『ちこたん、こわれる』5巻感想:ラブコメパートからの日常エロコメ……うむー

Amazon

前巻の怒涛のラブコメ展開から、どうなるかと楽しみに5巻を手に取ったが……。うーむ……。

ラブコメパートはいったん終了し、その後に始まるエロコメ。うーむ。カオスなのは変わらず。

作者の前作イモリ全巻注文して届いたのでパラパラ眺めたが、なんとなく作者さんのノリがわかったようなわからんような……。でもアレやね、エロいね、それは間違いない。

以下ネタバレ感想。

スポンサーリンク

ちこたんそりゃないぜ

ちこたんの真実(?)を知った桜坂の悩みからの、猫屋敷の告白とキス、さらにそれを目撃したちこたんの脱走!ちこたんを追いかける桜坂、決意を新たに、ちこたんを見つけてどうするのか!

……という展開、とてもわくわくしたんだが。本巻で、桜坂がちこたんを捕まえて、ついにちこたんに告白したところは、最高潮だったのだが。その返答が……。

ちこ「恋人とか彼女になりたいとかの好きとはちょっと違うけど 亮平のことが大好きだよっ…!」

空気が凍りつく。ここまできて、そりゃないべ。亮平のみならず、これにはその場にいた猫屋敷とミュウも衝撃。

ただ、ちこも本当に亮平を異性として意識していないというわけではなく、単にこれまでヒキコモリすぎていた故に恋愛沙汰について疎さMAX、故に猫屋敷と亮平の熱烈なキスに拒絶反応が出たというオチ。なので、本人が意識していないだけでそれは異性愛的なもの考えてまず違いなく、実際猫屋敷がじゃあ自分と亮平が付き合っても良いのかと問いかけると、それは嫌だという。

そりゃ……ここでちこがOK出したら話が終わっちゃうのかもしれんし、亮平もちこが合成音声でも構わないと吹っ切れるのもなんだか早すぎで、実際のところちゃんと吹っ切れているのかもよくわからんし、ミュウが言うような、妹に対する愛情のようなものなんじゃないのか、というのはちょっと無理があるような気がするものの、ちことちゃんと向き合ってるかどうかは、微妙なところっちゃそうかもしれんが。

ただこう、猫屋敷可哀想。だってここまできたらもう時間の問題やん。遠からず亮平とちこはくっつくやろ。後はちこが自分の感情にいつ気づくのかって話で。でもこんな宙ぶらりんな状態じゃ、諦めるにも諦めきれず。なまじっかいい子だから奪い取る未来も想像つかんし、ピエロ化確定というかなんというか。最初のほうは、ちこの正体がよくわからんから、最終的に猫屋敷ルートもあるかと思ったけど、ミュウの反応みるに問題なさそうやしなぁ。うーん。

そして始まるエロコメ

モヤモヤしつつもラブコメパートはいったん終了。その後は再び日常パートになり、3巻くらいまでに見られたような痛ましい描写は影を潜め、ナンセンス風味のギャグも少なくなり、またまた百合分を含ませつつ、純粋にエロコメ的なノリになる。ちこたん、こわれない。時には主人公・ヒロイン不在だったりして、群像劇チック。このノリがこの作者本来のノリなんだろうかと、前作のイモリをパラパラ眺めつつ思う。

うむーー……亮平・ちこのラインは多分盤石なんだろうとは思うし、最終的に決着もつけるんだろうけれど、あまりあれこれやらず、そこを中心にやってほしいなぁ……というのが正直な感想ではある。6巻出たら、買うけどさ。

ところでやたら長い各話のサブタイトルけっこう好き。リズムというか語感というか。

スポンサーリンク