『僕と君の大切な話』1-3巻感想:同じだから惹かれるのか、違うから惹かれるのか

Amazon

作・ろぴこ。2016年1巻2017年3巻。

基本、表紙の二人がイチャイチャするだけのアレ。まぁこの手の奴はハズレないよね、ラブコメ好き的に。世界がこんなんだったらいいのにね。

状態としては付き合う前だが、いろいろと難ありなお二人なので、付き合ってからでも延々と話を続けられそう。

会話劇が中心で、それはいいんだが、そのネタがマイナビウーマンあたりで取り上げていそうなコテコテの男女論だったりするのは、ちょっと辟易とするところもあり、特に最初のほうはそんなネタも多かったので、正直ちょっと微妙に思っていた。そのわかりやすい男女対立の果てにあるウブい恋心がポイントなのだとは思うけれど…。

まぁでも、3巻終わる頃にはなんだかんだニマニマしながら眺めるようになっていた。以下1-3巻感想。

スポンサーリンク

イチャイチャするよ

一世一代の告白するも、告白を告白と受け止めてもらえないところから始まるラブコメ。月刊少女野崎くんもだけれど、女→男だとこのパターンがあるんだなぁ。不思議と、男→女でこの始まり方はあまり見ない。あるんだろうか。ストーカーっぽくなるからかな?少女漫画ならけっこうあったりするのかしら。野郎向けだとフラれるけど気にせず告りまくり、みたいな規格外なのはある。そのパターンは逆に男→女じゃないと成立しづらい気がする。

ただ告白失敗とはいえ、ずっと二人で世界作ってイチャイチャするだけなので、恋人未満実質以上な感じのアレ。その話の内容がくだらなければくだらないほど、そんな話を延々と続けられる二人を微笑ましく思えるラブコメマジック。周囲の人々とか出てくるけれどだいたいみんな賑やかし。イケメンが永沢君ヘアーにたどり着いたのは笑った。

ということで、基本は偏屈男・東くんとストーカー気質な女・相沢さんがラブコメインファイトする様を楽しむ漫画なわけだが、東は偏屈といっても非常に人の気持ちを思いやれるタイプだし、相沢はストーカー気質といってもラブコメ界に跋扈するガチなストーカー系ヒロインとは比較にならないかわいいものなので、まぁゆるゆるである。

互いに自分の論をぶつけつつ、時に相手の好意を確かめつつも、時に相手の機嫌を損ねてしまったかと右往左往する様は青春だなぁ。あーこんな青春あったらよかったのにね。まーね。

この手の漫画は、読み終わった後全体として楽しかったなぁというふんわりしたハッピーな気分が残るのだが、いざ具体的にどこのどの話が良かったかと思い出そうとすると、なんとも思い出せず、思い出すことと言えばカフェインのいい人っぷりに泣いたことくらいなのだがそれはこの漫画の主眼ではない。まぁとりあえず、ハッピーな漫画である。

男女論と恋愛と

二人の話の内容が、いわゆる男女論というか、マイナビウーマンとかでまとめられてそうなコッテコテのステレオタイプな男は女はみたいな話がてんこ盛りなのは、気になってしまうところではある。多分、このわかりやすい男女の性差があるにもかかわらず、互いに惹かれ合っているところが良いのだろうなぁ、とは思うものの。

正直、あまり好きではない類のネタなので、ちょっと微妙かなぁ、なんて思いながら読み進めていた。いや、そりゃあ俺だって(それが社会的なものであるにせよ遺伝的なものであるにせよ)統計的な性差はあると思っているが、まぁ自分は男らしい男とはかけ離れた存在なので、典型的に男は〜などと言われると、男だって色々だろうよ、なんて気持ちもあるわけだ。

最初のなぜ男は戦いが好きなのかという話も、そんなに戦いの話ばかりかな?と思う自分は三大少年漫画雑誌にあまり触れずにきた男。まぁそれでも、一般的な女性に比べれば、バトルに重きを置かれた作品には多く触れてはいるのだろうなぁ。それなりに漫画のバトルはこうあってほしい、みたいなこだわりも持っているし。そういや、女性作家の描くバトル展開は、精神戦というか、なんつーか、「動きのある口喧嘩」のように感じることが多いけれど、それも俺が男だからだろうか。

ただ色恋沙汰は、青年漫画はもちろん少年漫画でも重視されるところだ。愛するひとのために戦うって、男にとってもかっこいい姿やしね。ってか割と憧れ浪漫枠だよね。まぁでも実際は、いかにもお嬢様なピーチ姫タイプのヒロインよりも、主人公と共に前線で体張るタイプのヒロインのほうが人気ある、なんてのもよくある話で。男の好みは案外みんなボーイッシュだと思う。まぁでも、そういうヒロインは主人公じゃなくて主人公の友人ポジとくっつくことが多いかもしんない。

まぁなんでもいいんだけれど、野郎向けでも色恋は割とメインテーマの一つという話。色恋があまりないのって、少年向けスポーツ漫画くらいじゃなかろうか。あの手のやつは、確かにヒロインが空気化する傾向はあると思う。ただその理由は、男よりむしろ女の読者の影響が大きい気がする 笑。まー男は男で女の子だけのキャッキャウフフを求める野郎がそこそこいるしね。男も女も、本質的には一緒なんだろね。みんな夢が見たいんだろさ。人間だもの。みつを。

とはいえ、本質的なところを共有していたとしても、外に出る面はやっぱり色々と違うし、違うからこそ惹かれ合うところもあるのだろうなぁ、とも思う。そういう二人なんだろう。4巻はいつ頃かな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です