コンテンツへスキップ

作・松本ナミル。2018年6巻。なんかオリジナルアニメのBD付き限定版もあるようだが、さすがに4,500円は手が出ない。アニメはそんなものかもしれないけれどさ……。

いつの間にやらこの漫画も6巻。表紙が彼女じゃなくて幼馴染の雫だけれど、相変わらず一番可愛い気がする。なんだったら彼女より彼女っぽい感じがするのはどうなんだろうか。本巻では微妙に敗北系幼馴染の切なさも感じさせつつ。

でも全体的には安定したラブコメ劇場。下ネタのギャグも好みのところあり、面白かった。以下6巻感想。

... "『僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件』6巻感想:安定の下ネタラブコメは純情を添えて" を続けて読む

Amazon

原作・椿いづみ。2014年アンソロジー。原作がそうなので、ほとんど4コマだが一部ショートコミック形式のもあるアンソロジー。

原作者自ら筆を取っており、読者的にはサービス精神たっぷりでよろしいのだが、モノマネ大会の本物さん登場みたいになってしまい、クオリティの差が歴然としてしまっているのは悲しい。

えらくAmazonの評価悪いけれど、そんな悪くないと思う。。。アンソロってまぁ公式同人みたいなもんだし、薄い本だと考えれば規格外に厚くて安いんだし、こんなものかと…。以下感想。

... "『月刊少女野崎くん アンソロジー』感想" を続けて読む

Amazon

作・イチヒ。2018年3巻。

主に20代なラブコメオムニバス。本作は基本的にヒロインのほうが変わっている。野郎のほうは割と普通な感じなので、カプものというより変わったヒロインを愛でる感が強いかもしれない。ちょっと寂しい。可愛いけどさ。

とはいえニヤニヤ必至。公園の二人が好きだなぁ。以下2,3巻感想。

... "『おとなのほうかご』2-3巻感想:ほうかごをください" を続けて読む

Amazon

作・ろぴこ。2016年1巻2017年3巻。

基本、表紙の二人がイチャイチャするだけのアレ。まぁこの手の奴はハズレないよね、ラブコメ好き的に。世界がこんなんだったらいいのにね。

状態としては付き合う前だが、いろいろと難ありなお二人なので、付き合ってからでも延々と話を続けられそう。

会話劇が中心で、それはいいんだが、そのネタがマイナビウーマンあたりで取り上げていそうなコテコテの男女論だったりするのは、ちょっと辟易とするところもあり、特に最初のほうはそんなネタも多かったので、正直ちょっと微妙に思っていた。そのわかりやすい男女対立の果てにあるウブい恋心がポイントなのだとは思うけれど…。

まぁでも、3巻終わる頃にはなんだかんだニマニマしながら眺めるようになっていた。以下1-3巻感想。

... "『僕と君の大切な話』1-3巻感想:同じだから惹かれるのか、違うから惹かれるのか" を続けて読む

Amazon

作・ゆずチリ。2017年全5巻。

終わってしまった。まぁでも、これくらいでちょうどよかったかもしれない。ヒトヨシとシノブ以外は、カップルできそうでできなかったしなぁ。というか、カプとしてはヒトヨシ・シノブ以外は微妙だったしなぁ。1組だけならこんなもんだろうか。。キャラ単体では、サスケが一番よかったな。

ああでも、やっぱり、もうちょっと続いて、関係を先に進んでほしかった気もするなぁー…。以下最終巻5巻感想。

... "『忍者シノブさんの純情』5巻(最終巻)感想:最後までイチャイチャするよ" を続けて読む

Amazon

作・鯨川リョウ。2018年5巻。無料だった1巻読んだ後長いこと放っていたが、5巻の表紙が期待できそうな感じだったのでまとめてget。

おー、これは、イチャラブ系だったか……なるほど。しかしやー、なんていうか、色々な意味で節操がない感じ。で、この作者さん、元々そっちの人みたいね…しかもジャンルが、おう、だから主人公の友人のイケメンが一番色気あったんだな、と妙に納得。性にまつわるデリケートなネタが割とデリカシーなさげに連発されているあたり、もうナチュラルに感覚狂っているような気もするし、これが先進的なのかもしれん、という気もする。このへん、ラブコメとしては爬虫類というネタ以上に好みがわかれそうな気がする。メイン登場人物の半分くらい性倒錯抱えてねえか。いや、別にいいんだが。

しかし美味しんぼより説明長いのは、もはや学研まんがの域であるなぁ。以下2-5巻感想。
... "『秘密のレプタイルズ』2-5巻感想:ユニバーサルにイチャイチャしている" を続けて読む

Amazon

作・ゆずチリ。2015-2016年2-4巻。既に全5巻にて完結している。

少しずつ毎日の楽しみに読んでいくつもりだったのに気づくと最終巻一歩手前まで読んでいた。例によってただイチャイチャしているだけなんだけれどそれがたまらなく楽しい。疲弊した俺の心を癒やしてくれる……。

割とシノブよりヒトヨシのほうが変わり者な気がする。

そして忍者要素がますますどうでもよくなってきた。以下2-4巻感想。

... "『忍者シノブさんの純情』2-4巻感想:めっちゃ良かったのに特に言うことがない日常系ラブコメの極致" を続けて読む

Amazon

作・ゆずチリ。2015年1巻。2017年全5巻にて既に完結。完結……。俺の知らん間に始まって、俺の知らん間に終わっていたんやね……。そっか……。

うん……まぁ、好きだよな、うん、どうせ俺は好きだよ俺は。こういうの。好きやけどさ。おう。

まーこの作品も、例によってサイトの検索履歴から知ったんやけど、皆色々知ってるんやなぁと……5巻で終わってるんやね……そっかーー……。

まー…そりゃ、ニヤニヤしたさ。もう。いちゃラブ最高やね。うん……もっと早く知りたかったね。以下1巻感想。

... "『忍者シノブさんの純情』1巻感想:むっちゃニヤニヤした" を続けて読む

Amazon

作・此ノ木よしる。2018年9巻。電子版おまけはちょっとした2ページショートショート。

なんだか千子よりも高村のほうが危ない奴になっているのは気の所為だろうか。まぁ最初から挑発に乗って見せつけるやつではあったけれど。

何にしても、相変わらずイチャイチャしていてよかった。高村と千子が確定的なためか、杉田のほうがハーレム系主人公っぽくなってて笑う。流河とくっつくかなと思ったけど。流河は割と全方位でフラグたてているのでどうなるかわからんね。杉田だと思うんだけどな。

以下9巻感想。

... "『変女』9巻感想:今回もイチャイチャしていて癒される" を続けて読む

Amazon

作・いみぎむる。2018年9巻。

表紙のすば子はともかく、後ろのコレちゃんは完全にダークホース。でもちょっと正統派過ぎるか。

しっかし、なんかもうこの漫画このまま100巻くらいまで続けられるんじゃないかって、そう、こち亀並に。この何もなく心地よい日常を永遠に見ていたいと思わされる。以前はそろそろ進展してもいい頃じゃね?とか思っていたけど、もうこのまんまでもいいよ素晴らしき箱庭世界。

以下9巻感想。

... "『この美術部には問題がある!』9巻感想:このまま延々と続いてほしい" を続けて読む