コンテンツへスキップ

Amazon

作・若林稔弥。2017年10巻。気がつくと積読。

青春爆発系漫画にも色々あるが、この漫画ほどこっ恥ずかしいという言葉が似合う作品もそうあるまいと思う。読んでいて、何か心臓がむず痒くなるような心地になることしばしば。文化祭ってのはやっぱり一大イベントなんだなぁ。

カップル乱造漫画だが、カップル同士の関係もそれぞれあって、人物相関を把握するだけで一苦労だ。というかできてないわ。

学校生活がフィーチャーされたことで、昔のダダ甘から甘酸っぱい寄りになってきたような感ある。以下9-10巻感想。

... "『徒然チルドレン』9-10巻感想:心臓がむず痒くなる青春の交錯" を続けて読む

Amazon

作・若林稔弥。2012-2013年全2巻。

発育不全なお嬢様・みちると、ツン分強めのツンデレ家庭教師・榊のいちゃラブ系ラブコメ。基本的にはイチャイチャしているだけなんだが、榊のツンが中々にツンなので、そこで人を選ぶか。好きな人は好きだろう。

ツン強めのツンデレヒーローが描ける男作者は稀有じゃなかろうか。以下全2巻感想。

... "『恋するみちるお嬢様』感想" を続けて読む

Amazon

作・若林稔弥。2015年1巻より2017年8巻。今回、今までで一番楽しかったかも。

最初の体育祭は甘過ぎてえげつなかった。えぐい甘さ。甘い、というか、小っ恥ずかしい。

修学旅行編はダダ甘なんだけど意外とこっ恥ずかしくないというよりはなんだか郷愁にも似た憧憬を感じる。男風呂でアレ見せ合ってうぇいうぇい言ってる……。

そんでやっぱり砂川戸田が好き。今回は出番があってよかった。渾身のデレ。以下8巻感想。

... "『徒然チルドレン』8巻感想:色とりどりの甘々をくらえ" を続けて読む

Amazon

作・若林稔弥。2015年1巻、2017年7巻。アニメ化するそうで、おめでとうございます。このジャンルは中々アニメで人気出るの厳しい印象だけれど、頑張って欲しい。

正直言うと全部の話を楽しめるわけじゃないんだが、それはこの漫画が似たような話を集めていると見せかけて実はそうでもないということでもある。その中でも、相変わらず、互いに多分好きっぽい気がするどうしよういけるかなどうなんだおいみたいな、微妙なラインの駆け引きにもなっていない駆け引きが楽しい。

ただ今回個人的に好きめの人たちがあまり出番なくて悲しかった。砂川戸田とか巻末おまけ漫画だけだったし。でも戸田の嫉妬顔珍しいのでよかった。

しかし香取先輩は人間なんだろうか。以下7巻感想。

... "『徒然チルドレン』7巻感想:相変わらず超絶小っ恥ずかしいところを攻める攻める" を続けて読む

Amazon

作・若林稔弥。今回が最終巻。略称が「僕姫」だったと後書きで知る。後書きで略称知るパターンちょくちょくあるわ。

前巻の感想で昔ながらの喜劇みたいって書いたけど、最後までそんな感じだったよ。意図してそうなったわけじゃないと思うけれど、結果的に2時間くらいの演劇チックな作品に仕上がっている。終わりはまさにフィナーレ!って感じでした。

以下感想!

... "『僕はお姫様になれない』3巻(最終巻)感想:フィナーレ!古典的恋愛劇でした" を続けて読む

Amazon

作・若林稔弥。作者も認めるドロドロの2巻。王子・玲の二人が中心なのは間違いないと思うが、そうするとそれ以外が全員泥沼で叶わぬ感じになるのでは……。

ヒロインいっぱいの1巻よりも男女ツーマンセルのこの2巻のほうが、やはり「らしい」感じがする。

ヒロインがいわゆる男装の麗人という設定のせいか、結果的に同性愛的要素が多少強い。

そして本筋にまったく絡まない、まんま徒然チルドレンの戸田・砂川なヘンゼルとグレーテルがいい味出しすぎている。やはり群像劇的なのが得意なのだろうか。

以下2巻感想。

... "『僕はお姫様になれない』2巻感想:昔ながらの喜劇な感じ" を続けて読む

Amazon

作者は徒然チルドレンの若林稔弥。いい感じでB級ラブコメ感満載やね。

ほぼ全編すれ違いネタ。

以下1巻感想。

... "『僕はお姫様になれない』1巻感想:すれ違い三角関係は王道なのだが" を続けて読む

Amazon

ふむ……。爆発漫画6巻感想。本巻については、だいたいどのカップルもなにかしらの進展があったような気がする。

元々角砂糖の塊を口ん中にぶっ込むような漫画だが、さすがに胸焼けしてきたかも。いろんなカップルいるから、多分作品内でも好き嫌い別れるだろう。ただ傾向的に、しつこすぎるとキツイ気がする。なんというか、甘苦しい。あと読んだときの俺の体調による影響

以下感想。

... "『徒然チルドレン』6巻感想:お気に入りは砂川・戸田の表情筋死亡カップル" を続けて読む

Amazon

相変わらず爆発が爆発を呼ぶテロ漫画なのだが、今回は失恋を思わせるネタもあり、砂糖と生クリームをそのまま口に突っ込んでくるような作風の本作も、さすがにちょっと変化が?

以下感想。

... "『徒然チルドレン』5巻感想:さすがにちょっと変化球?" を続けて読む

Amazon

これもうテロだよテロ。あかんて。もう爆発しかない。なんやねんこの表紙エロ本よりレジ持ってきづらい最高やな

3巻もたいがいだったけど4巻に至ってはキスから始まりもう学校ごと爆発しろ。以下感想。

... "『徒然チルドレン』3,4巻感想:キスがキスを呼ぶ爆発の連鎖" を続けて読む