コンテンツへスキップ

Amazon

作・赤坂アカ。2018年9巻。

石上巻。表紙の通り。野郎向けラブコメ漫画の表紙で野郎のツーショットとはやるな!

石上がなぜ会長に恩義があると忠義を尽くしているのかがわかる巻。そして伊井野が石上を邪険にする理由がなんとなくわかる巻でもあり、石上が伊井野に執着する理由がなんとなくわかる巻でもある。

これ作者さんやりたかったんやろなぁ。ラブコメでこれができるって、すごいことやと思うよ。

以下9巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』9巻感想:ラブコメで主人公の友人ポジションの話で巻の半分使える確かなベース" を続けて読む

Amazon

作・赤坂アカ。2018年8巻。ラブコメとして頭3つくらい抜けている気がする。もう8巻なのに、いまだ最初の数ページで妙に引き込まれてしまうのはなんなんだ。ラブコメの定石を用いながら、常に一枚上をいくのは作者さんの引き出しの多さと高い発想力そしてセンスの賜物か。

白銀とかぐやの間で既に頭脳戦はほとんど行われておらず(サブタイ後悔してそう)、いかに自分が納得できる形でイチャイチャするかに全力が注がられている。なんてハッピーなんだ。

そして石上くんはやっぱアレなん、伊井野なんかね。わかりやすくマイナスとその反転材料が散りばめられているのだが。個人的には藤原さん推しだったんだけどなー。藤原さんはマスコットなのか…。

以下8巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』8巻感想:この漫画が続いている間は生きようと思った" を続けて読む

Amazon

作・赤坂アカ。2017年7巻。

幸せをありがとう……。

……何言ってるんだ俺。

もうただひたすら会長とかぐやがイチャイチャしてるだけっていうね。ありがとうございます、ありがとうございます。でも二人の悪い顔があまり見られなくなったのはちょっと寂しい気もする。

もういい加減付き合えばいいのに…というか、実質的にはもう付き合っているような関係になっていると思うが、そういうわけにもいかないのは、かぐやの特殊な環境もあるのだろう。

今一番のラブコメじゃなかろうか。以下7巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』7巻感想:続きを読むために生きようと思う程度には幸せになれるラブコメだった" を続けて読む

Amazon

ちょっと前に6巻の感想を書いて、白銀とかぐやのイチャイチャっぷりに悶えたことを書き連ねたわけだが、またちょっと別方面の感想を書く。

主に石上とかぐやの話について。主人公の男の友人と、ヒロイン(こちらも主人公だが)の絡みという、昨今の野郎向けラブコメにおいてはヒジョーに珍しい話。これができるところが、凡百のラブコメ漫画とは違うところだ。

あと早坂についてもちょろっと。以下6巻感想再び。

... "『かぐや様は告らせたい』かぐやと石上の話が出来るのはこの漫画のすごくいいところだと思う" を続けて読む

Amazon

作・赤坂アカ。2016年1巻、2017年6巻。野郎向けじゃ今一番勢いがあるラブコメじゃなかろうか。集英社は電子書籍1ヶ月遅らせやがるので、紙媒体で買っちゃった。でも紙ならカバー裏も楽しめるしね…(電子書籍のカバー裏省略は本当に許されざる)。まさかのいらすとや進出。

表紙 笑。モブカップル出してくるとは思わなんだ。しかもこいつら全然出番ない。

さすがに5巻の花火大会ほど劇的な展開はないものの(あのレベルの話を毎回されたら胸焼けするけど)、最高に楽しい幸せになれるラブコメ。白銀とかぐやだけじゃなく、みんな素敵でそれぞれが関係築いているのがいい。特にヒロインのかぐやと友人ポジションの石上の話を描けるのは、野郎向けのラブコメとして稀有だと思う(でもこの漫画は女子も普通に楽しめそうな気がする)。

白銀の竹取物語論が素敵過ぎて俺悶絶。白銀が完全にかぐやのヒーローだけれど、かぐやも待つだけの女じゃなかろう。今後の展開にもすごく期待しつつ以下6巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』6巻感想:竹取物語の素敵解釈に悶絶。幸せになれるラブコメ。読み終わるのがつらい" を続けて読む

Amazon

作・赤坂アカ。2017年5巻。集英社は電子書籍版1ヶ月遅らせるのやめてくださいよー…。我慢出来ずに本買ったわ。注文したその日に届いてビビったわ。Amazonさん半端ないです。

ついにかぐやと会長のツーショットが表紙に!会長決め顔だけど内心ドッキドキなんだろうなぁ 笑。この漫画の表紙は最初からこの二人のツーショットで決めてほしかった。

うーん最高すなぁ…脳が溶ける…ふやける…今読んでる中で一番勢いがあるラブコメ。

以下5巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』5巻感想:なにこのラブコメ脳汁垂れる" を続けて読む

Amazon

作・赤坂アカ。1巻2016年。4巻2017年。

この漫画、ラブコメとしてここ2,3年で一番好きかもしれない。読み終わるのがつらかった。

ギャグの勢いは相当落ちているし、会長もかぐやももはやポンコツぶりを隠さないけれど、その分ラブコメ分がマシマシで俺によし。

あと石上くんめっちゃ好きだよ?

以下4巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』4巻感想:ニヤニヤのオンパレード!" を続けて読む

Amazon

作・赤坂アカ。ラブコメ度めちゃ上がってる。

1巻では白銀・かぐやで終わるとは限らないみたいなことを書いていたけれど、それ以外の終わりが見えない。1巻時点では二人のナルシズムが強調されていたものの、今は互いに相手を思いやり尊敬する気持ちのほうが目立っている。早くくっつけばいいのにと思う程度にはカップル感強い。

読み終わるのが悲しくなったので、間違いなく良質のラブコメ。以下2,3巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』2,3巻感想:ナルシズムの上をいく愛、もはや理想的なカップルでは" を続けて読む

Amazon

作・赤坂アカ。

負けるが勝ちの恋愛勝負を、頭のいいバカ二人が繰り広げる青春。第一印象は一発ネタっぽいと思ったが、これがうまいことマンネリ化して飽きさせず、面白い。

専門用語などを駆使して雰囲気作りをしていることもあり、やってることはアホなのに、妙に高尚な雰囲気を漂わせることに成功している。それでか、二人の関係はアンブローズ・ビアスの「悪魔の辞典」の「結婚」を想起させた。曰く、結婚とは「二人の主人と二人の奴隷」。まさにそんな二人なのだが、この二人の場合は決して冷笑的にそう言われる関係ではなく、むしろハッピーでニヤニヤできて楽しいのが素敵だ。

以下1巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』1巻感想:二人の主人と二人の奴隷を地で行く、お似合いのカップルだと思う" を続けて読む