コンテンツへスキップ

もうスピンオフ

氷点下の彼女に何かようかい - 漫画 - ガンガンONLINE | SQUARE ENIX

ガンガンオンラインで、高津カリノの「俺の彼女に何かようかい」のスピンオフになる「氷点下の彼女に何かようかい」が新連載で始まっていた。俺の彼女に何かようかいの、親世代の話。親のラブコメとかこの世でもっとも見たくない知りたくないものの一つだと思うけど、そこはそれ、二次元なので大丈夫。

... "『氷点下の彼女に何かようかい』新連載始まった" を続けて読む

Amazon

高津カリノといえばラブコメラヴァーズには間違いのない作品を描いてくれる有難いお人で、珍しいガチのお役所漫画なサーバント×サービスも読もう読もうと思ってずっと積読状態のだったのだが、ようやく読み終わった。

... "『サーバント×サービス』をようやく読んだ。一宮兄妹と千早に癒やされる" を続けて読む

おうこれはウザくん

例によってAmazonプライムビデオで、僕らはみんな河合荘のアニメをちょくちょくと見ている。アニメ4話を見た。そういえば河合荘の序盤ってこんな感じだったなぁと思いつつ、今回序盤の山場である宇佐くん暴走話、あーあ、あーあ、と言いながら見ていたよ。なんというウザくん。

... "『僕らはみんな河合荘』アニメ4話:宇佐くんの最高潮なウザ時代について" を続けて読む

ソウマトウ, ギリギリアウト, 第1巻
ソウマトウ, ギリギリアウト, 第1巻

↑自分の膀胱を信じるんだ!どんな形であれ支え合う男女は美しい。支えあってはいないか。

尿意が我慢できない呪いをかけられたヒロインと、その尿意を鎮めることができる(とヒロインから信じられている)男主人公の、失禁系ボーイ・ミーツ・ガールなラブコメ。というと変態っぽいが、実はフェチ要素はそれほど強くない。それよりも、この漫画は純粋にラブコメとして面白い!久々に良いラブコメ見つけられて嬉しいわー。

... "『ギリギリアウト』ヒロインが失禁するとか関係なく面白いラブコメ" を続けて読む

Amazon

女子高生と一つ屋根の下でキャッキャウフフなイチャイチャライフ。ただしJKは変態さん。…と見せかけてかなりウブでピュアだと思う。なにげにカップル系いちゃラブものっていう。

... "『変女〜変な女子高生 甘栗千子〜』見た目は変態、中身はピュア的な" を続けて読む

此ノ木よしる, SE, 第2巻
此ノ木よしる, SE, 第2巻

↑巨乳で制服のJKにオッパイ押し付けられながらペアプログラミングしたいだけの人生だったIT系エンジニアおよびその予備軍のための漫画。なおJKは天才で変態の模様。

... "『SE』巨乳の制服JKに胸押し付けられながらペアプロしたいだけの人生だったITエンジニア集まれ〜" を続けて読む

Amazon

脳細胞がほとんど死滅している故か、正直ゲームルールについてはあまり把握していないものの、ボーイ・ミーツ・ガールっぷりが素敵なので楽しみにしているNOT LIVESの9巻読みました。

ヒロインの天宮鏡花は可愛いのにボコられヒロインで、その手のが好きな人にはさぞウケがええやろな。今回もいいボコられっぷりでした。そんでもってけっこうなファザコン娘なんやねこの子。それで結局父親と同じタイプの男の子と一緒になるわけだ。

以下ネタバレ感想。

... "『NOT LIVES』9巻感想:今回も天宮はいいボコられっぷり" を続けて読む

植芝理一, 謎の彼女X, 第1巻
植芝理一, 謎の彼女X, 第1巻

↑年頃の男女が「日課」と称して行う毎日の儀式、その始まり。彼女が指につけた自分の涎を彼氏にくわえて舐めさせるという、フェチズム極まった描写。この1コマで「くる」人は「くる」はずで、そういう人のためのラブコメ。今まで読んだ中で、一番衝撃を受けたラブコメを一話挙げろと言われたら、俺はこの謎の彼女Xの第0話を推したい。

... "『謎の彼女X』ラブコメが全部ある" を続けて読む

なかとかくみこ, 塩田先生と雨井ちゃん
なかとかくみこ, 塩田先生と雨井ちゃん

↑男向けラブコメには絶対にないシチュエーション壁ドン!それが平然とある割と女性向けっぽいが男受けする教師×生徒な学園ラブコメごめんなさい。往年の高橋留美子な感じ?少女漫画的でありながらラブコメ好きをがっちり掴む。ところで何故か読みながらすいませんと呟いてしまったんだけど何がどうすまなかったんだろう俺。

... "塩田先生と雨井ちゃん:何故かすいませんと言いながら読んだ何故だ誰に謝ってるんだ" を続けて読む

Amazon

表紙からして既に最高

一番好きなラブコメは何?と言われると困るんだけど、一番衝撃を受けたラブコメは何?と言われたら、俺は読み切り版(第0話 )謎の彼女Xを挙げる。俺にとっては特別な作品だったから、完結したのは一年以上前だったけれど、最終巻である第12巻を、ずっとずっと積読状態にしていた。なんとなく、最終話を読んでしまうと本当に終わってしまう気がして。いや終わってるんだけどさ。

でも、なんとなく読んじゃったよ。ついに。こういうのって、ほんとなんとなくの勢いだ。そう勢い。勢い大事。そんであれな、もう十年やってたんやね。そういやあの頃は俺もまだ学生だったよ。以下ネタバレ含感想、雑感。

... "『謎の彼女X』12巻(最終巻)感想:10年かけて普通の彼女になった感慨" を続けて読む