コンテンツへスキップ

Amazon

作・氏家ト全。2008年1巻より、6巻は2011年。

毎日少しずつ読み進めている。ネタが8割方下ネタであるにも関わらず、下品な感じがしない。直接的なお色気シーンがほとんどないからだろうか。ネタもあまりどぎつくはないし。

一応ヒロインいっぱいで、主人公の津田はなんだかんだ複数名の女子に気に入られているようなので、ハーレムものに分類されるかもしれないが、ラッキーすけべもなければ直接的なラブコメ話もないので、設定的ないやらしさを感じない不思議。

こういう漫画がきっと長く楽しめる漫画なのだろうね。以下4-6巻感想。

... "『生徒会役員共』4-6巻感想:直接的ではないだけに味わい深い" を続けて読む

Amazon

作・氏家ト全。2008年1巻。とりあえず3巻まで読んだ。

単行本1巻はもう10年も前だが、2018年現在でも新刊が出ている息の長い漫画。継続は力なり……。実際、コボちゃんのごとくゆるく楽しめる漫画と思う。

女子校が共学化して男女比1:20のハーレム状態……というあれまぁな設定であるが、特にせくしぃな展開があるわけでもなく、ただひたすら下世話な会話劇が繰り広げられるという、ありそうでない感じ。

ラブコメ的にはどうなんだろね。3巻までだと、あまり感じさせるところはないけれど(時々あるけれど)、そのうち露骨に絡めてくるんでないのかなぁと思っている。以下1-3巻感想。

... "『生徒会役員共』1-3巻感想:ゆるゆると下世話" を続けて読む