コンテンツへスキップ

Amazon

作・春野友矢。いまさらながら、9巻特装版に付属しているOAD(Original Animation Disc)をGetして視聴。あと原作ドラマCDIIを聴いたら一通りかな…。

舞台は水争奪戦。アニメで基本出番を削られまくった桜回であり之江っち回であり兄妹回。予算の関係なのか、他ドラマCDと同じくモブの出演が全面カットなのが寂しい。

基本的には桜が可愛い。可愛いんだが……。この子はもっと面倒臭いヤツだと思うんだがどうだろう。以下OAD感想。

... "『ディーふらぐ!』9巻特装版OAD感想:水がやけに可愛い、のだが…" を続けて読む

Amazon

原作・春野友矢。2010年ドラマCD。脚本はまよチキ!のあさのハジメ。

ディーふらぐ!のドラマCDはアニメ化前と後で分かれているのだが、こちらはアニメ化前。なので、内容的には初期の雰囲気。

音声媒体であることを利用した、けっこうチャレンジングな内容。元がギャグ系なだけあって、制作側もかなり自由度高くやれたのかもしれない。

初期組ということもあって、出番があるのは仮部と高尾と愉快な中。やっぱりモブなしだけど、今回は気にならない構成。ラブコメ分はほんのりと。以下感想。

... "『ディーふらぐ!』原作ドラマCD感想:少人数モブなし、ラブコメ分ほんのり" を続けて読む

Amazon

原作・春野友矢。2014年アニメ化。

いまさらだけれど、最近dアニメとお試しで契約したのでイッキ見。便利な世の中になった。これで特典OVDの水争奪戦以外は見ることができた。

水の出番が大幅カットされていたり風間がマイルドになったりなんだりしているけれど、まぁまぁ緩く楽しめた。ギャグのテンポが悪くなっているのはまぁしゃあない。

でも2期はきっともう厳しいんだろうね。風間家騒動とか、最近は同棲展開とか、ラブコメ度もあがっているんだけれど……。うーん。

以下アニメ感想。

... "『ディーふらぐ!』アニメ感想:ゆるく楽しめたよ。風間はツッコミお疲れっした" を続けて読む

Amazon

作・春野友矢。2017年12巻。ようやく買えた……いやポチって終わりなんだけど中々ね。まぁ毎話感想つけているだけに、内容は全部知っているからなぁ……。今回は同棲展開からのvs高不動再び@立女。全体的には高不動編再び。高尾と船堀の二大ヒロインがちょっとおまけされている。

表紙稲田だけど残念ながら出番ない!稲田なら女装した桜ヶ丘君もほしかったけど裏表紙にはあったりするんだろうか……いい加減電子書籍版もちゃんとしてほしい。カバー裏ついたのは嬉しいけど……。

読んだ勢いで、なんとなく初期の1-3巻くらいも再読。そういえば風間は不良になる前どっちかっていうと弱かったんだなーとかみんな最初口調安定しないなーとか水は性格も安定しないなーとか思ったりなんだり。

しっかしほんとキャラが多くて賑やかな漫画よなー。もっとペース上げて描いてほしいけどなー……。以下12巻とか感想。

... "『ディーふらぐ!』12巻感想:みんな違ってみんないいってこれやろ。本当賑やかで楽しい漫画やわ" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

98話きてた。そしてまだ12巻買ってない……。

また長編始まるかと思いきやすぐに終わるのな之江っち回。っていうか桜回なんだけど一番おいしかったのは多分つつじ。外に出るとダメな子なんやね……。

しかし桜が普通に活躍してるのって年単位で久しぶりじゃなかろうか。立女では土産の水売られただけだったし。だが一番活躍している割にあまり可愛くないあたりが実に桜だ。ってかちょいちょいぶりっ子するよね。そして相変わらず何かとシリアスな空気漂わせるねこの子は。

以下98話感想。

... "『ディーふらぐ!』98話感想:桜がこんな活躍してるの久しぶり" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

来てた。最近慌ただしすぎてあまり漫画読めなくてつらい。12巻も読めてなくてつらい。

之江っち回。タマちゃんも。之江っちが桜以外の兄貴周りの友人とは微妙な関係なところ好き。この漫画の妙なところで生々しい人間関係が割と好き。しれっとつつじとは仲良くなっているけれど、割とつつじの一方通行なところとかなんか好きだわ。

それにしても之江っちツッコミのセンスが完全に兄貴と一緒。見た目もよく似ている兄妹ってこの手の漫画じゃ割とレアだと思う。ん?主人公とヒロイン不在?マジか。以下97話感想。

... "『ディーふらぐ!』97話感想:再び之江っち回。兄に代わって必死かつ悲痛なツッコミ" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

96話来てた。扉絵でも高尾が水着のサービスショット。高尾がモテあましてないなんて……。珍しい。そしてみんなゲームしている。珍しい…。ってか風間、思っていた以上に高尾に情があるんやなぁ…やはり高尾が本命なのか。

12巻も出たね。まだ買ってないや。以下96話感想。

... "『ディーふらぐ!』96話感想:風間は思っていたより脈アリっぽいけど高尾フラグブレイカー" を続けて読む

Amazon

作・春野友矢。2015年1巻より2017年6巻。

今回はいつもよりさらに回想シーンが多めで、中々話が進まない。魔王と魔法使い以外のパーティーメンバーが割と空気。というか話の半分くらいが何の関係もないモブによる寸劇だったり。まぁそれが味なのだが。

話が進まないのはもうしょうがないとしても、もうちょっとラブい感じサービスしてくれんだろうか。ほんのりとは感じさせるけれど。

以下6巻感想。

... "『魔王様ちょっとそれとって!!』6巻感想:話が進まぬ" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

95話来てた。また一ヶ月たったんだ……。vs高不動@立女の後。これまでのラブコメ総まとめ感。この話1話、風間とヒロインズの関係がわかる。

12巻が8月23日発売らしいです。ここで単行本区切るのかしら。内容全部知っている単行本悲しい。

... "『ディーふらぐ!』95話感想:ラブコメ総まとめ、芦花の捻くれたヒロインぶりと水のリアルな攻め" を続けて読む

Amazon

原作・春野友矢。2014年。アニメ版ドラマCD第2巻。

仮部+高尾+船堀+中。皆の休日。今回は特に船堀推しか。個人的には中と千歳の絡みが嬉しかった。

以下感想。

... "『ディーふらぐ! ギチギチなふたり!?』ドラマCD感想:船堀推し" を続けて読む