コンテンツへスキップ

Amazon

作・桜井のりお。2017年19巻にて完結。1巻が2007年なので10年以上やったことになるのか……お疲れ様でした。……ひとは、ササエさん時空じゃなかったら連載始めの矢部っちと同い年くらいやん。びびるわ。

最終巻は特に矢部ひと分強くてとても俺得だった。以下18-19巻(最終巻)感想。

... "『みつどもえ』18-19巻(最終巻)感想:最後の矢部ひと祭り" を続けて読む

特に矢部ひと分はなし

Amazon

一度読むのをやめていたみつどもえを、また読んでみるかなと、14-16巻読んでみたら、案外楽しめたので、17巻も買ってみた。矢部ひと分なく残念だった。以下三十路。

... "『みつどもえ』17巻感想:矢部ひとないから三十路でも語る" を続けて読む

言い訳できない

Amazon

この巻すごいわ。ついに映画館デート…教え子の女児と休日に映画館…捕まったら言い訳できないよね。っていうかついに親バレ?以下大いにネタバレ。

... "『みつどもえ』16巻矢部ひと的感想:親に挨拶して映画館デート…矢部っち逮捕待ったなし" を続けて読む

豪華三本立て

Amazon

ほぼひとはが主人公くらいに目立っている15巻。矢部っちとの話も多めでしかもディープ。主には276卵性のドッキリ、277卵性の水泳、そして284卵性のハロウィンあたりの絡みが濃厚か。以下大いにネタバレ。

... "『みつどもえ』15巻矢部ひと的感想:見たの!?矢部っちのアレ見たの!?" を続けて読む

ついに読むの再開

Amazon

みつどもえは13巻でいったん読むのをやめていたが、ついに読むの再開。17巻も購入済み。以下矢部ひと視点で感想。

... "『みつどもえ』14巻 矢部ひと的感想:まるで空気のように" を続けて読む

矢部ひとそれは大正義

我ながら本当にどうでもいいことで悩んでいるなぁと思うが、みつどもえをまた読みなおすかどうかで悩んでいる。既刊16巻、本棚見ると13巻まであるので、だいたい単行本3冊分くらいは遅れがある。

元々ギャグ漫画として読みだしたが、割と早々に萌えの方向に舵を切って、それは功を奏したのは周知の通り。そして、俺にとっては矢部っちとひとはのカップリング、矢部ひとが残った。以下ネタバレ有。

... "『みつどもえ』といえばやはり矢部ひとなんだが" を続けて読む