心療内科など)くらいでしか見ない。実際ゆうきゆうの漫画に出てきそうなネタである。

実際のところ、胸がでかいというのは女同士の間では何か心理的な序列に変化があるものなのだろうか。男同士の場合、アレがでかいとそれだけでなんだかすごいような感じがするが、そういうのが女にもあるのだろうか。このへんの感覚はわからんね。どちらかというと男で言う身長に相当しそうな気がするが。

最後はさりげなく風間と手を繋いだうえ「絶対逃さないから!」とか言って赤面しているあざとい高尾で終わり。相変わらずおいしいところ持っていくヒロイン。でも帯に「クラッシュのたすきでスラッシュ……」ってあるけどスラッシュしてないよね断固抗議。

……ということで、この後の展開として、再び高尾vs高不動、実況中継はみんなのツッコミ風間でお送りします、という感じがひしひしとするんだけれど、この漫画のメインヒロイン・芦花が既に外野感半端ない。もう玉砕覚悟でパイクラッシュ参加して地球の果てまで吹っ飛バストされるくらいのことをしてほしい。頑張れ芦花。

関連するかもしれない記事

他の記事

ディーふらぐ! の記事

春野友矢 の記事

ハーレム系 の記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です