『アヴァルト』4-5巻感想:淡々としているが読ませる

Amazon

作・光永康則。2016年1巻より、2017年5巻。

見開き大ゴマ、動きのある戦闘シーンが多いのに、妙に淡々とした印象を受けるのは、語り手を担うことが多いエロガエルが淡々としているからだろうか。熱血漢みたいなタイプいないしな。話そのものは面白く、常に先を読ませる展開ではある。

タギの教育方針を巡るエロガエルとシノアのちょっとした一幕にニヤっとしたり。いや、別にそんな期待してるってわけでもないんだけどつい……。

以下4-5巻感想。

スポンサーリンク

淡々と進む印象

4,5巻になって、ゲーム世界での話がより多くなってきた。5巻に至ってはネッドはログインしっぱなしだし。そのため、巨大な怪物を相手に、ネッドやタギたちが派手なアクションを繰り広げながら戦闘するのだが、どういうわけか淡々と進んでいるような印象がある。見開き大ゴマも多用され、盛り上がっているはずなのだが。

まぁネッドが色々知りすぎているうえに、けっこう冷めているからかなという気はする。すごく冷静に戦うんだよな。一方、タギは王道の熱血主人公的ではあるけれど、普段タギ視点になることがあまりないためか、イマイチ感情移入しづらい。「う…おおおおおお!」って言って剣と盾構えたりもするんだけれど、乗り切れない。うーん。

というと、なんだかつまらんかった漫画の感想のようだが、そんなことはなく、面白く読んだのである。やはり光永康則はストーリーテラーで、先の展開は気になる。アヴァルトの謎は深まるし、わからないなりに少しずつ近づいていく感じは今後を期待させる。なにげに宇宙船の中の話もけっこう楽しみにしていたので、4巻で芋が全滅した後、5巻で話がなかったのはちょっと寂しい。ただでさえ話の展開そのものは割とゆっくりしているのに、視点が複数あるので余計になぁ。

カエルはずるい

それにしてもやはりエロガエルのネッドがカッコいい。完全にクロノトリガーだけれどカッコいい。剣で敵の攻撃を防ぐところとかグランドリオンって感じだけどカッコいい。

ってかシノアが言っているだけでそんなにエロくないけどなエロガエル。俺はシノアとエロガエルみたいな組み合わせが好きなわけだが、そういう目で見ると、キュリアとタギが協力して戦うのを見たネッドが「今までは少し過保護だったかもしれないな」と呟き、シノアに睨まれたりなどといったところでニヤリとしてしまう。まぁカエルは非常に大人で、「釈然としない」と言うシノアを「すごく高度な思考ルーチンだ」と評するように、タギと違いNPとしてしか見ていないが(タギから優しさを指摘されたり、一連のシノアの人間臭さの描写は伏線なんだろうか)。多少はロマンスがあってもいいと思うんだが、どうなるやら。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です