『だがしかし』6巻感想:ほたるルートきたりする?

Amazon

作者・コトヤマ。相変わらずほたるさんエロい。

いつにも増してほたるさん大活躍だった気がする。今までの巻だとほたるのいない回が割とあったが、今回は過去回想の短い1話くらいで、後はほぼ出ずっぱり。その一方で、レギュラー4人組とヨウさん以外はほぼ出番なし。ここにきて面子が絞られるとは。

さらに、今まで一切の進展らしい進展がなかった、ほたるココノツ間に動きが……?ちょっと意外だった。いや、意外でもないのか?ほたるルートきたの……?

以下6巻感想。

スポンサーリンク

ここまではサヤがラブコメ担当だったが

駄菓子を真正面から取り上げて、ノスタルジーに頼るのでもなく、今を生きる駄菓子漫画として描かれた稀有な漫画・だがしかしもついに6巻。こんな漫画はもうお目にかかることはないだろうな。

この漫画はもちろんヒロインのほたるがエロ可愛いのが第一ではあるのだけれど、あまり主人公・ココノツとの恋模様を想像させるような感じではなかった。ココノツがほたるのことを意識していることはちょくちょく描かれるものの、思春期の男子で、こんな可愛い女子が急に日常の中に現れたら、意識しないほうが無理な話、第三者的にはそりゃそうだろうねくらいのもんで、ラブコメ的にはココノツの幼馴染・サヤとの間のほうが要注目であった

この漫画におけるラブコメ担当は主にサヤだったように思う。ココノツにわかりやすく恋している姿がたいへん可愛らしく、ほたるのストレートなエロ可愛さとはまた別の需要を満たしてくれていた。そんなわけで、ラブコメ脳的に俺もどちらかというとサヤ師推しで来たのである。

とはいえ、ココノツとほたるがちょいちょいといい感じになる話もないではなかった。またほたるが迫る選択は、ココナツにとっては人生の選択でもあり、単発ギャグ中心で、日常駄菓子漫画であるこの漫画に、物語としての奥行きを持たせてもいた。その決断に、そこはかとない青春の香りを含ませることで、ラブコメ的にもおいしい、目が離せないものになっていたわけだ。

が、ほたるの言うように駄菓子屋を継ぐことは田舎に残ることでもあり、ほたるの意志に沿うことが必ずしもほたると結ばれることに繋がるわけではない。むしろ見方によっては、ココノツ自身の夢である漫画家を目指す道よりも、サヤルートに近いかもしれない。

というわけで、ちょいちょいいい感じになることはあっても、やはりココノツとほたるの間に何かある、とも思えなかったのが本当のところだ。

特別な感情もあるんだろうか?

なので、今回のほたるとの別れ(?)の回の話は、ちょっとびっくりした。どうも、ほたるはシカダ駄菓子店を離れることになったようで、別れをココノツに告げる話のようだが……。

コトヤマ, だがしかし, 第6巻
コトヤマ, だがしかし, 第6巻

むちゃロマンチックやん。なにこれ。この漫画で、この二人でこんなんなるとは思わんかった。びびる。

単に別れを告げるだけなら、いくらでも場の作りようはあったはず。ココノツとは色々な思い出があっただろうし、できれば二人だけの場を設けて、そこで別れを告げたいという気持ちもあったろう。

だが、それだけなら何もあんなロマンチックな舞台を(偶発的とはいえ)用意することもなかったろう。それも、ほたるは直接二人になろうと訴えるのではなく、どこかココノツの気持ちを試すようなやり方で、二人きりになっている。つまり、ココノツからの夏祭りの誘いを、「二人で?」と問いかけたことだが、これはココノツに気持ちの選択を迫っているわけだ。

ココノツの性格上、夏祭りに二人きりでほたるを誘うなんてことは現段階においてはまずないだろうし、またあったとしても、それであればうっかり忘れるはずもない。後でほたるが「二人に謝っておいてくれるかしら」と言っていることからも、ほたるはそれがデートの誘いでないとわかっていたことは明白。にも関わらず、ココノツに真顔で「二人で?」と問いかけたのは、ココノツに選択させたのだといえる。遠藤兄妹との約束を破り、自分と二人で夏祭りに出かけるという選択を。そこに思春期の男女の機微がないはずはない。

まだ、ほたるの気持ちはわからない。でも、少なくともココノツが自分に特別な感情を抱いていることは、ほたるはわかっているようだ。でなければ、この問いかけはできないだろう。また、かなり自覚的にこの場を作っていることから、ほたる自身にもまったくその気がないわけではないのだろう、と思う。ココノツよりも少しだけ大人の位置から、悪戯っぽいお姉さんによる、まんざらでもないロマンスの演出。ここまで、ほとんどそういう色恋とは一線を画してきたほたるなだけに、驚き。

この日を境に、ほたるは姿を消すわけだけれど、ホームランバーの当たりを託したことは、明白に再会を予感と意志を感じさせる。しかもそれがホームランバーの当たりだなんて、漫画のテーマにも沿っている、なんて小憎い演出。

うーん、なんか普通にときめいてしまったぞ。まさかココノツとほたるさんでときめくとは思わなんだ。ほたるルートきたの?サヤ師はどうなってしまうのか。遠藤兄妹、なんとなく察してるような感じが見受けられる。夏祭りに来なかったことも、あまり言及していなさそうだし。先むっちゃ気になる……まさかこの漫画の続巻がストーリー的に待ち遠しくなるとは思わなんだ。ってかほたるさん抜きで駄菓子をどう扱うのか!?7巻!早く!

スポンサーリンク