コンテンツへスキップ

作・松本トモキ。2009-2013年全6巻完結。

絆が可愛くて、絆が可愛いまま終わった。6巻まで続いたけれど、特に最初から何も進展していないように見えるのがすごい。最初から最後まで、槇と絆がイチャイチャしているのを見て楽しむ漫画だった。ただ、百合分が後半やけに強かったのはちょっと気になった。男の娘漫画の百合はどうにも雑味だと思うなぁ。

以下4-6巻(最終巻)感想。

... "『プラナス・ガール』4-6巻(最終巻)感想:絆が可愛くて絆が可愛くて絆が可愛かった" を続けて読む

Amazon

作・松本トモキ。2010年3巻。

男の娘な思春期漫画、第3巻。特にこれといったことが起こるでもなく、日常系ラブコメ漫画の普段が描かれる。槙と絆ただひたすらイチャイチャする。どこからどう見てもカップルだし、周囲からも"お似合い"の太鼓判を押されるばかり。さらにラブコメ伝統の恋人の振りデートまでやってのける。でもヒロインは"男"。

印象に残ったのは絆の"胸"。男の娘の矛盾って、股間より胸にある気がする。

しかしこの漫画、いったいどんな風に落とすんだろう。以下3巻感想。

... "『プラナス・ガール』3巻感想:男の娘の”胸”という曖昧な矛盾" を続けて読む

Amazon

作・松本トモキ。2009年1巻、2010年2巻。

久々に男の娘漫画。美少女少年とかいう謎の魅力にやられて爽やかイケメン好青年が道を踏み外していく。

ヒロインの男の娘・絆が魅力的なのはもちろんだが、そんな絆に惹かれつつも、それを認めることができない主人公・槙の葛藤が面白い。ジャンルはやっぱり男の娘だと思うが、直接的なサービスシーン等はあまりなく、どちらかと言うと(男の娘ではない)主人公の心情風景に重きが置かれており、腐海を泳ぐ淑女の方々にも受けそうな気がした。

男の娘漫画と言ったそばからアレだけれど、男の娘漫画の一言で済ませるのはちょっと違うかなとも思っている。以下1,2巻感想。

... "『プラナス・ガール』1-2巻感想:曖昧でふわふわした自己が眩しい男の娘な思春期漫画" を続けて読む

Amazon

作・林哲也。2016年1巻。もう2巻出ている。

今を時めくTSラブコメだが……想像以上に面白かった。エロスを全面に打ち出しているやつってほとんど地雷なので、あまり期待していなかったんだが、この作品は面白い。

TS、幼馴染(TSと男の娘は幼馴染もの多い気がする)、三角関係、ちょっとだけ人外、そしてソフトエロ……いろんな属性をぶち込むだけぶち込んで、しかもそれが機能している。恋愛要素あるからとりあえずラブコメって言っとけみたいなやつではない、れっきとしたラブコメで好感触。

以下1巻感想。

... "『みだLOVE♪』1巻感想:TSとかエロスとか抜きでも純粋にラブコメとして面白い" を続けて読む

Amazon

作・香椎ゆたか。2017年1-2巻。

表紙の子は新キャラだけれど、表紙に抜擢されているということはつまりそういうことだね。どこを押さえているんだ。

1巻に引き続き、TS初心者の俺にもゆるく楽しめる、ラブコメまじりの愉快な漫画だった。主人公・南の今を全力で楽しむ様が好ましい。人生こうありたいものである。以下2巻感想。

... "『まじとら!』2巻感想:今を全力で楽しむその姿が素敵なのだと" を続けて読む

Amazon

作・香椎ゆたか。2017年1巻。

男子高校生が魔法少女になって女の子を満喫する話。主人公の男が男子高校生らしいアホさを兼ね備えた爽やか助平だからか、この題材にも関わらずあまりいやらしさを感じないあっけらかんとしたTSもの。

しっかりヒロイン(幼馴染の女の子)もいて、変わり果てた幼馴染の容姿と言動に戸惑う様子がまた面白い。TSとか男の娘ものって幼馴染もの多い気がする。

TS初心者の自分も楽しんで読めた。以下1巻感想。

... "『まじとら!』1巻感想:男子高校生が魔法少女になったら触って喘いで決め顔自撮り!" を続けて読む

Amazon

作・森下真央。2014-2015年全3巻。

パンチの効きすぎたタイトルのTS系異色幼馴染漫画も最終巻。表紙がマジですか!?という感じでどうなるかと思いつつ読んだらカバー裏…。

そういえばボクガールも幼馴染ものだったか。そんなに多くを読んだわけじゃないが、男の娘ものにも幼馴染ものが多い気がしていて、なんでだろうと思っていたけれど、本作はその解答例なのかもしれない、とか思った。どうしてもTSが目立つけれど、本質的には幼馴染ものなのかも。

Amazonの内容紹介によると、4巻で臨海学校の予定だったらしく、これで最終巻なのは残念。しかしあの内容紹介は誰視点なんだろう。

以下3巻最終巻感想。

... "『幼なじみは女の子になぁれ』3巻(最終巻)感想:男でも女でも幼なじみはいいよね" を続けて読む

Amazon商品ページ

作・松本ミトヒ。2012年。

表題の話はだいたい半分くらい。また前作『クラスメイトの女装を手伝ったら可愛すぎて震えが止まらない件』の続き。そちらもオムニバス。前作の中でも一番印象深かった話、クラスメートに女装させて皆の共有彼女にするという強烈な話の続き。

俺がおかしいのか?という気分になってくる。以下感想。

... "『非リア充集団がクラスメイトを女装させて彼女にしてみた』感想" を続けて読む

Amazon

作・吉田悟郎。

萌え語り漫画ということらしい。ここ数ヶ月で、いわゆる男の娘ものをいくつか読んでみた自分としては、男の娘萌えとはなんたるかの答え合わせみたいな漫画だった。

やはり男の娘は異性愛の範疇なのだなぁと思った。そして元来の男の娘好きであるだろう著者は、余すところなくその魅力を漫画内で語り、特にTSと男の娘の違いは勉強になった。

ただ、TSと男の娘の違いは力説されているが、男の娘と女装男子の違いは触れられていなかった気がする。そこが気になったのは、俺がラブコメラヴァーズだからだろう。カプ厨的にはそこが一番大事なので。

"オトコ"の娘とカタカナ表記なのは拘りを感じられるが、特に解説もなかったので、当サイトの慣例に従い男の娘と表記(もしかして業界(?)では"オトコ"表記がスタンダードなのだろうか?)。

以下感想。カプ厨的に男の娘はどうなのかということも交えつつ。

... "『オトコの娘ラヴァーズ!!』感想:男の娘とはなにかの学習漫画" を続けて読む

Amazon

作・森下真央。2巻2014年刊行。

幼馴染を女の子にして愛でる狂った漫画。…が、1巻時点では案外と健全で、設定の割に無邪気なギャグ漫画と思ったのだが、この2巻になってだいぶ見方が変わった。

ギャグ調ではあるものの、徐々に精神が女化していき、さらに幼馴染も今までのようにからかうだけでなく、時には女であることを意識し始めている…。これは……なるほど、TSってのはこういうものなのか……。それでいながら、男としてのラブロマンスもある。。うむ。。

以下2巻感想。

... "『幼なじみは女の子になぁれ』2巻感想:徐々に精神が女化していく…!" を続けて読む