コンテンツへスキップ

Amazon

作・春野友矢。2018年13巻。表紙は水だが存在感も水…でもなくそこそこ活躍している。キャラが多いから、各キャラの活躍頻度が年に1回くらいなのはしゃーない。もう少しペース上がってくれたらなー……。

高尾は安定のヒロイン枠。船堀も。船堀は出番の割に目立つね。芦花はもうちょっと頑張ろう。

オマケは高尾姉妹の話。高尾話が多いだけに、比較的ラブコメ度高かったかもしれない。以下13巻感想。

... "『ディーふらぐ!』13巻感想:みんな可愛い" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

105話きてた。最近涼しい日がちらほらでてきたね。また夏が終わろうとしている。この世界の夏はいつまで続くのだろうね。思えばこの1日の話だけでもう三ヶ月かかっているのだな…。

しかし盛りだくさんの1日ではある。今回は高尾vs船堀の静かなる女の戦いが拝める。前のゲーム以来か。結局勝負着かなかった

以下105話感想。高尾vs船堀ということでラブコメ濃度はけっこう高い。やっぱりラブコメはいいなぁ。……芦花……?

... "『ディーふらぐ!』105話感想:高尾vs船堀。外堀を埋める高尾、攻める船堀、空気の芦花" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

104話きてた。前回の稲田に同棲バレしてからの続きで、舞台は仮部だけれど実質的に高尾部長と稲田回。っていうか稲田回。多分、この子めちゃくちゃ書きやすいんだろうな、作者的に。

そして驚くべきことにゲームしている。相変わらず製作はしていない。以下104話の感想。

... "『ディーふらぐ!』104話感想:ゲームしてる…" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

二ヶ月ぶりに103話きてた。本家ゲーム部の話。これ部活としては非常にハイレベルな気がする。特に文化系の部でこれだけ本格的に夏休み活動している部は珍しいんじゃなかろうか。ちょっと羨ましい。桜ヶ丘くんは男子制服のほうが可愛いと思う。

ということで今回はお久しぶりの高尾劇場。もう完全に本ヒロインやんこの人。風間は声だけ出演。何をどうしたらあんな会話になるのか…。芦花はなにしてんだろ?きっと何もしてない。以下103話感想。

... "『ディーふらぐ!』103話感想:高尾が完全に風間家で嫁ポジション築いている" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

102話きてた。

今回はなんと中のハーレム回……いや、中・千歳回。なにげにこの二人すごい好きなんよね。最初の流れで「これは千歳来るか?」と思ったので、千歳登場したとき嬉しかったわ。

それにしてもここにきて新キャラ2名追加とは。二人ともまたちょいちょい出てきそうな感じするね。以下102話感想。

... "『ディーふらぐ!』102話感想:まさかの中ハーレム" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

101話来てた。タイトル「んっまー!」押切蓮介チック。この漫画の更新かかるともう一ヶ月たったのかと思う……。

夏真っ盛りだよ。何年かけてひと夏過ごしてるんだこの漫画。夏でも黒ストの芦花。ん?前回しれっと普通に学校あったような…まぁ時系列はどうでもいいか。

なにげになんちゃって修羅場チックでラブコメ的においしい回かもしれない。以下101話感想。

... "『ディーふらぐ!』101話感想:ちょびっと修羅場風味" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

100話きてた。おめでとうございます。なんとなく予想してたけどモブしか出てない 笑。

コミックアライブのオフィシャルサイト覗いたら表紙やん。すんごい特別小冊子ってなんだろう。そしてコミックアライブ買ったことないから知らんかったけど、この漫画って巻末漫画ポジションなんやね。それやったら長く続きそうー。続いてほしいー。そしてペースを上げてほしい……そしてもう一回アニメ化してほしい……………。

以下感想…というかアライブの雑感?

... "『ディーふらぐ!』100話感想:これからも末永く続いてほしい" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

99話きてた。何故か連日過去話が更新されていて、もうずっと最新話が更新されない状況が続いていたので、久しぶり。

之江っち話、一区切りついたかと思いきや続いていた。堅次が必要以上に介入しようとしないのがいい感じだわ。そして必死なつむぎと割と他人事な芦花。

以下99話感想。

... "『ディーふらぐ!』99話:之江っちほんと愛されてんな" を続けて読む

Amazon

作・春野友矢。いまさらながら、9巻特装版に付属しているOAD(Original Animation Disc)をGetして視聴。あと原作ドラマCDIIを聴いたら一通りかな…。

舞台は水争奪戦。アニメで基本出番を削られまくった桜回であり之江っち回であり兄妹回。予算の関係なのか、他ドラマCDと同じくモブの出演が全面カットなのが寂しい。

基本的には桜が可愛い。可愛いんだが……。この子はもっと面倒臭いヤツだと思うんだがどうだろう。以下OAD感想。

... "『ディーふらぐ!』9巻特装版OAD感想:水がやけに可愛い、のだが…" を続けて読む

Amazon

原作・春野友矢。2010年ドラマCD。脚本はまよチキ!のあさのハジメ。

ディーふらぐ!のドラマCDはアニメ化前と後で分かれているのだが、こちらはアニメ化前。なので、内容的には初期の雰囲気。

音声媒体であることを利用した、けっこうチャレンジングな内容。元がギャグ系なだけあって、制作側もかなり自由度高くやれたのかもしれない。

初期組ということもあって、出番があるのは仮部と高尾と愉快な中。やっぱりモブなしだけど、今回は気にならない構成。ラブコメ分はほんのりと。以下感想。

... "『ディーふらぐ!』原作ドラマCD感想:少人数モブなし、ラブコメ分ほんのり" を続けて読む